実現する道は様々に

「成功とは、自分が持っているものを活用することである」
   ----- ウッディ・ヘイズ
       (アメリカ人、フットボールコーチ、1913年2月14日生まれ)


ハッピー・バレンタイン、でございます。

米国では、バレンタインはGirl's Holiday
麗しいれでぃの皆さまは、旦那様やパートナーの方から、花束やプレゼントをお受け取りになったでしょうか。(にっこり)

んなこたあ、はなっから期待してねえよ……とやさぐれを通り越し、すでに悟りの境地にいる私にとっては、バレンタイン=新しいスイーツを作る日、という認識です。
今年はロースイーツに挑戦したかったのですが、とある材料の取り寄せが間に合わなかった為、それは後日のお楽しみとして。
とりあえず、ネットで見つけた、Fiery Red Devil's Food Cake(Vegan)を作りましたです。


     DSCF2302

米国では大変ポピュラーなAngel Food Cakeは、シフォンケーキにちょっと似ていて、しっかり泡立てた卵白と粉で作るもの。それのチョコレートバージョンが、Devil's Food Cakeなんですね。
更にこれまた定番なのが、Red Velvet Cake。ビーツ、もしくは食紅で色をつけた赤いケーキで、なんとなくいつもスカーレット・オハラを思い出すワタクシ。
特に、天才パティシエのChicoさんの手によるRed Velvet Cupcakeときた日には、ガーネットのような美しさにうっとり。

で、今回私がトライしたのは、デビルズフード・ケーキのレッド・ベルベット版。といってもヴィーガンレシピなので、卵や乳製品は使いません。
工程は相変わらず至極簡単で、全粒粉、ココアパウダー、水、オリーブオイル、砂糖(パームシュガー使用)。膨らます為に、ベーキングソーダとアップルサイダーヴィネガー。
これに、摩り下ろしたレッドビーツをたっぷり入れます。

オーブンに入れる前の生地は、なかなか美しい深紅色だったのですが。
残念ながら、焼き上がりは見事な黒さ。まあ、覚悟はしておりましたが、これもパームシュガーや使ったココアのせいなどもあるのかな。
ちなみにココアパウダーについては、レシピに指定されていた通り、Dutchやalkali加工ではないものを使ってます。理由はこちらで教わりました。なるほど!

しかし、味の方は良かったです。すごくふんわり・しっとりで、後味も良く、砂糖も少ししか減らさなかったのに、ほろ苦さが感じられる控えめな甘さ。
豆腐クリームをのせましたが、これ無しの方が良かったかも。
や、フロスティレシピも一緒にあったのですけど、粉砂糖にマーガリンという、我が家にない材料だったので、あっさり諦めた次第です。

なるべく材料を自然にしたいと思い、イーストから天然酵母へ、ベーキングパウダーよりはベーキングソーダ+レモンorヴィネガーへ、と傾けるようにしている昨今。
といっても、どれも便利である上、お菓子に少々使うぐらいでは問題あるまい、という気持ちもしっかりあって。
どちらかといえば、子供の科学実験のノリで楽しむアレコレは、こうやって素敵なレシピが、本でもネットでも沢山公開されているからこそできること。
と、結局いつも帰りつくのは、感謝の思いに、ばかりです。

* * * * *

【お菓子】

DSCF2307

前回の日記の、冒頭画像のクッキーは。ここのところ、集中して作っている、なかしましほさんのご本のレシピから。

なかしましほさんのレシピで、以前に日記にのせたのは、例えばこんなビスコッティや、あんな豆腐マフィンなど。
こちらの日系書店で見つけて一目ぼれした、このご本にのっていたんだな。




なかしまさんのレシピは、ヴィーガンではないけれど。バターや生クリームなどの乳製品は使わず、なるべく安全な国産の粉と、オーガニックの卵、甜菜糖やきび砂糖、良質な菜種油使用、をポリシーとして組み立てられている。
色々人体実験を繰り返して、どうやら自分には、卵より乳製品の方が更にインパクトがあるらしい、と思うようになってきた私にとって、とてもありがたいレシピが並んでるんだよ。

何回もリピートして作ることを繰り返し、これなら大丈夫とばかりに、更に2冊の本を買い足した。
それぞれ、丸ごとシフォンケーキ丸ごとクッキーのご本であるのだよ。
2冊とも、写真やイラストで工程をわかりやすく説明してくださっていて、私のような万年初心者でも大丈夫。


まず、シフォンケーキの本。
日本レシピのシフォンだと、卵白が1個分多かったりして、卵黄が余る場合があるのだけど、なかしまさんレシピではそれがない。卵を4個用意して、両方同数使用する。
それに薄力粉、甜菜糖、菜種油を基本として、あとは何シフォンかによって、それの材料が加わるだけ。とてもシンプルで、作りやすい。
シフォンだけでも20種類のっている上、応用として、ロールケーキやカステラ、余った場合のラスクなどまで、大変充実した1冊。


     DSCF2261

ファーマーズマーケットで買った、半ダースの卵。
うち4個を使って、家族全員が大好きな、プレーンカステラを焼いてみた。

薄力粉ではなく強力粉を使って作るカステラは、豆乳とメープルシロップも加わって、シフォンより重い仕上がり。
なのに、口当たりはすごくふわふわで、冷蔵庫で冷やせば生地がしまって、しっとり感が一段増し。
市販のカステラよりぐっと軽いので、物足りないと思われる方もいらっしゃるかも、と思うけど、我が家では大売れだった一品。

もっと作りたいのは山々なんだが、卵を頻繁に食べるのは、やはり身体に負担がかかるので。
月1~2回ペースで一品ずつ、ゆっくり作っていこうと思ってる。


クッキーの本は、といえば。
型抜き・天板・手びねり・アイスボックス・ドロップの、5タイプのクッキーを基本として、それぞれのアレンジレシピの紹介と、マコロンやビスコッティなどの応用スイーツへと広がってる。
お嬢がArtのクラスで作った、卵型の陶製の入れ物。これに入れるクッキーを焼きたくて、しばらく続けて色々焼いてみた。
ちなみにこの卵、外は真っ白で中は真っ黒。「腹黒エッグ」と呼んでいる。(酷)


     DSCF2246

ベジィになる前は時折作っていた、バターたっぷりのナッツ入りスノーボールクッキー。
なかしまさんのコーヒーくるみボールは、バターを使わないのに、さっくり・ほろほろ感は負けてない。
薄力粉、くるみ、穀物コーヒー、デーツシュガーに菜種油。フードプロセッサーでガガッ、と作った生地を丸めて並べ、オーブンで焼けば、香ばしいナッツの香りが広がるよ。


カステラで余った2個余った卵のうち、1個はぼーろとマコロンで消費して、最後の1個はレーズンサンドクッキーに利用した。
中のレーズンは、酵母起こしに使ったものを流用して、ちょっとラム酒をふりかけるアレンジ。

     DSCF2104

薄力粉とベーキングパウダー、あとは砂糖と塩だけ。あ、ちょっとシナモンも入ってた。
麺棒で伸ばした生地に、レーズンをのせて、折り畳む。それを更に伸ばして、オーブンで焼いて切り分ける。
しっとりレーズンとざっくりクッキーが合わさって、ちょっと大人向けのラムレーズンサンド。


     DSCF2161

お嬢と私が至極気に入ったのが、ブルーベリー・クランブルのクッキー
この生地も、薄力粉、アーモンドミール、デーツシュガーに菜種油が基本。メープルシロップが追加材料。
半量を型に敷き詰め、冷凍ブルーベリーを散らして、残りの生地を上から押し広げる。オーブンで焼いて、粗熱がとれた後に切り分ける。

私が全粒薄力粉を混ぜるせいか、アーモンドミールが自家製で粗めなせいか、見本より崩れた出来になってしまうけど。
その分、ほろっと口どけの良いクラムが美味しく、ブルーベリーの果汁でソフトな仕上がり。


新しいレシピ本が手に入ると、今日は何を作ろうか、と、しばらくうきうきと嬉しくて仕方がないのだけど。
このご本に関しては更に、どのレシピも美味しいに違いない、という信頼感が大きいのは、今までハズレがなかったから。これって、すごいことだよね。
勿論、人それぞれの好みがあるので、これは我が家の場合、なのだけどね。

なかしまさんの本は、あと1冊、チョコスイーツを集めた本があって。欲しいのだけど、持ってる本と重なるレシピもあるので、購入を迷っているところ。
だってさあ、チョコだよね……チョコを前にすると、お嬢と私の理性は吹っ飛ぶんだよね……
チョコ中毒に拍車がかかりそうで、それも迷う理由の一つであるんだな。(情けない)
[PR]
by senrufan | 2010-02-14 08:30 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12843862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Chico at 2010-02-15 16:21 x
私のRed velvet cakeの紹介ありがとうございます!
うわ~っ、Miyukiさんの菓子工房開店という感じ、凄い勢いで作ってますねぇ♪
特にMiyukiさんのお気に入りのブルーベリーのクランブルクッキーに目が釘付けです!!
将来のお店では、マクロビ系のお菓子も揃えたいなどどいう考えもある私です。(できるかなぁ、、、笑)
その時はご指導お願いしますね~♪

そうそうココアパウダーですが、一口にココアと言ってもまったく違う成分の2種類で、使い分けないと上手くいかないことがありますよね。
基本的にダッチプロセスのヴァローナを使う機会が多い私ですが、レッドベルベットにはもちろんナチュラル・ココアパウダーを使います。
併せてベーキングソーダ、それにアルカリ性にするための酢も重要ですよね。
あ~奥が深い。(笑)
Commented by mifamilia at 2010-02-15 20:25
ココアの処理のこと、知らなかったので参考になりました。 

写真のお菓子、どれもおいしそうで、カステラも良さそうですね。写真をみていたら作りたくなりました。 わたしもなかしまさんの本は作ってみて、良かったので、また新たに違う種類も買いたそうかな~とMiyukiさんの記事を読んで更にそう思ったりして。^^  

娘さんが作った腹黒エッグも素敵です☆


Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-02-16 01:00
Miyukiさんのブログで知った、なかしまみほさんという方。昨日紀伊国屋でレシピ本を探していて、料理本のほうしか気づきませんでした。一足先にこのブログを拝見していれば・・・!ブルーベリー・クランブルのクッキー、ほろほろ感が伝わって美味しそう。

ベーキングパウダーとベーキングソーダの違い、未だにちゃんと知りません。ベーキングソーダを重視されるということは、ベーキングパウダーには何かマクロビ的によくないものが含まれているのでしょうか。

やはりフードプロセッサーと泡だて器が欲しいですー。置き場所ー。
Commented by nikkeilife at 2010-02-16 02:25
こんにちは~。うちもバレンタインデーに花束やチョコなんて皆無なので期待もしません。こうゆうところがアメリカンじゃない日系人。(笑)自分で作るスイーツ、凄いです。摩り下ろしたビーツでレッドベルベットですか!主人がレッドベルベットケーキ大好きなんですがフードカラリングの量が恐ろしく、なにかと理由をつけて作らないでいたります。これなら作れるかも。

クッキーなども美味しそうですが、一番やられたのはカステラ!上下の焦げ目がまるで売り物のように綺麗ですよ。それに、しっとりしていそうなのに、ふわふわな口当たりなんて!ぜひ食べてみたいです~。

腹黒エッグみたいな可愛い入れ物があるとクッキー作りも楽しいですよね。ウチは作ったら味気の無いタッパーに入れるだけなんですけど、こんどこういう可愛い器買ってみようと思います。
Commented by Miyuki at 2010-02-16 12:02 x
*Chicoさん
こちらこそ、勝手にリンクしてすみません~。罪作りな美しさ自慢。
スイーツはほぼ1日おきに何かしら作ってるんですが、ぢみぃな見かけのものが多くて、あまり写真も撮れないんですよ(笑) ブルーベリークッキー、お薦めです。食べすぎ注意です。
マクロビ系お菓子、ぜひぜひぜひお願いしますっ! Chicoさんならきっと極ウマのお菓子を売ってくださることと~(きらきら☆)

やっぱりChicoさんもココアを使い分けていらっしゃるんですね~。私は今まで全く知らなくて、調理実習のクラスをとっている娘から教わりました(笑)
ほんとに、食材の世界は奥が深いですね!
Commented by Miyuki at 2010-02-16 12:09 x
*るしあママさん
私も今回のレシピを見るまで、全く気づいてませんでした。>ココア
娘の調理実習クラスの先生はナチュラルココア推奨だそうですが、よりレベルの高いお菓子作りをされる方だったら、使い分けできたら理想なんでしょうね。

私達、なかしまさんのファン同士ですもんね♪
1冊目の本だとシフォンは卵黄3・卵白4になってますが、こちらのシフォンオンリーの本では4ずつになっているし、カステラも数種類のっていて、とても良いですよ~vv

腹黒エッグの本当の名前はSmoked Eggなんですって。どこがsmoked?と言われれば、ほら、中をごらん、というノリだそうです……
Commented by Miyuki at 2010-02-16 12:21 x
*shinaさん
紀伊国屋のレシピ本コーナーは、私にはかなり危険ゾーンなんです。だって、あれもこれもそれも欲しくてーー!(ああああ)

ベーキングソーダは炭酸水素ナトリウム100%ですが、パウダーはそれに酸性剤と、隔離剤として小麦粉などを加えたものだそうです。マクロビ的に、というのではなく、個人的になるべく自然な方が好きなので、こおゆうのがなくても膨らませられたらもっといいなあ、という気持ちなんですね。あ、ただベーキングパウダーは、アルミニウムフリーのものを使うこと、は決めてます。

shinaさんもお菓子作りにはまってきたかな? だったらフードプロセッサーもですが、まずは泡立て器! 私はこれがないとシフォンは作れません(笑)
Commented by Miyuki at 2010-02-16 12:27 x
*アヤコさん
やはり欧米育ちということより、個人の育ちということですね(笑) 私もレッドベルベットは一度ぐらい作りたいー、と思ってたんですが、あの量のフードカラーは勇気がいりますよねえ。ビーツを摩り下ろすのは一仕事ですが、おかげでしっとりしたケーキになりました♪ しかしフードカラーはないのに、ビーツは常備してる私ってなに(聞くな)

いやいや、むらのある表面は写真に写らないように画策しまして(笑) でも平らにするやり方もちゃんと書いてある、良いご本なんですよ~vv

私は以前、クッキージャーの瓶を買ったんですが、かなり大きかったので、それに入れるだけ焼く→どんどん食べる、というのを繰り返して、こらあいかんとやめました、たはは。この腹黒エッグは適度な大きさでありがたいです(笑)
Commented by mame-honey at 2010-02-16 15:34 x
きゃ〜もう、美味しそうな物ばかりが並んでる!
どれも、これも食べてみたいです。
なかしまさんのレシピ、とっても美味しいですよね。私は”もっちりシフォン、、、”の1冊しか持っていないのですが、ブルーベリーのケーキが美味しそうだし、やはり他のも買おうかな。
バレンタインはうちは、”あ、、明日か、、間に合わん、、月曜にして、”とめちゃくちゃ憂鬱そうな顔で言われましたよ(爆)
結局、カードとプレゼント代わりのお金でした、、(汗)色気も何もあったものでございません。(キッパリ)
Commented by ゆう at 2010-02-17 04:21 x
おはようございます、ちょっとお久しぶりのゆうですぅ~♪
お元気そうでなにより♪
美味しそう~~~~!!!!
どうしたら、こんなに美味しそうに作れるの?!
この間「小倉蒸し」という和菓子を作ったんだけれど、小倉入り蒸しパン
になちゃったのですよ・・・^^;
クッキー焼くとコゲコゲにしちゃうし、才能ないのかも・・・

朝の運動(おばーちゃまのお世話)の後なので、お腹がグーグー言っておりまする!^^;
Miyuki さんの美味しそうな、いや!きっと美味しい!!食べたいなぁ~♪(^^)v
Commented by Miyuki at 2010-02-17 10:17 x
*mame-honeyさん
いやあ、mameさんの方こそ、最近ますますすごいじゃないですか! いつもおじゃましては、ヨダレをこらえることばかり。
mameさんも持ってらっしゃるんですよね、いいご本ですよね~♪ 1冊目のご本が色々バラエティに富んでるので、これを持っていれば、と思っていたのですが、とうとうユウワクに耐えかねて買ってしまいました。
なんの、カードとプレゼント、すばらしいじゃないですか! うちなんぞ、私がこのマフィンをあげても、全く気づきませんでしたよ。返しやがれ(怒)
Commented by Miyuki at 2010-02-17 10:20 x
*ゆうさん
わーい、お忙しいところ、コメントありがとうございます!
小倉蒸しというと、浮島のような卵白系の和菓子かなあ? 小倉蒸しパンは我が家のロングセラーのお菓子なので、むしろゆうさん製のそれをいただきたいっ♪
才能ね、それは私が母のお腹においてきてしまったものですね……

お腹がすいたら食べる。運動してから食べる。一番健全な食べ方ですよね。私なんぞ、すいてないのに、頭が欲しがって、舌がさびしくて詰め込んでしまうというテイタラクです~~(涙)


<< 重力さえも味方につけて 甘く、優しく、穏やかに (その5) >>