「ほっ」と。キャンペーン

冬を愉しむ秘訣は北に

「始めてしまったから、という理由だけで本を読むのはやめなさい」
   ----- ジョン・ウィザースプーン
       (アメリカ人、教育者、1723年2月5日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

DSCF2134

ずっと前にラジオで、このエリア在住のロシア系の方々の対談会を聴いていた時。
ロシアンティーが飲めるお店として挙げられていた名前を、頭の中の片隅に置いていた。

それから随分経ってから、ayuminさんが見せてくれた日本の雑誌で、サンフランシスコのお薦めレストランの一つとして紹介されていたところ。
記憶の片隅から取り出してみたら、そうそう、このお店だったよね。

よろしければ、と嬉しいお誘いをくださった方と、初めてお会いできるのがサンフランシスコであるならば、と。ずうずうしくも、こちらのお店を提案させていただいて。
市内に3箇所のティーラウンジがあるところ、BARTに近くて便利なロケーションということから、Yerba Buena内のテラスに訪れることにしたんだよ。




その方とは、Vivianさん。
秘かにお慕いするchiblitsさんのお友達でいらっしゃって、あちら経由でこんな僻地ブログに辿り着かれたとうかがって、ひえええええ、とムンクの叫び状態になったことは言うまでもない。
すすす、すみません、辿り着いた先がこんなところですみません。(平謝り)

相変わらず人見知りな私は、ちょーどきどきモノでのぞんだのだけど。
いざお会いしてみたら、なんて素敵なお姉さま!(ずーずーしい)とたちまち慕い寄ってしまって、やはり相変わらずお美しいれでぃに弱いところも暴露しまくり。
そんな私達が入っていったのは、ロシアンティーの代名詞であるような道具の名前を冠する、明るいガラス張りのラウンジであったのだ。


P1010106

アジアを意識した内装と、ずらりと並んだお茶の缶。ティーラウンジとは当たり前だけど、茶葉を売る店でもあるんだよね。
差し出されたメニューを見れば、これまたいんたーなしょなるな顔ぶれ。
TEA SERVICE (FOOD+TEA)として、中近東風・英国風・中国風・日本風・インド風……
正しく、お茶と料理は国それぞれに、根付いて文化の華を咲かせているのだな。

どれも魅力的で悩んだけれど、まずは初志貫徹でいきましょう。
Vivianさんとお揃いで、ロシアンティーセットを頼んだよ。


注文してしばらくしたところで、お店のおばさまが呼びに来られたよ。お茶を入れるから一緒に来て、ということで。
え、でもなんで行かなきゃいけないの?と思いきや、なるほど、これがあるからか。

     DSCF2138

これが噂のSamovar(サモワール)。小説などから想像してたより、ずっと大きくて驚いた。
下の部分でお湯を沸かしながら、上にのせたポットのお茶も温める仕組みなんだって。(Wiki説明

     DSCF2137

そのポットを持ち上げて、おばさまがカップに注いでくれる。
ロシアンティーといえばジャムだけど。そのジャムはいずこに、と聞けば、もうすでにお茶の中に入ってるそうな。
好みより濃かったら、下の蛇口からお湯を足してね、ミルクと砂糖もここにあるわよ、
と教えてくれたけど、まずはこのままいただきたい。おかわりも自由なのが嬉しいね。

     DSCF2140

入れられたお茶を見れば確かに、微かに何かが混ざってる。
飲んでみたら、うん、美味しい。私はお茶は濃い目が好きなのだけど、これは濃く出されたお茶を、ほのかに柔らかくする分だけ、程よくジャムが混ぜられているようで。
クドくもなく、苦くもない、ゆったりくつろげる美味しさだよ。


     DSCF2141

そして運ばれてきたこれが、Russian Chay Platter & Bottomless Samovar House-Blend Black Tea
フルーツ大盛りなところが、大変私的にぐれーとです。(言語破壊)

向こう側から時計回りに、
Tarragon-Marinated Beetsとグリーンのサラダ、 Smoked Whitefish & Horseradish、
Paprika Devilled Egg with Caviar、みかん・メロン・りんごの新鮮フルーツ、
Chocolate Brownie、Wheat Crackers。
これにサモワールから注いだお茶があれば、貴方もトルストイになれますぞ。(思い込み)

キャビアだああぁぁ、と叫びたく、はならないけど。でもモドキでも嬉しいさ、と、クラッカーに卵やマヨネーズと一緒にのせて、あむっ。
うん、卵があっさりパプリカ風味なので、しょっぱいキャビアがちょうどいい。

白身魚の燻製は、魚の正体が全くわからないおバカな私。塩味が効いた、北方の味。

大好きビーツは、残念ながらあまり美味しくなく。もしかして缶詰?とちみっと疑ったり。
タラゴンゴレッシングは悪くなかったのにな。

ブラウニーが添えてあるところ、やはりアメリカのお店だから。
ケーキタイプじゃなく、濃厚・ねっとりファッジ系で、一口で十分でございました。
つか、ロシア系デザートは美味しいですぞー。できたら、そちらを付けていただきたい。


DSCF2147

お昼を過ぎた頃にはほぼ満席で、皆さん、思い思いのメニューを頼んでる。
あれは日本風の、ほぉ、山盛りご飯の中に野菜が。巻くのはめんどくて、つめこんだかな。(邪推)
インドの方は、やはりインド風を。カレーがなかなか美味しそう。
英国風は、三段重ねのトレイがそびえ立つ。
うーん、できたら何回か通って、全品制覇できたらいいんだが。単品メニューも美味しそうなものが揃ってるし、これは侮りがたいお店だよ。

せめて、と一品、持ち帰りオーダーを。お嬢へのお土産も兼ねてね。
焼き立てでほかほか美味しそうだけど、ここはぐっと我慢の子。


初対面のVivianさんに甘えきってしまって、ひたすら楽しい時間を過ごさせていただいて。
それでもまだまだ、お聞きしたいことが沢山、沢山。
ぜひまたお会いしたい、と願う気持ちを一心に込めて、本当にありがとうございました!>私信


SAMOVAR (Yerba Buena Gardens)
730 Howard Street
(above the waterfall in Yerba Buena Gardens)
San Francisco, CA 94103
*-*-*-*-*-*-*-*-*

DSCF2155

帰宅してから開けた、お嬢へのお土産。
Brunchメニューから選んだ、Ginger Quinoa Waffleだよ。

メニューを見た時は、キヌア粉を使ったワッフルかと思ったけど、炊いたキヌアを混ぜてあるのか、ぷちぷちした歯応えも。
白い粉だけのふわふわワッフルも良いけれど、雑穀が混ざったもっちり系は、食べ応えが増して更に好み。
メープルシロップで甘くして食べたけど、この食感なら、おかず系味付けでもイケそうだ。


こんな風に、ちょっとひねったメニューもちらほら、のこのお店。
うーむ、つくづく近くに住んでないことが悔しいなあ。
や、むしろ散財しなくて幸運と思うべきとこなのか、ここは。

何にせよ、今はとにかく再訪を願うのみ。
[PR]
by senrufan | 2010-02-05 03:15 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12794256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2010-02-07 20:19 x
「始めてしまったから、という理由だけで本を読むのはやめなさい」…そうか、いいんだっ!放置したままの数冊を本棚に仕舞い込んだ日曜の昼下がり。ああ、すっきりした。

また素敵な新しい出会いがあったのですね。う、うらやましーい。本格ロシアン・ティとはこういうものなんですねぇ。サモワールなるもの、ゴージャスですねぇ…うっとり。
Commented by ayumin_moo at 2010-02-08 02:46
こんなに素敵なお店だったんですねー。
雑誌では高級感が引き立っていて、庶民の私には近付きにくい感じがしていましたが、パソコン持ち込みのサラリーマン風の方々もいるようなので、ちょっとほっとしました。私は何にしようかなぁ。和食やアフタヌーンティーも惹かれるなぁ。(行く気マンマン)キヌアのワッフル、もっちりしていて美味しそうですね!これも絶対私好みです。
たしかに、わが町にもステキなお店があまりないので、散財しなくて済んでいます。(笑)
Miyukiさんのおかげで、私も素敵なVivianさんとお会いすることができました。縁というのはこうして繋がっていくのですね。じーん。
Commented by Vivian at 2010-02-08 06:11 x
昨夜はupを見届けながらもコメントなしで寝ましたです。

Ayuminさんも書かれているように、なるほど写真は実際より高級感がでていますね! ふふふ、ウェートレスの彼女は食堂のおばちゃん的だったのを思い出します。

ひょっとしてSAMOVAR第2弾は3人で?? 次回は再びロシアンティーと、キヌアワッフルを食してみたいと早くも妄想しております。
Commented by Miyuki at 2010-02-08 12:36 x
*マミィさん
うはは、姉さまの背中を押してくれたんですね、ウィザースプーン氏ったら。私も読みかけの本、どうしようかな~~

新しい出会いがある影には、今現在あまりに友達が少ない、という背景もございまして(爆) サモワール、ヨーロッパ内には沢山あるような気が。フランスの美味しいケーキと一緒にいただきたいですねえ♪
Commented by Miyuki at 2010-02-08 12:46 x
*ayuminさん
うん、こちらのお客さんは、ほとんどこの辺りで働いてる方々がランチタイムに、という感じでした。他の2つの支店はどんな感じなんでしょうかね。和食のワカメがやたら美味しそうで、でもカレーも捨てがたいし、私もリピする気満々です。なので、近くにこのお店があったらヤバかったですね~(笑) きっと何回も通って、エンゲル係数がすさまじいことになってたかと。
Vivianさん、素敵な方ですよね~vv 昨日「どうやって知り合ったの?」と聞かれて、全員ネット繋がりだったことに気づいて、改めて驚きました。ネットを始めた頃は、オフでのお付き合いに比べてオンラインは、と警戒してたところもあったんですが、これだけ素敵なご縁に恵まれてくると、前言大撤回でございます。じ~んとしますねえ。
Commented by Miyuki at 2010-02-08 12:49 x
*Vivianさん
昨日はお疲れ様でした! ゆっくりお休みになられましたか?

あはは、確かにあのおばさま、随分と大衆食堂的なノリと口調でしたね!
ayuminさんと3人で、別な支店に行ってみたいですね~♪ ayuminさんのカレッジがお休みに入ったあたりで、ぜひ企画しましょう。
それまでに、次は何を注文するか、心を決めておかなくてはなりません。うううむ、これは大変だ。(苦悩)
Commented by Chico at 2010-02-08 15:36 x
ロシアンティ、まだ試したことがないんですよ~。
セットだとフルーツなどが付いてくるんですね。驚きました!
実は、今日ワッフルを焼いたのですが、至ってプレーンなものでした。
そっか~、キヌア粉や調理したキヌアを入れるっていい手ですね。
アイデア、頂きました!(笑)
Vivianさん、私もChiblitsさん繋がりでお会いしたことがありますよ~。
ほんと縁って何処にあるか分かりませんよね♪
Commented by Miyuki at 2010-02-09 10:47 x
*Chicoさん
私も初めてでした、ロシアンティー。ジャムの入れ方も流儀があるようなんですが、調べても良くわからないまま。
セットはお得ですよね♪ 量より種類が欲しい私には嬉しいです。
キヌアはお役立ちですよね~。余った玄米ご飯を軽くつぶして、粉を混ぜて、ワッフル型で焼いても美味しいですよvv
おお、ChicoさんもVivianさんと! ほんと、縁は異なもの味なもの。できたらその味はChicoさんのスイーツ味がいいなと(願望)


<< 遠くに在りて慕うもの 踏み出したのは箱庭の >>