「ほっ」と。キャンペーン

その始まりは釣書から

「天才を作るのは高度な知性でも想像力でもない。知性と想像力を合わせても天才はできない。愛、愛、愛……それこそが天才の魂である」
   ----- ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
        (オーストリア人、作曲家、1756年1月27日生まれ)


え、兄貴、モーツァルトと同じ誕生日だったんだ。(独り言)

* * * * *

【レストラン】

P1010084

友達がTVのレストラン紹介で見つけてくれた、イタリアンのお店。
そういえば、なんか久しぶりだよなあ、イタリアン。ここのところ、ベジィなお店徘徊ばかりで、普通のお店に行ってなかったよ。って、その”普通”ってなんなんだ。

聞けば、材料の質にこだわり、麺まで自家製の、というじゃないか。
これはぜひ行ってみたいものだよね、と3人で繰り出した。




滅多に来ることのない、隣の市のダウンタウン。場所的にあまり足が向かないけれど、来てみれば良いお店もちらほらと。
そんな中で悠々と、とあるビルの一角を占めるのが、こちらのお店であったのだ。

P1010090

雨模様の天候に関わらず、店内は窓からの光で明るいよ。オープンキッチンなので、更に開放的な印象。
縦に長いお店のようで、奥にはパーティ用などの部屋もある。

さてさて、何を頼もうか。とメニューを見たら、今日のパスタにアレがあるよー!
日本人なら思わず反応、これは絶対頼みましょう。
あとはサラダと前菜と、噂のあのリゾットをね。


DSCF2079

お楽しみのスタートは、やはり突き出しのパンからね。
パンもなかなかだった上に、一緒に出されたソースがうまうまで。
アンチョビっぽい味がする、と思ったけど、ウェイトレスさんの説明ではGreen Tapenade
タプナードというには、もうちょっと複雑な。とにかく美味しいなあ、これ。


DSCF2081

前菜サラダは欠かせない。Biete e Crescenzaは、Organic beetsやescarole(エンダイブ)のサラダ。
以前にトライしてから、すっかりビーツ好きの友達。でも残念ながらご家族好みじゃなくて、家で食べられないんだって。
だったら外食の時に、ぜひ食べて。私達も好きだから、大いに歓迎。

新鮮で程よく歯応えを残したビーツ、舌に嬉しい、目にもきれい。気前良くかけたChianti vinegerに、たっぷりCrescenza cheeseとくるみが風味を添える。
生野菜となると、ついがっついてしまってごめんなさい……(ウサギ)


DSCF2083

エビだエビだ、のInsalata Gamberi
グリルしたエビの香ばしいことったら。ぷりぷりした身がたまりません。

それ以外に、やはりグリルしたオーガニックトマトとズッキーニもあって、特に焼きトマトが美味しいよ。中のジュースが逃げてないので、つゆだくな味わいににんまりだ。
加えて、大好きなのになかなかお目にかかれない、Macheのサラダ。なんであまり使われないのかな、高いのかな。


DSCF2087

そして、メニューに即反応したのは、Paste Classiche。つまりご存知、Spaghetti Carbonara。
そらあもう、脊髄反射的にオーダーさ。
以前にも書いたけど、このエリアでは、滅多に見かけないカルボナーラ。日本ではすごくポピュラーなのにね。

それでも、日本の普通の店と違うのは、ああ、卵黄だけで作ってる、とはっきりわかる濃厚さ。
それにパンチェッタ、黒胡椒。おまけにこちらのは、パルジャミーノがたっぷり入ってるようで、チーズのコクがかなりのもの。
麺が太めなのは、自家製ならでは。茹で具合の良さも合わさって、少量でもぐっと満足の一皿だ。


DSCF2088

そして待望の一皿は、Risotto Nero。色を見れば一目瞭然、これまた日本では良く食べたのに、こちらでは珍しい、イカ墨を使ったリゾットだよ。

こんがり焼けたNova scallopsと、くったりジューシーな丸ごと焼きトマト。それぞれ分けて、合わせて口に運んだら、

なんで こんなに しょっ ぱ い の 。

衝撃のあまり、思わずセリフまでスタッカート。

気を取り直して、皆で食べ比べたら、どうやら原因はトマトではないかと。
ホタテもリゾットも、トマトが触れた範囲のものは、残念ながら塩害(?)にあっているものの、そこから離れたところは美味しいよ。
ホタテのこんがり加減もほくほくと、リゾットはcuttlefishが混ざって、ぐにぐにした食感。お米は芯が残らず、かといってやや固めの歯応えが嬉しくて。
味のみならず、咀嚼の楽しみもくれるような。染色の楽しみもくれるような。(……)
皆そろって、お歯黒でにっこりだ。(にーっ!)


最後の締めくくりはデザートで。良さそうなお店はトータルで。
選んだのは、2種類のケーキ。

DSCF2092

まずは、Biscottini di Castagne e Cioccolato。Layered chestnut biscuit & marron glace mousseだって。

運ばれてきたのは、予想と全然違うもの。だって、固焼きビスコッティを想像してたから。
そしたら、この灰色がかった茶色のビスケットは、みっちりと弾力のある生地で、栗風味ほんのりのういろう系。
間にはさまれたマロンムースは、ホイップクリームのような軽さだけど、カノーリの中のクリームのように、強めの甘さも持っている。
ビタースイートなチョコレートソースが、大人味に引き寄せる。


DSCF2094

もう一品、Crespelle di Pere e Mele Cotogne
Red Star Crimson pearの甘煮を、アーモンド生地のクレープに包んだもの。
添えられたジェラートには、quince(花梨)のジャムが混ぜられてる。

DSCF2096

これは文句なく美味しいぞ。クレープはかりっと、洋梨はりんごよりしゃきっと。クレープが甘さ控えめなのが助かるね。
クインスも、久しぶりに食べたなあ。去年は見かけなかったので、ジャムを作れなかったのだけど、この甘酸っぱさがやっぱり良い。


最初にこのお店のサイトを見たところ、どーん!とシェフの写真のアップ。
んでもって、ご本人がいらっしゃいましたよ、厨房に。オープンキッチンだから良く見える。
あちこち回られて、味見をされて、あ、ピザの仕上げまで。合間合間に、マネージャーやお客様らしき方とおしゃべりも。

P1010088

しかしほんとに、ああいうキッチンは理想だな。
鍋釜ずらりと架けて、自由に取れて、料理ごとの調理スペース。ピザ生地捏ね場に焼き釜、ときたもんだ。
かといって、あんな広いキッチンをあげようと言われても、その分料理しろ、というプレッシャーを感じるからいらないけどね。(痛いぐらいに正直)(もっと小規模なら喜んで)

個人で訪れても、大人数で訪れても、どちらも受け入れて、押し付けがましくなく場を提供してくれる、そんな心地良さ。
サービスも上質で、うるさくすることなく目配りしてくれる。
料理もサービスもそろってることに加えて、お店の造りも素敵、そしてどうやらワインもしっかり押さえてるらしい、となれば、人気がでない方が不思議ってもんだろう。

唯一の不安は、場所ぐらい? あ、でもそれは、私の周りでは、というだけなんだけど。
今まで訪れたお店はどこも良かったし、友達に薦められている店もあるので、個人的には開拓したい街ではあるのだが、それには付き合ってくれる人がいないとなあ。


DONATO ENOTECA
1041 Middlefield Road
Redwood City, CA 94063
[PR]
by senrufan | 2010-01-27 07:44 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12747859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2010-01-29 16:46
タイトル : No.797 カジュアルにお洒落にイタリアン Donat..
昨年2009年6月にオープンするなりミシュランガイドに取り上げられ、日本人の間でも徐々に口コミで広がっているイタリアンレストラン Donato Enoteca (ドナート・エノテカ)。年末にはハローレストランでも紹介されていた。場所は、最近寂しいレッドウッドシティのダウンタウン中心部。年末に訪れたので、きらきらホリデーライトアップ中。 店内は奥に広い贅沢なスペース取り。カウンターからはオープンキッチンが見渡せる楽しい演出。(お店、空いてそうに見えるけれど、この後あっという間に賑わって...... more
Commented by Vivian at 2010-01-29 15:34 x
このお店は夫とディナーに行きたいねとつい先頃話していたばかり。まっその話は置いておいて、この地域いっしょに開拓しましょう、ぜひ! うちから遠いけど夏時間になったらいかが?
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-01-29 16:29
あ!Miyukiさんもカルボナーラ食べられてる!私たちが行ったときはメニューになかったんですよ。(カルボナーラと書かれていなかったから気が付かなかったのか・・・?)やはり本場は卵黄とパンチェッタとチーズたっぷりのカルボナーラなんですね。デザート、私もそれ焼き菓子のビスコッティだと思いました。でも濃厚な甘さがむんむんと伝わってきますね。次回はそれで。

そう、ここはワインもとてもいいセレクションで。ワインマネージャーの方の奥様が日本人で、ベイエリアのワイン通の方々とはみんな顔見知りなご様子。うちもまたMiyukiさんブログを参考にして近々行きたいと思います!
Commented by マミィ at 2010-01-29 21:50 x
うわぁぁぁ、本格イタリアン!しかもミシュランお勧め!Miyukiさんの写真、どれもこれも美味しそうで、もう画面にくぎ付けで動けません。あーん、なんでご近所じゃないんだー。一緒に開拓したかったぁ…と大泣き。

で、(涙をふいて)Macheはそちらではあまり見かけないんですか。ひひひ、こちらではスーパーやエピスリでいつでも手に入りますよー。うん、ちょっと元気出ました、これで。
Commented by こっぺ at 2010-01-30 00:58 x
ここ、ぜひ行きたいです!いかすみもカルボナーラもあるなんて。リゾット、しょっぱいものが多いですよね。あれはなぜなんだか。
Commented by やまばと at 2010-01-30 06:29 x
緑の葉っぱ大好き、中でもMacheと聞いたらとび出さずにはいられなかった
ウサギ仲間の私(ぴょんっ)…ウサギのように可愛くはありませんがxxxxx

トレーダージョーズのprewashed Mache袋にあるアボカドのサラダを作成、
一袋をひとりでたいらげる勢いに、家族から白い目を向けられたくらいなので、
レストランで注文すると「えぇっ、ささやかな(量)!!」と残念に思うことが
確かに多いです…。
柔らかくて日持ちしないから在庫を最低限にしたいのでは、などと
解釈してみたり。
Commented by Miyuki at 2010-01-30 14:25 x
*Vivianさん
ご存知でしたか! やはり同じTVから? Vivianさんにお付き合いいただけるなんて、光栄なんでものじゃありませぬ。(舞い上がり中) 遠路はるばる、になって申し訳ありませんが、ぜひよろしくお願いいたします!
Commented by Miyuki at 2010-01-30 14:29 x
*shinaさん
カルボナーラはね、通常メニューの中にはなくて、Today's Pasta3種の中にあったんですよ。イタリア語の横に、カッコ付でカルボナーラと書いてあったのでわかりました(笑) もしかして頼めば作ってもらえるのかも。美味しかったのでお薦めですよ! 私は次回のデザートは、shinaさんが頼まれてたフォンダンチョコがいいなあ♪

なるほど、ワインマネージャーさん、そうでしたか! じゃあ日本語もおできになるんですね、それは日本の方でワイン好きな人には願ってもないでしょうなあ。そしてお料理もこれだけ美味しければね、うんうん。
Commented by Miyuki at 2010-01-30 14:32 x
*マミィさん
ふっふっふ、ここのところ、マミィさんのところであまりに美味しいものを拝見しすぎましたからね、ちょっとお返しです、なんつって(笑) でも、近所じゃないことを嘆く気持ちは一緒でございます。ああ、マミィさんと開拓したい、パリ&ノルマンディ。

あ、Macheでリベンジされたっ! や、こちらでも買えるんですが、ポピュラーとは言いがたいんですよねえ。なんででしょうね、ほんとに美味しいのに。
Commented by Miyuki at 2010-01-30 14:33 x
*こっぺさん
行ってみてください、ぜひ! 日本人には特に嬉しいメニューでしょ? 確かに時々やたらしょっぱいのにあたりますよね、リゾット。それと茹で過ぎのパスタにね……(ちょっと涙)
Commented by Miyuki at 2010-01-30 14:36 x
*やまばとさん
わーい、そでした、やまばとさんがいてくださったのでした、ウサギ仲間!
そしてさすが、詳しくていらっしゃる~vv
日持ち、確かにそれがあるのかもしれませんね。あの柔らかさが美点ですし。
こうやって書いてるだけで、また食べたくなってきました……明日あたり、トレジョーに行こうかしら。(むずむず)


<< 共存と共栄を結ぶ鍵 土から生まれて宿った先は >>