「ほっ」と。キャンペーン

色褪せさせることのないように

ジグソーパズルが大好きです。ジグソーでなくとも大好きです。
小さい頃は、新聞の折り込み広告の派手目なのを選んで(宝石屋とか)、自分で切ってパズルを作って、嬉々としてやっていたぐらい。

大人になってからも、なるべく複雑そうな絵柄のジグソーパズルを選んで買っては、ちまちまと折を見て手がけるのが、日々のぢみな楽しみで。
最低でも3,000ピース以上のものを買うので、完成までに何日も何週間もかかるのですが、それだけ楽しみが長く続くので、むしろその方が嬉しいのですね。

完成した後、額入れされる方も多いのですが、私にとっては、そこまでの過程が一番の楽しみなので。
さっさと崩して、再び取り掛かるか、次のパズル選びに勇んで出かけたものでした。

そうしたパズルも、渡米前に全て手放してしまったので、ここ数年やってなかったのですが。
先日COSTCOに行った時、クリスマス向けに「2箱で$19.99」セールコーナーがありまして。
うわあぁぁ、と内心で歓声を上げて、1,000ピースを2箱購入したですよ。
これで冬休み中の楽しみができた、と喜んだですよ。


なのに、なんで、どうして、

2日で仕上げちゃうんだよアタシったらーーー!!!(絶叫)


     DSCF1867


再度の挑戦も、2日で終わってしまいました……
こうなったら腹をくくって、5,000ピース以上のものを買ってくるしかないでしょうなあ。(満面の笑顔)

* * * * *

【レストラン】

     P1010057

ユダヤ教を信仰する人達は、kosherという食事規定を守っていらっしゃる。
日本語の翻訳だと、「清浄食品」。カタカナ表記では、「コーシャー」が米国内の読み方だと思うのだけど、私が読んだ本では、「カシェル(カーシェール)」との表記も有り。イディッシュ語やヘブライ語の読み方かな。

どういう内容の規定であるかは、Wikiに解説をお願いするとして。
隣の市のダウンタウンに、そのコーシャーのレストランができたと聞いたので、友達2人との忘年会を機に、訪問してみたのだよ。




P1010060

ガラスのドアを開けて入れば、重厚でシックな内装に驚いた。
銀色の仕切り壁の向こう側には、バーカウンターがあるらしい。
架けられた沢山の額縁には、ユダヤ系家族の写真がいっぱい。生活の一端を垣間見ることができるという意味から、できたら一枚一枚鑑賞したかった。
ヤムルカ(ユダヤ教徒男性のかぶりもの)をつけたお客さんもちらほらいて、改めてここは、ユダヤ教の人が安心して食事できる場所、と思う。

それはさておき、さて、何を注文するべきか。
ユダヤならではの料理名も並んでるし、食材の組み合わせも興味深いものが多く。どれにしようか、またもや嬉しい迷い道。
優しいウェイトレスのお姉さんのアドバイスをもらいながら、前菜やメインから数品オーダーしたんだよ。


DSCF1796

前菜から2品頼んだうち、まずはCurry-Brined Eggplant
Tahini Sauceで和えてあって、ピタパンがずらりと添えられてる。

カレーというから、辛いものを想像していたら、むしろちょっと酸っぱさをも感じる刺激。
友人の、「何か思い出すよね……あ、あれだよ、ウスターソース!」という言葉に、思わず全員で膝ポンだ。
淡白なんだがほっとできる味で、ピタパンがまたソフトで美味しいよ。


DSCF1793

もう一品は、Tuna Ceviche
Fried Plantain Chipsと、Spicy Avocado Relishと一緒に。

スパイシーというには穏やかなアボカドに、とろっとしたマグロが混ざって、口ざわり滑らかな一品。
カリカリのプランテーンチップにのせて食べれば、食感の違いまで楽しめる。
上品に見えるけど、味わいの素朴さが、どこか日常の延長のような気軽さを。


DSCF1790

Soup of the Dayは、Celery root soupだよ。
カリフラワーも使われてて、フライドオニオンが散らされてある。

濃厚な「食べるスープ」は、お腹の中までぐん、と届く安定感。
大家族のお母さんが、大きな鍋でことこと煮込んだような、大らかなあったかさがあるんだな。


DSCF1791

ユダヤのパイのKnish(クーニッシュ)は、 具が多くて皮は薄め。
定番のClassic potato knish、中はぎっしりじゃがいもだ。マスタードドレッシングで和えた、フリゼとにんじん添え。

これがまた、うまくてなあ。
英国料理のpastyや地中海のfiloとか、パイの名物料理は色々あるけれど。時々油っこいもの、質の悪い油で練ってあると分かるものに当たることもあるんだが。
このクーニッシュは、十分合格。薄めなのに、どっしりした、と感じるパイに、ほくほくじゃがいもが、またんまい。


DSCF1799

メインから選んだ2品のうち、Heirloom Grain Bowl
ソテーしたHeirloom Grains, ローストした野菜類、新鮮ハーブの混ぜ合わせ。
マッシュしたアボカドと、グリーンがいっぱいのせてある。

DSCF1801

調味料がほとんど使われていないような、ほぼ素材の味だけの丼仕立て。
でも、スクワッシュやベルペッパーといった、季節野菜の味の濃いことったら。
硬い歯応えの穀類と一緒に、もぐもぐとしっかり噛めば、更に味わいが広がるよ。


DSCF1803

運ばれてきた途端に、「でかっ!」と声をそろえてしまったのは、Grilled Portabella Burger
サイドには、Green Saladを選んだの。

DSCF1805

Challah(ハラー)と同じ生地?と思えるバンズにはさまれたのは、ただでさえ分厚いポートベロの2枚重ね。これはすごい食べ応え。
パンにはマヨネーズが塗られているけど、ポートベロそのものには、やはりほとんど調味料を使ってない。なので、中に持ってる美味しい汁、余すところなく味わわないと勿体無い。


ここまでで、すでに大満足の私達。
今年に入って、3人で訪れたレストランは数々あるけど、中でもトップクラスに入るよね。
これはデザートまで試してみなくては、と、3品選んで注文だ。

DSCF1816

     DSCF1811

Bubby's apple cake with caramel frozen custardと、Winter Pear crumble with Pistachio frozen custard
これがもうもう、真剣に全員が、口にしてしばらく固まったほど。どうしてこんなに美味しいの。

温かいケーキと焼き菓子に、冷たいカスタードアイスの取り合わせ。
見かけはとてもアメリカンなのに、どれも食べた時に、喉にぐっと来るあの”感じ”がない。すごくすーっ、と軽やかなの。
これはもしや、アレかなあ。


DSCF1817

ホリディシーズンのデザートということで、Sufganiyot with Satsuma mandarin "jelly"
Sufganiyotとは、Chanukah(ハヌカ)の時のドーナツ、だって。

これも、どう見てもとってもアメリカンなのに(しつこい)。すごく軽くて、ひっかかるクドさがなく。
中に入ってるチョコレートクリームも、濃くてダークなんだけど、流れてすっきりシャープでね。

この味わいは、白砂糖や動物性のものを使ってないとか、そういうデザートのはず。
と、わいわい騒いでる我々に、ウェイトレスのお姉さんは、親切にもパティシエさんを呼んできて、質問させてくれたんだよ。

思ったとおり、こちらの店では、乳製品は使ってないそうで。
必要な時には、Soy製品やココナッツミルクを使うんだって。
デザートと一緒に頼んだコーヒーにも、添えられていたのはSoy creamであったんだ。


改めてメニューの下を見たら、
VAAD Hakashrus of Northern Californiaから、glatt kosherの認定を受けていること、
乳製品とピーナッツは使っていないこと、
が記載してあったよ。
glatt kosherというのは、ユダヤ教の食事規定の中でも、最も厳しいレベルのもので、こちらの店は北カリフォルニアで、唯一その認定を受けている店であるそうだ。

コーシャーの規定では、乳製品は摂っても良いと思っていたけれど。
牛肉と乳製品を同時に食べてはならない、という決まりがあって、食べる時は数時間あけなくてはいけないそうなので、食事のすぐ後のデザートには、乳製品は使えない、ということか。(推測)

コーシャーは、”清浄食品”という訳語から、食材に特別な加工を施してある、と思われがちだけど。
規定を読めばわかる通り、屠殺法に決まりはあるものの、あとは食べ物に、食べていいものと悪いものがある、という内容。
四つ足の動物では、牛・羊は食べて良い、
豚・貝類・甲殻類は食べてはならない、
などの掟があるんだよね。
ユダヤ教徒といっても、厳しく戒律を守る正統派から、より柔軟な改革派・保守派もいるので、個々人や各家庭によって、守るべきラインは少々異なるのだろうけど。

旧約聖書という成文律法(更には口伝律法まで)の教えに従っている、ということは、何千年の昔に言われていたことを、いまだに守っているということになり。
ユダヤ教は母系に伝わる、という点と合わせて、私が妙に惹かれるところであるんだな。


ずっと以前に読んだので、記憶は定かではないのだが。
確か曽野綾子さんの本だったと思うのだけど、ユダヤ教のラビに、

なぜ何千年も昔のことを、現在に至るまで守っているのか、

という質問をしたところ。

昔正しかったことが、あとになってから間違いだったと判明することもあれば、逆の場合もある。なので我々は、まだ間違いと証明されていないことは、理屈抜きに忠実に守っていくのです。

という答えが返ってきた、というんだね。(うろ覚えが悔しい)

この言葉が、じんわり心に響いたのは。
太古の昔から、どの地においても迫害され続けてきた民族が、それでもなお伝統を受け継ぎ、信仰を受け継いでこられた、真の理由を見た気がした、ということと。
何でも論理で説明しなくては通らない現代で、理屈じゃなく、人間として守らなくてはいけない一線があるはず、と思う心に、励ましをもらった思いがしたから、であったのだ。

三世代以上に渡って母国語と文化を伝えられた移民は、ユダヤ人とジプシーだけ、と言われてて。
自分の子の母国語保持でさえ苦労する移民のハシクレとして、これがどれだけすごいことなのか、身を持って知っている。

そして、子供の躾において悩む、「やってはいけないこと」の線引きと、その理由の説明。
弱いものいじめはいけない。卑怯なことはいけない。
それは、欧米流に理屈で説明できないことがしばしばあって。それがゆえに、子供相手だけでなく、負けてしまう悔しさも味わうものであり。

それでもやはり、いけないものはいけないのだ、と。
明確な理由はなくても、ずっと昔から、それはやってはいけないことなのだ、と。
そういうものが確かにあると思い、それを守ろうとする自分が、理屈でなければ説き伏せられない事態に遭うたび、くじけそうになってしまうけれど。
ラビの言葉は、そういうものを信じて良い理由を、大きな形で与えてもらったように思えたんだよ。


P1010061

私の住む市は、住民の4割近くが、ユダヤ系の人が占めるところで。
それだけ伝統を継承していける証のように、その頑固さと我の強さは相当、という人も大勢いらっしゃって、正直苦い経験もないことはない。
なのに、どうしても惹かれるものを感じて、以前から本やネットで、表面的な知識を漁ってる。

文字で読むだけだった彼らの「食事」で、今まで実際に口にしたことがあったのは、ベーグルやクーニッシュなどぐらいであったけど。
頭で描くのみだった食卓の光景、このお店で一例を見ることができたのが、素直にとても嬉しいよ。

おしゃれな外見を持ちながら、味わいは素朴で、調味料もぐっと控えめなこちらの料理。加工品に頼ることなく、全て一から手作りしているとか。
カリフォルニアのコーシャー・ワイナリーで、地中海テイストを加えたレストランで働いていた、というシェフは、伝統的な東欧系ユダヤ料理に、チリやアイオリといった新しい素材を加えることで、より多くの人に受け入れられるレストランを目指しているそうだ。

「ベジタリアンの娘が、乳製品を摂らない叔母と、ラムが大好きな叔父、グルテンアレルギーの母と一緒に、食事を楽しむことができる」
そんなコンセプトを謳われて、ベジィな私が喜ばないわけがないんだな。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

と、大感激の我々だったのだけど。
今日再訪したら、ちょっとつけ加えることができたので。

最初に行ったのは、開店と同時の11時半だったので、どの料理もほくほく・出来たての新鮮な美味しさを味わえたんだが。
今日はかなり遅めで、1時半近くになってしまったせいか、クーニッシュがへたってしまっているとか、ポートベロがしょっぱくてへなっとしてるとか、少々残念なことにも出会ってしまったよ。

デザートはまたまた美味しかったから、最後は満足して出られたものの、次回に来る時は、なるべく早くに来ようね、と誓った我々でありました。


     DSCF1806


The Kitchen Table
142 Castro Street
Mountain View, CA 94041
[PR]
by senrufan | 2009-12-27 10:56 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12578003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっぺ at 2009-12-30 00:30 x
コーシャーについての知識は全くなかったのですが、ユダヤ人の食事のことだったのですね(←何年もいるのに!)。実は先日から旧約聖書を斜め読みしてまして、ものすごおおく細かいしきたり(全部神様がいいつけたんですけど)に、覚えられない!と頭を抱えました。覚える必要はないんですけど。ウィキには書いてなかったのだけど、イーストを入れたパンを食べてはならないと繰り返し書いてあったので、ではどういうパンを食べてるんだろうと思ってたら、なるほどピタパンですね。ブログを拝見して、コーシャーに興味がでてきたので、このレストラン、いってみたいです。
聖書は、この国を理解するためと言う気持ちで読み始めたのですが、やはり何千年も読まれている書物だけあって面白いです。西洋人的な考え方や、何百年も昔からおこっている紛争をやっと理解できる気がします。なんせ長いので今挫折中ですが。
Commented by nikkeilife at 2009-12-30 07:30
こんなお洒落なコーシャー料理は初めて見ました。やっぱり北カリフォルニア、美味しいところがありますね。ロスでこんなところがあるとしたら多分ハリウッドなど地元の一般人が行かないところなんだろうなあ。次回訪れたときの残念さはアメリカンレストランならでは。(笑)

下のケーキも凄いですよ。ブッシュドノエルを作っちゃうなんて。お嬢さんとの合作であるところも素敵。チョコきのこの使い方も粋です。

Miyukiさんもジグソーパズルが好きなんて!何を隠そう(隠してないけど)私も大好きなんですよ。パズル類は何でも好き。数独なんかもね。主人の叔母もジグソーパズル大好きで、最近はスリフトショップでタダ同然で買ってくるそうです。たまにピースがひとつかふたつ欠けてるときもありますがそれでも新しいのを買うのよりは断然安上がりとか。しかし2000ピースを二日で仕上げるなんて、職人技ですよ。(笑)
Commented by Miyuki at 2009-12-30 14:39 x
*こっぺさん
旧約聖書を、それはすごいですー! ユダヤのパンでは、マッツォがイーストなしで有名ですが、あれは過ぎ越しの祭り用なのかな。市販品のハラーはイースト入りもありますが、本来は卵で膨らませるものだったような。どれにもちゃんと理由があるので、調べ始めると面白くてたまらないのですが、ほんとに多すぎて覚えられない! 覚える必要はないんですけど!
聖書を読む動機が、こっぺさんらしくて素敵です~(じ~ん) 一神教を強く信仰する人々は、傲慢で独断と偏見を含む態度に陥りやすい、という印象を持ってます。それが何千年も昔から、なので、筋金入りなんですよねえ(ニガワライ) 自然信仰のような多神教を抱く日本に生まれてよかったと思ってます。
Commented by Miyuki at 2009-12-30 14:44 x
*アヤコさん
LAはジューイッシュの人の人口比率はどれぐらいなんでしょうねえ。でもハリウッドがある限り、きっと結構な人数がいるに違いない!(笑) はい、そんなところがアメリカンでどうする、ってツッコミたかったです、わはは。

いいえとんでもない、世の皆様は何倍も素敵なブッシュドノエルを作っていらっしゃるのにねえ……(涙) 娘がいなかったら、到底写真も撮れるようなものでもなかったと思いますぅぅ。

ええっ、アヤコさんも!? うわあ、嬉しい、また共通点が! そう、数独も好きなんですよ~vv そうか、スリフトショップで。うう、明日Goodwillに行っちゃおうかなあ。パズルは久しぶりだったので、何かに憑かれたようにやってしまいました……やっぱり楽しくてやめられません~~。
Commented by Aya at 2009-12-31 02:21 x
良さそうなレストランですね。ぜひ行ってみたいです!貴重なレストラン情報をありがとうございます。うちは、家族連れの時は(お子ちゃまたちの味覚はまだまだ。。。)、冒険できなくていつも同じようなとこにしか行けていので、嬉しいです。では新年もmiyukiさんfamilyにとって、素敵な毎日となりますように。今後ともよろしくお願いしま~す!




Commented by Miyuki at 2009-12-31 12:01 x
*Ayaさん
なかなか良いお店でございました♪ 上品なところですが、なんとなく、小さい子もにこにこ受け入れてくれそうな気もする、温かさがありましたです。
Ayaさんご家族にとっても、ますます発展の一年が待っていますように! 私こそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますvv


<< 暮れる先には明けるもの 鈴が鳴る鳴る、修行の場 >>