邂逅と選択が造る道

「期待をゼロまで下げたら、自分が持っているものすべてに感謝の念がわいてくる」
   ----- スティーブン・ホーキング
       (イギリス人、物理学者、1942年1月8日生まれ)


ニューヨーカーの懐かしいジョーク。
「カーネギーホールまで行くには、どうしたらいいですか?」
ある観光客が運転手にたずねた。
運転手は、肩をすくめて答えた。
「実践を積むことだね」

* * * * *

【個人的事情】

先日行った、ベルリン・フィルのコンサート
実はあれから、ずっと自分の中で、色々とくすぶっているのです。
暖炉の火がなかなか完全には消えないように、いまだ納まりきらないものが残ったままなのです。

ご一緒させてもらったRogiさんと、あれから何回も話をしました。
なんだろう、この消え去らないものはなんだろう。すばらしい演奏を聴いて満足したのに、なんで私達は、こんなもやもやを抱えたままなんだろう。
色々話しても、その正体はなかなか現れてはくれなかったのですが。

Rogiさんが見つけてくれた動画の一つが、ようやくぱあっ、と目の前を晴らしてくれたのでございました。


Karajan - Live In Tokyo '81 - Brahms Symphony 1, Ⅳ - Part 1






Rogiさんも私も、ベルリン・フィルには、ずっと前からの思い入れがありまして。
それは、お互いに15歳だった頃から、ということが共通しているのがまた偶然。

彼女は15歳の時、ベルリン・フィルの来日コンサートに行ったそうなんですが。ピアノに真剣に打ち込んでいた彼女に、世界最高峰のオケが与えた衝撃は、推して知るべし、で。
特にチェロパートに感動した彼女は、コンサート終了後、楽団員が出てくるのを、外でお友達と待って、チェロ全員のサインをもらい、今でも大事にとってあるそうです。

私はというと、中3の時、兄の高校のブラスバンドにいた、オーボエの人の演奏に感動して。
当時、中学の吹奏楽部でトランペットをやっていたのですが、それからどうしてもオーボエがやりたくて、高校から始めることを決意したのですが。
その彼の話から、ジャーマンのオーボエというのを知り、そこからベルリン・フィルに辿り着き。初めて自分で選んで聴いたクラシックが、ベルリン・フィルの演奏で、やはり15歳の時でした。

今回サンフランシスコまで聴きに行ったベルリンの演奏は、お世辞抜きで素晴らしかったのにも関わらず、私達が抱いてしまった不確かなものの正体。
それが、Rogiさんが見つけてくれたこの録音で、改めてはっきりと感じたのです。

それは、私達がずっと憧れて切望していたのは、正にこの当時のベルリンの音だったのだ、ということでありました。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

この後、例によって例のごとく、怒涛のように思考の迷路に入り込み、
「すさまじく長いだけの駄文」に突入いたしましたので、ここで一旦区切ります。
残りは明日にでもアップしますが、個人的整理の為なので、お読みになる必要はありませぬ。
あーあ、またやっちゃったよアタシ……

ブラームスの交響曲1番、興味のある方は、どうぞ全曲通してお聴き下さいませ。
録音状態は決して良くはありませんが、貴重な映像に感謝・感謝です。

ちなみに私個人は、カラヤンが好き、というわけではありません。
むしろ、ブラームスのこの曲に限って言えば、今回のサイモン・ラトルの解釈の方が好みですが。
ただこの当時の、ベルリン・フィルの音が好きなのでございます。
うーん、やっぱりCD探そうかなあ。

Karajan - Live In Tokyo '81 - Brahms Symphony 1,Ⅰ- Part 1 Part 2
Karajan - Live In Tokyo '81 - Brahms Symphony 1,Ⅱ
Karajan - Live In Tokyo '81 - Brahms Symphony 1, Ⅲ
Karajan - Live In Tokyo '81 - Brahms Symphony 1, Ⅳ - Part 1 Part 2
[PR]
by senrufan | 2010-01-08 10:57 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12573440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆう at 2010-01-10 20:09 x
こんばんは、ゆうです♪
うふぅ~もう、読んじゃいましたよん^^
何が気になるんでしょぉ~?
クラッシクは、心が豊かになります!!
ありがとぉ~。また来ますね~(^^)v
Commented by Vivian at 2010-01-11 05:02 x
すでにkirscheさんのブログの最新記事、ご覧になったと思いますけど偶然にもブラームスの交響曲について触れていましたね。話が合うかも。

Commented by Miyuki at 2010-01-11 12:16 x
*ゆうさん
ナニが気になるってもう、アレとかソレとか大変なものだと思うんですが。(すでに暗号)
私もクラシックが大好きです♪ 知識はないんですけど、えへへ。
お忙しいところ、ありがとうございました! また来てくださいね~。
Commented by Miyuki at 2010-01-11 12:17 x
*Vivianさん
はい、拝見してきました! 楽器の中でも中低音担当のものが好きな私には、とても嬉しい記事でございました♪ うう、思い切ってコメントしてしまおうかしら……(どきどき)


<< 続・邂逅と選択が造る道 そこに未踏の地がある限り >>