織り成す模様に目を凝らし

National Day (U.A.E.)
Independence Day (Laos)


ありえないもの。
ベジタリアンの吸血鬼

映画「The Twilight Saga:New Moon」の広告を見ながら思ったタワゴトです。


お嬢は学校の友達に、
「これを観に行って、思いっきり笑ってこよう!
と、誘われておりました。
……どおゆう位置づけなんだ、この原作&映画。

* * * * *

【レストラン】

DSCF1565

時はすでに12月。なのに、私が書くのは10月の(あああああ)
でも書くのだ、めげないのだ。
だって、大好きな先輩ママさん・やまばとさんとの逢瀬だもん。

夏にご一緒させていただいた時は、南の市のビストロでのディナー。
その時に、次回はここの近くにある、別なビストロで、と約束してたのだ。




     DSCF1563

入り口で迎えてくれたのは彼。思わず「2人です」と言いそうになっちゃった。
そう、この日はハロウィン前日だったんだ……(考えるな)(考えちゃいけないんだ)

DSCF1549

彼の検閲(…)をくぐり抜け、店内に入れば、広くて陽の明かりが穏やかな。沢山かけられた油絵が映えている。

地元素材を使ったGlobal cuisine、というのがお店の謳い文句であったけど。メニューを眺めてみれば、かなりアメリカンな印象。
普段っぽいメニューは、安心感も与えてくれるけど、グローバル、というからには、どこかひねってあるのかな。
注文したのは、スープにサラダ、メイン2品。どんな形か楽しみだ。


DSCF1543

Today's SoupはLentil Soup
大きなお皿にちまっ、と盛られているけど、具がたっぷりなおかげで、食べ応えあり。
野菜は、柔らかめの茹で具合。レンティルは、なかなかいい具合。
スープは、結構油っこい。それは、ピリ辛ソーセージが入ってるから。


DSCF1546

サラダは、Organic Baby Greensで。
ブルーチーズのクランブル(Bleu D’Auvergne)、Candied Walnutsと一緒に、Lemon Dressingで和えてある。
はずれのない組み合わせだけど、個人的にはドレッシングがかなり多めだったかも。


DSCF1552

パスタメニューから、Linguineを。
Canadian Crabmeatに, サンドライドトマト、椎茸、とうもろこし、という面白い取り合わせ。

パスタはちゃんとアルデンテ。一口でいろんな味が楽しめる。
ただ、蟹肉のパスタって難しいね。人によって、あっさりオイル系・クリームソース系・トマトソース系と、好みが結構分かれるんじゃないか、と思うからね。


DSCF1551

今日のスペシャルメニューから、確かSeabass、だったっけ。(自信なし)
グリルした魚の下には、茄子ときのこのソテーを敷いて、上にはトマトのバルサミコ風味ソース。

いい組み合わせだったと思うけど、全体的に油勝ち。魚自体、思った以上に油が強くてね。
茄子も、もうちょっと歯応えが残ってても良かったかなー。
でも、塩・胡椒加減は悪くなかったよ。


DSCF1556

珍しく、デザートまでいっちゃった我々。
薦められたProfiterolesは、アイスをはさんで、チョコレートソースがたっぷりかかってる。

これはもう、見た目通りというか、うん、こおゆうものだよね、という予想範囲内。
アメリカンな味わいで、でもきちんと身支度整えて、みたいなね。


前に行ったビストロでご近所、ということで、ついついNick'sと比較してしまうのだけど。
トータルで考えれば、Nick'sの方が個人的に好みかな。
だけど、たびたび訪れやすい店は、と考えれば、こちらの店に軍配かも。

それは、普段着で来れる、普段着の料理の店、ということで。
いつふらっと訪れても、変わらないことに安心できる良さ。それは料理の内容や味であり、サービスやセッティングであり。そんな印象を持ったのだ。

や、これはランチ1回きりのお試しで、勝手に抱いた感想なので、夜はもう少しドレスアップした感じなのかもしれないんだけど。
でもそうしたところで、こちらの店だったら、カジュアルでもオシャレでも、それほど構わないでくれるんじゃないかなー、なんて。
地元で根付いて続くお店って、そんな要素が大事かと。

とは言っても、こちらは富裕な方々が多く住む市なので、もっとハイソなお店でも、不景気に関わらず、充分続いていくんだったりしてね。(ちょっと半目)


     DSCF1558

勘定書きに添えられたのは、チョコチップクッキー。こんなサービスも嬉しい甘党。
最後にもう一度、入り口の彼に挨拶。来年のハロウィンも門番できるといいね。


さて、この後は、美味しいコーヒーでも飲みたいですね。
やまばとさんお薦めのカフェへ、とまいりましょう。


Tapestry, a California Bistro
11 College Avenue
Los Gatos, CA 95050
[PR]
by senrufan | 2009-12-02 11:19 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12439311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆみたち at 2009-12-04 15:51 x
いや、お嬢の友達とお嬢は正しい!

Commented by マミィ at 2009-12-04 16:31 x
うちの14歳のマリオン、Twilightに夢中なご様子。夢中になっていると知れるのが恥ずかしいのか、口には出さないけれど。そっくりに作った主人公たちのフィギュア、あんなの売れているんでしょうかねー。(マリオンが実は密かに持っていたりして)

写真からは脂っこさは感じられず、全部美味しそうに見えますが。ただコーン入りのリングイネはちょっと(笑)

うん、行こう行こう、次はカフェへ。続きも楽しみであります。



Commented by ゆう at 2009-12-04 23:47 x
こんばんは、ゆうです♪
リンク、新たにして下さって、ありがとう~嬉しいです!!

↓のブログ友との出会いの緊張、よくわかります、以前に私も経験しましたよ~
もう~ドキドキで^^;

素朴なレストラン♪美味しそうなお料理♪いいなぁ~・・・
我が家は今日、記念日でしたのでワインでお祝いしましたよ♪
Commented by Miyuki at 2009-12-05 09:13 x
*ゆみたちさん
え、正しいの!? これって、しりあすロマンスじゃなかったのか!?
Commented by Miyuki at 2009-12-05 09:18 x
*マミィさん
なんと、海を渡ってマリオンちゃんのところまで波が! やはりティーンに人気なのですな。なのになぜ。なじぇ。お笑い扱い。
たぬきさんのひょうたん在庫にないですかね、これ。

コーンにひっかかりましたか~(笑) うん、確かに見た目はどれもおおっ!とわくわくしたのですけどね、具そのものの脂感がどーも。
はい、ローカル情報ばかりでいつもすみません~。
Commented by Miyuki at 2009-12-05 09:19 x
*ゆうさん
こちらこそ、早速の新ブログ、とても嬉しいです!
これからもどうぞよろしくお願いいたしますね~vv

そうそう、ほんとに緊張しちゃうんですよね~。でもやっぱりお会いできた時は嬉しくて。

お、なんの記念日でいらっしゃったのかしら? またまたおじゃませねば♪
Commented by Chico at 2009-12-07 16:36 x
Tapestryって、以前はMain St.にありましたがお引越ししたのですか?
同じ街に住んでいて、未だに行ったことが無いのです。お恥ずかしい。(笑)とにかく具沢山のスープに心惹かれます!
CAも寒くなってきましたよねぇ。どうぞご自愛くださいませ♪
Commented by Miyuki at 2009-12-08 11:19 x
*Chicoさん
うーん、どうなんでしょう、こちらはCollege Avenueとはいっても、Mainとの角みたいな感じなので、そのままなのかもしれませんね。
今週からぐっと冷え込んできましたね~。私みたいなナントカは風邪ひかないヤツは置いといて、Chicoさんこそどうぞのんびり充電して、お身体をいたわってくださいね~vv


<< その空間の空気ごと december・décemb... >>