「ほっ」と。キャンペーン

そこに足を運ぶ回数は

Armistice Day, 1918 (Belgium, France)
Remembrance Day (Canada)
St. Martin (Netherlands)
Independence Day (Poland)
Veterans' Day (U.S.A.)
Remembrance Sunday (U.K.)


お嬢がネットで見つけて、教えてくれた話なんですけど。

白黒柄が愛らしい、生きたぬいぐるみのような動物、パンダ
実は生殖能力がかなり低く、自力ではなかなか数が増えないらしいですね。

「絶滅危惧種っていうけど、結構自業自得なんだよねー」
なんて、さらっとヒドいこと言ってましたけど。(ダーウィニズム人間)
じゃあ、人工飼育のパンダだったら大丈夫か、というと、生活環境が良いせいで、かえって運動不足になり、余計に生殖能力が低下するんだとか。ううむ、いけません。


そこで、中国のパンダ繁殖研究センターで行われているのが、なんとパンダへの性教育
思春期に入ったパンダに、交尾しているパンダのビデオを見せるんだそうですよ。

お嬢がこの話で、現地校の友人達と盛り上がったそうなんですが。
とある女の子が言ったというセリフに吹きました。
「要はパンダ向けのポルノだよね!」


ぽるのネタ・ミッション、こんぷりーと。

* * * * *

【レストラン】

久しぶりに、ayuminさんと会うことになったので。
ちょうどまたpyonさんから、Rainbow Groceryのクーポンをもらったことだし(感謝)、またサンフランシスコ・ツアーにお誘いしたのだよ。
つか、お願いします、どうかご一緒してください。(平伏)

行きたいところをピックアップしたら、うん、うまく行けば、時間内に全部回れるかも。
天才ナビのayuminさんに大いに頼りながら、一挙に4軒の旅に出た。(オオゲサ)




最初にRainbowで買い物。天国のようなこの場所で、いつも気づけば2時間(愕然!)、とかやっちゃうので、今回はなけなしの理性を働かせて、なんとか短時間でおさめる。
そして向かうは、North BeachのLittle Itary。早めのランチといきましょう。


DSCF1513

大きな教会と、小さな公園。芝生の上でゆったりとくつろぐ人がちらほら見られるところ、そんな街角にあったカフェ。
リトル・イタリーらしく、各電柱には、イタリア国旗が巻かれてる。

こちら、ノースビーチでは、最も古いカフェの一つだそうで。
確かに建物は古めかしいし、内装も使い込まれたものばかり、という感じであるけれど、それが逆に温かさをよんでくれるのは、常連と思われるお客さん達の、落ち着いてくつろいでる様子から。

DSCF1509

メニューを見て、オーダーを考える。
サラダは絶対食べたいのだけど、こちらのサンドイッチもいただきたい。
ayuminさんと頼みたいサンドイッチが一致したので、それぞれ1つずつ頼んだら、ウェイターさんのお兄さんから、「シェアするの?」との確認が。
はい、と答えたら、運ばれてきたお皿には、サラダもサンドイッチも、それぞれ一人分ずつ分けて盛られてて。
ありがとう、という私達の言葉に、にっこりと笑ったお兄さんの笑顔が素敵です。(単純)


DSCF1507

頼んだサラダは、House Salad
サラダの中身は、ロメインレタス、トマト、赤玉ねぎ。それがバルサミコドレッシングで和えられて。
新鮮シャキシャキ生野菜、うん、まずこれを食べないと先に進めない。(うさぎ発言)

そしてイタリア系のお店のサンドイッチといえば、パンはアレがデフォルトでしょう。
Veggie Hot Focaccia Sandwichは、オープンスタイルでお目見えだ。

グリルされた茄子、赤ベルペッパー、玉ねぎが、とろけたスイスチーズから顔を出す。マリネラソースが、下地の味を作ってる。
柔らかすぎないフォカッチャが、具の多さに負けないで受けとめて、この値段でこの味、といたく満足。
エクストラの技はないけれど、それがこのカフェらしい、なんて、初訪問のくせに納得する。


     DSCF1511

所狭しと飾られた、古びた絵やポスター。イタリア由来のもの、と思わされる。
オーブンのそばには、山積みされたフォカッチャとイタリアワイン。そして国民的スポーツの、サッカーのユニフォーム。
カウンターの奥には、このカフェを立ち上げた、オーナーのマリオさんの古い写真。今は息子さん夫婦が仕切ってるんだって。

時間があれば、貼られている新聞記事などを、一つ一つ読みたかったところだけど。
残念ながら次の予定がおしていたので、心を残しながら店を出る。

こんな街角の、こんな大きさの、こんな雰囲気のカフェ。
くつろぎたい時に行く場所、としての小さなカフェを、もっと自分の中に増やせたらいい、と思う。

DSCF1512


Mario's Bohemian Cigar Store Cafe
566 Columbus Street
San Francisco, CA 94133
[PR]
by senrufan | 2009-11-11 09:45 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12315756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2009-11-13 15:16 x
いやはや、古き良き時代といったかんじで、写真を見ているだけで心が和みますわー。静かにゆっくりと流れる時間、常連たちのおしゃべりも時折心地良く聞こえてきそう!そこで仲良しとはふはふ美味しいfacacciaを頬張るとは、こりゃもうたまりませんなー。
Commented by すれっぢ at 2009-11-14 11:28 x
あたしゃなんたって、パンダのポルノ・・・と思ったら、あれま~こ~んな
すごいのが・・・危なくてリンク張れません。
Commented by じゅん at 2009-11-14 12:17 x
こんにちは、じゅんです♪
私のブログの過去記事を読んで下さり、嬉しいです・・・
でも、そんなに褒められると穴を掘らなくっては(笑)

パンダの性教育、笑いました♪お友達の感覚好きですぅ~^^
イタリアのカフェ♪皆さんくつろいでいますね~この雰囲気素敵!!
サンドイッチ、美味しそうですね♪いただきます~(笑)
Commented by senrufan at 2009-11-14 12:18
*マミィさん
古き良き時代、そうそう、そんなところでした♪ 結構人がいたのに、なぜか声や音が聞こえないんですよ。って、もしかして単に私がおしゃべりに夢中になっていたからか!(がぼーん)(オマエが騒音だ)
Commented by senrufan at 2009-11-14 12:19
*すれっぢさん
そーなんですよ!! こんな落とし穴があったこと、すっかり忘れてました……(涙) ソッコー削除しましたがな。もー、なんとかならないかなあ、このテのもの。
Commented by senrufan at 2009-11-14 12:21
*じゅんさん
こんにちは!
いえいえ、まだ全部拝見してないので、これから更に読み進めていくうちに、尊敬の気持ちが上積みされていくことと思います、えへvv

ね、正にーっ!って叫びたくなりますよね(笑)
サンドイッチ、美味しかったです~♪ 日本はどこでも食べ物が美味しくて嬉しいですが、サンドイッチとスープ、サラダは、アメリカの方が好きなんですよ。
Commented by ayumin_moo at 2009-11-15 13:07
今回もご一緒させていただきありがとうございました♪
1日に4件、頑張りましたね!しっかり時間配分してくださったMiyukiさんのおかげです。
このカフェ、時が止まったようで本当に素敵なカフェでした。
こんな場所で、コーヒーを飲みながら読書、なんていうのが似合う人になりたいものです。(笑)
オープンサンドも美味しかったですね!店員さんのさりげない気遣いもステキ。
リトルイタリー、また開拓したくなりました。
Commented by Miyuki at 2009-11-15 15:35 x
*ayuminさん
こちらこそ、ayuminさんのスーパーナビがなければ、レインボーだけで尻尾を巻いて帰っていたことでしょう。本当にありがとうございました~vv
ね、とても良いカフェでしたね。コーヒー片手に読書、うーん、それは理想です。横顔が素敵だったら尚更です。でもその読んでる本が、マンガ以外に考えられない時点で、私はすでに圏外です……
リトルイタリー、開拓したいですね~。そしてリトルサイゴンも、チャイナタウンも。またお付き合いくださいませ。


<< 色白で七難隠すため 持続可能な存在と (後) >>