試行錯誤の道行は (前)

Establishment of Independence (Czech Republic)
Ochi Day (Greece, Cyprus)


焼き物の市、瀬戸。
それに因んで、クイズです。

Q:陶器(とうき)と磁器(じき)の違いはなに?

答えは末尾にて。

* * * * *

【アクティビティ】

名古屋に加えて、尾張瀬戸。来訪にあたって、frogfreakさんから色々観光案内をいただきました。(大感謝)
博物館が充実してて、あちこち行きたいところいっぱいで。
面白いところだと、徳川美術館なんてのも。織田・豊臣・徳川が全員尾張出身だということに、ようやく気づいた無教養。

行きたいところは両手にいっぱい、しかし費やせる時間は約1日。
厳選した2箇所で奮闘です。

あ、もう何回となく繰り返しておりますが、以下は全くの個人的覚書なので、つまらないことウケアイ云々かんぬんいつもと同文。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

P1000942

まず初日に訪れたのは、尾張瀬戸駅から歩いて5分、瀬戸蔵ミュージアムというところ。
”せともの”という言葉の発祥地である瀬戸市における、やきものと、その生産の場の歴史をまとめた博物館です。

3階建ての建物の中、ミュージアムは2・3階。2階の受付でチケットを購入して、薄暗い内部へ、いざ潜入。


1. 尾張瀬戸駅・瀬戸電・集積所(荷造り場)

DSCF1324

生産された瀬戸物の輸送に使われた瀬戸電。実物客車1両の展示。中に入って遊べます。

     DSCF1325

玄関口となったのが、尾張瀬戸駅。


2. モロ(焼き物工場)と石炭窯

DSCF1328

DSCF1329

やきもの工場・陶房(モロ)は、一つのモーターを動力として、ろくろなどの幾つもの機械を動かすのが特徴とか。


3. せともの屋

DSCF1327

一瞬、従業員の寝所かと思いきや(だって洗濯物かと…)、当時のせともの屋の店先の再現だそうで。


4. 生産道具展示室

DSCF1331

DSCF1332

やきものを作る工程の説明と、道具の移り変わり。
採土 : 土をとる
 ↓
製土 : 山から掘り出した粘土や土を、やきものに使える土に加工
 ↓
成形4種
  ロクロ成形 : ロクロで形をつくる
  鋳込成形 : 泥と型で形をつくる
  プレス成形 : 粉末土と型で形をつくる
  タタラ成形 : 粘土板と型で形をつくる
 ↓
乾燥・素焼き
 ↓
施釉 : うわぐすり(釉薬)をかける
 ↓
装飾 : 模様をつける
 ↓
焼成 : 焼く


土や顔料、釉薬は、火で焼くことにより化学変化が起こり、はじめて「やきもの」と呼べるんですね。
焼成中の炎や空気の加減により、その仕上がりに大きな変化があるため、様々な焼き方が生まれて改良されてきたわけです。歴史あり。


5. 呈茶コーナー

DSCF1345

地元作家の抹茶茶碗の展示、及び、来館者が抹茶を楽しめる場所です。(有料)
こちらのすぐそばのお手洗いだけ、染付けの洗面所とトイレとなってました。(くすっ)

DSCF1346


その他、2階には、ギャラリー&特別展示室も。
若手陶芸作家の作品展示などが行われていましたよ。


次は3階→1階。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

冒頭クイズ、答えは↓の通りです。

b0059565_7403468.jpg


私は、はあぁ?という感じだったのに、お嬢は大正解。
いや別に、悔しくなんかありませんでしたよ、ええ、もちろん。(くっそおおぉぉぉ)

こんなことを勉強できる、瀬戸蔵のサイトはこちらにて。
[PR]
by senrufan | 2009-10-28 07:41 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12228089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2009-10-30 16:03 x
面白かったしまたもや勉強になりました、瀬戸蔵ミュージアムのレポート!陶器と磁器の違い・・・なるほどねー。知らなかったことばかりで、これでは自称「瀬戸物好き」とは言えないなぁと恥ずかしくなりましたわ。
Commented by Miyuki at 2009-10-31 09:03 x
*マミィさん
こんなつまらない記録にまでコメントありがとうございます~。
私なんぞもっと情けなくて、瀬戸物とは焼き物の総称かと思ってたんですよ……死んでこい、ってなもんですな。(ああああ)
Commented by すれっぢ at 2009-10-31 22:19 x
洗面ボウルはいいな~ですが、トイレは・・・・(笑)そこまで模様入れるか
って感じで。陶器と磁気、いいお勉強になりました。世界のノリタケも名古屋ですしね~。

あ、一つ間違い発見。徳川さんは三河の出身です。他の地の人にしたら
三河も尾張も一緒なんですが、名古屋の人と岡崎の人はそこら辺を混同するとムキになって違いを説明されます。(笑)
Commented by Miyuki at 2009-11-01 11:43 x
*すれっぢさん
トイレね、確かに「だからなに?」って感じかも(笑) 実はこの翌日、ノリタケミュージアムにも行ってきたんですよ~。面白かったです!

おお、そうでした、三河のたぬき親父だったんだ! さっすがすれっぢさん♪ 三河は今は岡崎という名なんですねえ。それにしてもすごい土地だ~。


<< 試行錯誤の道行は (後) 出会いは異なもの・味なもの >>