当然という言葉は程遠く

Kenyatta Day (Kenya)


「劣等感をもつのは、自分がそれを承知するからだ」
                  ----- エレノア・ルーズヴェルト


お嬢の高校で、自殺者が2人出たところまでは書きましたが。
先日、とうとう4人目が出てしまいました。
場所は全て、同じ踏切です。


色々言いたいことが山のようにあるのですが。
一体どう表現したらいいのか、今はまだまとめられないままなのです。

* * * * *

【旅行】

大使館での面接、無事終了。
旦那はそこから柴刈りに仕事に、私達はとあるイベントに。右と左にお別れだ。

目指したのは、代々木公園。
オリンピックの東京招致でがんばってるけど、ここは昔の東京オリンピック開催場所だったんだよー、なんてお嬢に話しながら駅から出れば、おや、なんだか交通整理の最中。
なにかと思えば、正にその東京招致に向けての、応援パレードが行われるとこだった。
赤シャツを着たスタッフの人達が、歩行者整理でがんばってた。

人ごみを抜けて目指した場所は、代々木公園のけやき並木。
アースデイマーケット、と名づけられた、東京朝市が開かれてるのだよ。




P1000907

暑い中、延々と歩いたので、まずは入り口にあったカキ氷で一服。
うーん、日本の氷とシロップだ。丸いボール型じゃないんだね。(当たり前のことに感動)


P1000896

楽しみにしていた一軒、tsunagaru-tsunagaruさん
野菜で作ったパスタやスイーツを売っていらっしゃる。
試食も沢山させていただいた後、買ったのはべじジャムから、加茂とまと・冬瓜・抹茶ミルク。友達のお土産分も。
路地物の京野菜使用で、無添加、というのがありがたい。


P1000898

すごく欲しかった酒粕を買えたのが、寺田本家さん
こちらの酒粕・「にぎり酒」は、マクロビやベジィな皆様の間で大人気の商品。
帰ったら、これで天然酵母パンやお菓子を作りたい。


P1000900

教祖さまの力は国際的。うちの地元にもあるよ、のLoving Hut
カレーまんと野菜まんが売ってたのだけど、お嬢希望のカレーまんがちょうど品切れで、「あと2分待って下さい」と言われたの。他のお客さんも、カレー希望が多かったようで、いつの間にやら結構な列ができていた。
ほかほかの蒸し立てカレーまんは、薄めで優しいお味付け。


P1000903

私はどこかでマクロビランチ、と思っていたのだけど、着いたのがお昼だったので、すでにあちこち売り切れ状態。
マクロビやヴィーガンスイーツを買って我慢、我慢。(でもんまいっ)


P1000905

自宅だったら、野菜類を買うのになあ。せっかくのオーガニック日本野菜の山なのに、と指くわえ。
雑穀や豆類は大丈夫なので、あれとこれと、それも買っていく。


P1000902

地元だったらHempだろうけど、日本だから竹の衣類。
ストールが軽くて、手触りナイス。靴下やTシャツも良い感じ。


P1000904

同じ竹でも、こちらは竹細工製品の方。楽器やスピーカーが迫力だ。


普段行き慣れてる、地元でのファーマーズマーケット。空の色や空気こそ違うけど、東京でも、あのオープンな雰囲気は一緒だね。
と思ったので、いつものようにがんがん平気で話しかけちゃったら、意外とお店の人の方がヒイてる気配があったりして、ちと反省。
いかんな、ここは日本だったのだな。つか、オノレがアメリカ化してきたんだったらどうしよう。(半開き目)

日本行きが10月だったら、東京ベジフェスティバルにぜひ行きたかったとこだけど。
それは、るしあママさんや皆さんのブログで楽しませていただくとして、このマーケットが、ちょうど私達の都合の良い日と場所での開催だったのは、とても幸運であったこと。


さえぎるもののない場所で、育てられた命を手にすること。育てた人と言葉を交わすこと。
それが実は、どれほど貴重で価値のあることなのか、子供達に知ってもらえたら。

衣・食・住という存在が、ぎゅっ、と凝縮されたこんな場所に来ると、そんなことを考えてしまうのだ。


P1000895

東京朝市 アースデイマーケット
[PR]
by senrufan | 2009-10-20 12:17 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/12179784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by frogfreak at 2009-10-23 11:18 x
流石、東京は面白い催しものがありますね。ははは、お店の人にひかれちゃったの、わかります~。私も知らない人に話しかけたりして、引かれてます。或いは日本ではこれを単純に”オバさん化”というのかもしれない。
そうですかぁ、4人目が。。。なんだかすっかり連鎖反応。赤信号、みんなで渡れば・・感覚で、自殺が怖くなくなってしまっているようですね。何とか断ち切りたいですね。
Commented by Miyuki at 2009-10-23 14:27 x
*Frogfreakさん
わかってもらえる?(笑) そーそー、オバサンなの! 傍若無人に話しかけるわ、サンプルどんどんねだっちゃうわで、いやいやお恥ずかしい。
自殺した子だけじゃなく、この踏み切りで何人もが自殺未遂してるんだよね。幸い警察や近所の人の見回りのおかげで止められたけど。同じ場所で、誰かと同じように、と願うなら、生きていてこそ一緒にできることがあるのに、と思っちゃうの……
Commented by Rogi at 2009-10-24 03:40 x
実は代々木は実家から約15分の距離なのに、こんな楽しそうな市があるなんて全然知らなかった!今度帰国の折にはぜひ行って私もオバサンパワーを炸裂させてこようと思います!いつも情報有難う♪Miyukiさんのおかげで私はいつも新たな場所に目を向けさせてもらってます。
高校生の自殺のことは、同じ年頃の子を持つ親として考えさせられますね。ティーンの子達には自分が今居る世界は小っちゃい箱の中、外には別の価値観も可能性もあるってことを知ってもらいたいなと思います。
Commented by chiblits at 2009-10-24 05:04 x
夕べニュースを見ました。 今年に入ってから14人目の自殺と言っていましたね。 娘の時も一人希望校に入れなかった女の子が自殺しました。 家族は子供の悩みに気がつかないものなのでしょうか。 自分では分かっているつもりでも心の奥の底まで見せてくれないものなのでしょうか。 多感な時期を何もなく無事に終わりましたが、自分の子供達のことが全部分かっていたのか自信がありません。 思い出すとかなり自分の気持と反対のことを子供に言っていました。 今でも。 大丈夫とも思わないのに、「大丈夫大丈夫、貴方なら絶対大丈夫」とか。 今でも自分の気持と反対を言うことが多いです。 本当の気持を伝えたい時はタイミングと言葉を一生懸命選びます。 子供には親の言葉が大きいですね。 でも夫にはいつもそのままです。
Commented by Miyuki at 2009-10-24 10:40 x
*Rogiさん
日本でどこに行っても、「Rogiさん達が一緒だったらもっと楽しいのにね~」なんて言い合ってた私達です、えへ。こっちのファーマーズマーケットもいいけど、日本の青空市もすごく楽しいよ! 日程が合えば行ってみて~♪
ほんとにその通りで、まだまだ視野の狭い彼らは、それが見えないんだよね。言葉で説明するより、彼ら自身が月日を重ねていけばわかることなのだけど……ほんとに難しくてやり切れませんね。
Commented by Miyuki at 2009-10-24 10:46 x
*chiblitsさん
そうなんです、そのうちの4人までがここの高校なのです。
chiblitsさんのような大先輩からのお話は、とても貴重でありがたいことです。自分がちょうど真っ最中なので、このような話が入ってくるたび、自問自答を繰り返すのですが、何が正解なのかわからないままで。自分の気持ちを隠しても、その時にお嬢さま達が必要とされていた言葉をかけていらっしゃったからこそ、今のchiblitsさんご一家があられるのだと思います! 親が与える言葉の大きさを感じては、こんな未熟者の言動に左右されてしまう娘に申し訳なく、また重圧も感じてしまいます……ほんとに、旦那相手はなんて楽なんでしょうか!


<< 食の養生は仁術の 旅路でまとう香りとは >>