「ほっ」と。キャンペーン

外でもできる役がある

Independence Day (Brazil)
Labour Day (Canada, U.S.A.)
Labour Day (Puerto Rico)


5日の土曜は、お嬢の誕生日でございました。

当年とって15歳。花も恥らうお年頃。(うっぷ)
お友達とカラオケに行った後は、お母さん達も交えての夜ご飯。
かわいいギフトや、素敵なブーケをもらっちゃって、全く幸せモンだったらありゃしません。

夕食は、和食レストランで座敷を借りて、だったんですが。
閉店ぎりぎりまでいた挙句、その後も店の前に延々たむろして、気がついたらそこで1時間半ぐらいはダベってました。(驚愕)

そこで思ったのですが、お嬢達は確かに私達の子供であるんですが、15歳ともなると、話し相手としても相当楽しい存在なのですよね。
勿論、子供の性格次第ですし、そうでなければいけないことは全然ないのですけれど。

それでもやはり、こんな娘達がいてくれて、しみじみ嬉しいなあ、と思うわけで。
加えて、子供同士もお母さん同士も友達になれて、幸せだなあ、と噛み締めて。



毎年繰り返しているけれど。

ここに生まれてきてくれて、ありがとう。

* * * * *

【レストラン】

P1000744

ベジレストランで探すと、良く見つかるのが中華とインド系。さすがお国柄。
が、両方ともベジィな分、油を多めに使うので、油に弱い私はあまり足を運べない。(軟弱モン)

しかしこのお店は、ビルマ&中華料理となっていて。
ビルマ料理は試したことがないし、中華オンリーでないのも嬉しいし。評判もよろしいようなので。
サンフランシスコのとあるイベントに行く際に、こちらに寄ってみるべーか、と家族でお出かけしたんだよ。




と、選んで目指したくせに、相変わらず下調べ無しな上、ビルマ料理についての知識もなし。(すでに開き直り)
唯一の自分内接点は、「ビルマの竪琴」を読んだことと(水島ー!)、現在のミャンマー政権云々のニュースぐらい。
このお店がいまだビルマと名乗っているのは、何か理由があるのかな。現政権を認めない意思の表れ、とか。

DSCF1132

またまた、こんなところにもダウンタウン?という感じの通りで、中国を中心に、アジア系のお店が集まってるところ。
ブッダの笑顔が目印のこちらは、内装も中国というよりは、タイやラオス寄りの雰囲気。

メニューを見たら、ビルマと中華が混在してる。可愛らしいウェイトレスのお姉さんに、お薦めメニューを聞いたみたら。
なんでも以前、こちらのTVで紹介されたことがあったそうで、以来、そのメニューを目当てにいらっしゃるお客さんが多いと。
じゃあ、私達もそれでいってみよう。スープとサラダを1品ずつ。あとは旦那が肉メニューを。


     DSCF1117

東南アジア系やベジレストランで、お嬢が喜ぶのは、ココナッツジュースが飲めること。
私も、以前はそれほど好きではなかったのだけど、ローフードを知って、フレッシュなココナッツミルクの美味しさに驚いて以来、前より積極的になっている。
グローサリーで売っているココナッツの実を見るたび、すっごく欲しいんだけどね。あれを割れる道具がうちにないからなあ……いっそ斧でも買おうかな。(ジェイソン)(あ、シャイニング?)

なので、外でフレッシュなものが飲めるチャンスは逃せない。お嬢がオーダーしたココナッツジュースにバンザイだ。
加工されてない生のココナッツウォーターは、あの独特のクセもずっと穏やかで、身体にすーっと浸透するんだよ。


     DSCF1129

そしてまず運ばれてきたのは、薦められたFeaturing menuの1つ、Vegetarian Samusa Soup。なぜSamosaじゃないのか、は聞き忘れ。
サモサといえば、インドなどで良く見るアレだけど。その具を大きめにして、皮は揚げて、両方ともカレー味のスープの中に入れたもの。

これは美味しくて、肉食旦那も気に入って。揚げてある皮が、スープの中でとろりとして、でも口に入れればクリスピーな食感も。
じゃがいもやにんじんなどの具も、適度な歯応えを残していて、マイルドな辛さとまろやかなコクのスープも良い。


DSCF1120

もう1つのお薦めメニューは、Tea Leaf Saladであるんだな。
まずは具がバラバラの状態で運ばれてきて、お兄さんが1つ1つ具の名前を数え上げ。
レタスにトマト、ベルペッパー、白胡麻、ひまわりの種、ピーナッツ、揚げたガーリックなどの具の上にのった黒いものは、発酵させた茶葉にオイルを混ぜたドレッシング。
そしてお兄さん、その場で一気にミックス、ミックス。

b0059565_12482320.jpg
b0059565_1248342.jpg

出来上がったサラダを口に運べば、うん、フレッシュで美味しいね。
野菜のしゃきしゃき感と、ナッツ類のカリカリ感と、いろんな味と食感が楽しめるのが、ナッツ入りサラダの良いところで。ドレッシングも主張しすぎず適量で、これなら私も大丈夫。
ただ、でしゃばらないということは、それだけ茶葉の味がわからなかったということでもあり。できたら、茶葉だけでちょっと味見してみたかった。


DSCF1130

旦那が頼んだ肉メニューは、Sesame Chicken。中華メニューではとても普通。
鶏の胸肉をスライスして、ちょっと甘酸っぱいソースを絡めてある。上から白胡麻がぱらぱらと。
決して悪くないお味だけど、絶品かと言われればそうでもない。常道メニューを常道で。

ちなみに私は、チキンは一切れしかとらなかった分、オレンジを全てガメたんだ。(自慢するところ)
一緒に頼んだココナッツライスは、うまうまといただいた。

     DSCF1134

食べ終わって満足して、はぁ~、とクラゲになっていたら、お姉さんが飲み終わったココナッツを指して、「中身も食べますか?」と聞いてくれたので。思わず、ぶんぶん、と音がしそうなぐらいに頷いた。
しばらくしてから、上を切ったココナッツを持ってきてくれたんだ。
スプーンで果肉をほじくりながら、ぱくぱくと口に運び続けたことは言うまでもない。(幸)


人気店らしく、週末のお昼であっても、店は満員御礼状態。外で待ってる人もいる。
だからそれなりに騒がしいのだけど、そんなカジュアルが似合う店と料理だから気にしない。

インド、タイ、中国、ラオスと隣り合わせの国なので、それぞれに影響を与え合って、それぞれの料理の特徴を分かち合う。
実際のビルマ国内ではどんな料理か、ビルマならではの特徴は、というのはわからないけれど、アジア人の私達にはとても馴染みやすく、美味しく感じられる味であることは間違いなく。
たとえ伝統的でなかったとしても、ビルマという国と文化に興味を抱かせるだけのものであれば、国外で開かれたレストランとしては、立派な親善大使の役を果たした、ということになるんだろう。

今度は別なビルマ料理と、できたらデザートも試したい。

b0059565_12513959.jpg
Burma Superstar
309 Clement Street
San Francisco, CA 94118
[PR]
by senrufan | 2009-09-07 12:37 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11898002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆみたち at 2009-09-09 13:57 x
お嬢、おめでとうございます。
うるうるね。
Tea Leaf Saladは、Ton Kiangの点心でいただきましたが、丼一杯食べたいくらいおいしかった。
ビルマ料理だったのね。
ところで、私の伯父は、ビルマで戦病死しました。
遠くて近くてやっぱり遠い国です。

Commented by マミィ at 2009-09-09 14:39 x
お嬢さんのお誕生日おめでとうございました。15歳ですかー。そうか、うちのマリオンより一つお姉さんなんですね。マリオンの未熟さを実感させられますわー。(顔だけは大人びているんですけどねー)

ビルマと聞くと私も「ビルマの竪琴」とピキーンと来ましたねー。でもどんな内容だったかは皆目覚えていないという記憶力の悪さ。
このお店、アット・ホームなかんじでいいですね。ココナッツの中身まで食べさせてくれるのには惹かれるなー。
Commented by mifamilia at 2009-09-09 15:36
お嬢さんのお誕生日おめでとうございます♪

生のココナッツジュース、こんなふうに丸ごと飲める場所があるなんて幸せですね。 写真をみながら、いいな~と思わずつぶやいてしまいました。^^ ロークッキーの中にはココナッツの癖が気になって食べずらいときがあるのですが、新鮮な生ジュースだと、また風味が違うのかな~とずっと確かめたいと思っていたのですが、なんだかとてもおいしそうですね。一度でいいから生のフレッシュなココナッツジュース飲んでみたいものです。 どんな味だろう~と想像をはりめぐらしています。
Commented by kNachu at 2009-09-10 04:41
お嬢様、お誕生日おめでとうございます。本当にお友達のような間柄で素敵ですね。我が家の娘達は、まだまだ子供っぽい!私も子供っぽいので丁度いいのかもしれません。SFもまだまだ色々なお店があったのですね。多分ここの前を何度も通っていたかもしれませんが入った事はありませんでした。どうでもいいのですが、ココナッツを見て昔、日本の大島でココナッツで出来たお面を売っていたのを思い出しました。サラダが美味しそう。そうそうフレスカはヴェジタリアンにとっては選択肢は少ないですが、私はいつもランチに行き、いつも同じ物しか食べませんでした。向かいにあるRotiというインド料理店はオーガニックだし、ヴェジタリアンにもお薦めです。
Commented by Miyuki at 2009-09-10 11:25 x
*ゆみたちさん
ありがとうございます~、はい、うるうるです。
え、点心で食べられるの!? それはぜひトライしたいなあ。
うん、ビルマと聞くと、どうしてもそちらに結びつくのよね。遠くて近くて……相変わらず、ゆみさんの言葉にはぐっときます。
Commented by Miyuki at 2009-09-10 11:28 x
*マミィさん
ありがとうございます! いやいや、うちのお嬢もまだまだ青いっすよ。背は低いままとまってしまったようなので(涙)、これからは全てを内面を磨く努力に費やしていただきたいものでございます。

「ビルマの竪琴」、私もうろ覚えもいいとこなので、この週末にでも読み返そうかと。大人になってから読むと、どんな感想になりますかねえ。
そうそう、アットホーム、それですね! ココナッツ、んまいですvv
Commented by Miyuki at 2009-09-10 11:31 x
*るしあママさん
ありがとうございます~♪

いいですよー、生ココナッツ。私もココナッツは少ししか食べられないと思っていたのですが、いやあ、ローなココナッツは全然違いますね! Raw Coconut Butterも絶品です。ただ残念なのは、こうやってココナッツの実はあちこちで売られているのですが、買うことができないことでございます~(涙)
Commented by Miyuki at 2009-09-10 11:35 x
*Nachuさん
ありがとうございます! いえいえ、むしろお嬢様2人というのがうらやましいです。いつか2人の親友ができますよ~♪ ココナッツのお面ですか!? 実も汁もいただいて、さらに殻まで利用とは、正に一物全体(違) フレスカの向かい、あ、あの店だ! 行った時に、なんかあの店良さそう、と思ったんですよ~。Nachuさんにまたまた教わりました、いつも本当にありがとうございますvv
Commented by まきりん♪ at 2009-09-10 14:33 x
お嬢さんのお誕生日おめでとうございました。

いい話し相手に育ってくれたのは、ご本人の性質ももちろんあるでしょうけれど、親御さんとの関係性の良さあってこそだと思います。親御さんとしてはこんなに成長してくれて育てた甲斐があるというものですね。

ココナッツの中味はバブルティーに入っていて好物です~
お料理に用いてもまろやかな風味が出ておいしいでしょうね。
Commented by nikkeilife at 2009-09-11 09:07
遅れましたが、お嬢さんのお誕生日おめでとうございます!15歳ってまだ幼さが抜けてなく、でも大人びてくる微妙な年頃ですよね。まして学校などで色々な事件があり、ここ一年大変でしたね。でも話し相手として楽しい存在でいるなんて素敵です。お嬢さんも、Miyukiさんも。又今年もお嬢さんにとって良いお年でありますように。

ビルマ料理、美味しそうです。そうそう、こういう料理って中華と一緒の所が多いですよね。タイ料理もそう。ココナッツジュース、飲んだ後実も食べられるんですか!お茶の葉って食べても身体に良いんですよね。前どこかで読んだんですが、未だに食べてません。Sesame Chickenが某中華ファストフードレストランのオレンジチキンに似てるんですが。(笑)よーし、今週末ビルマ料理のレストラン探してみます!
Commented by ヒカル at 2009-09-11 09:11 x
おめでとうございます!!なんかいつもながら素敵な母娘です。ええなあ。

さて、ベジだと油がよく使われる傾向にありますよね。わかります!!日本でも、
下手に(マクロビ以外で)ベジにしようと思うと脂っこくなるか、砂糖が沢山入って
しまうんですよね。

私も油&砂糖がとうとう苦手になったのでなかなかレストラン選びには苦慮します。
結果、京都の和食が一番外食では自分にしっくりくることがわかってきました。
でも、そちらでならローフードレストランに行きそうだなあ。いいなあ、沢山あって!

しかし、油&砂糖、4年前までは大好物だったのに、今では夫婦で食べた後のこと
を考えるとめっちゃめちゃ躊躇してしまいます。食べた瞬間は本当に美味しいのです
が、後味と胃腸の調子が数日優れません。不思議ですっ

Miyukiさんもお母さん業15年、おめでとうございます(^^♪
Commented by Miyuki at 2009-09-11 14:30 x
*まきりんさん
ありがとうございます。
ええ、よくぞここまで成長してくれました、とうるうるしたいとこなんですが、相変わらずちっちゃいんで、ついゲンコツでぐりぐり、になっちゃうんですよね~(笑)

そだそだ、そちらだとバブルティーって言うんですよね。こちらではパールティーなんですよ。同じアジアでも、ココナッツの扱いが日本よりずっと高いあちらの国々。
Commented by Miyuki at 2009-09-11 14:35 x
*アヤコさん
ありがとうございまーす! そう、高校に入って色々ありました。実は先日もまた一人自殺者が出まして……そんな中、元気で笑顔を見せてくれていることが、ますます大切に感じたりもします。おっしゃる通り、外見こそ大人びてくるものの、中身はまだまだ青いんですよね。ほんとに、良い一年を過ごしてほしいです。

ここのレストラン、調べたらシェフは中国の人みたいです。だから余計になんでしょうね。私も茶葉って、せいぜいお菓子に使うぐらいなのですけど、料理にも使ってみたくなりました♪ そう、オレンジチキン! もしくはレモンチキン! 米国中華の定番ですよね~。アヤコさんのロス情報、とても楽しみにしておりますぞvv
Commented by Miyuki at 2009-09-11 14:39 x
*ヒカルさん
ありがとうございます~! や、実はそう思ってるのは母だけだったらどうしよう(不安)

京都の和食、うわあ、その響きだけでうっとりです~。おととし京都に行ったのですが、おばんざいの美味しかったことったら。身体に優しい味ですよね~。こちらのローフードも良いですぞ。日本も少しずつ増えてきてるようですね♪

そうなんですよね、私も油も砂糖も、その時は美味しく感じても、あとでクるものがあるので、つい食べるのをためらってしまって。それと私の場合、砂糖はまだまだやめられないので、たまに食べるとガガーッ!と過食衝動が起きちゃうんですよ~(涙) なので食べる時は、これでいいんだ、と自分に言い聞かせて食べてます。だったら食べるなよ自分。

うわ、素敵な一言、嬉しいです~~(じ~~ん)


<< 的を見据える眼差しは Bon appetit! >>