進化は共存のアナグラム (4)

Anniversary of the Slovak National Uprising (Slovak Republic)

* * * * *

【アクティビティ】

California Academy of Scienceの旅、最終回。(ぜーぜー)
蒸し蒸しとした環境から、再びカリフォルニア気候に戻ったなら。
その爽やかな空気を満喫する為に、今度は屋上へとまいります。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

11. The Living Roof

P1000715

屋上へと上がってみれば、そこに広がっているのは、原っぱとガラスの織り成す風景です。

7つの波が立つ形に設計された、2.5エーカー(約1ヘクタール)という広さの屋上。
カリフォルニア在来種の野草が生え育った屋根は、環境対策建築物としての気を大いに吐いています。
この博物館を設計した建築家、Renzo Riano氏は、この屋根上の丘が、”City of Seven Hills”として、サンフランシスコの名物になることを願ったそうです。

P1000720

中でも大きな2つの丘は、プラネタリウムと熱帯雨林のドーム2つの屋根。
換気だけでなく、ビル内の熱せられた空気を外に逃がし、ヒートアイランド化を抑制する効果が。

また、植物が二酸化炭素を酸素に変え、雨水流出を防ぎ、冷暖房に要するエネルギーを抑えます。
断熱効果に優れた緑の屋根のおかげで、ビルの屋内は、通常の屋根の建物より5~6℃低いそうです。

関係ないけど、この丘を初めて見た時に、思わず「……王蟲」と思ったのはアタシだけですか。

P1000718


12. Others

チケット
入場チケットは、大人・子供・シニアなど幾つかありますが。数回通うであろう方は、特にご家族そろっての場合は、いっそメンバーになられるのはいかがでしょう。
なんせ、大人一人$24.95のCAS。4人家族だと、1回で$80ぐらいかかってしまいます……

IndividualやFamilyなど、幾つか選択肢がありますが、たとえばファミリーの$159なら、4人家族で2回来れば元がとれる計算ですな。


無料開放日
毎月第3水曜が、入場無料の日です。
が、平日の有料の日でもこれぐらいの混み具合なので、無料日は一体どんなものか(ぶるぶる)
また、サンフランシスコ市在住の方には、ZIPコード別に無料の日があるそうですよ。

来館するのに、自転車かMUNIバスを利用すれば、$3引きになるという特典も。
MUNIの場合は、Transfer ticketを見せればいいのですが、自転車の場合は自己申告制で、証明はヘルメットを見せるとか、バックパックに付けた点滅ライトを見せるなど、交渉次第とか。


ツアー
他にも、見所色々のCAS。より詳しく知りたい方は、ツアーに参加されるのも一興です。
現在のところ、以下の3種類のツアーを提供中。

Platinum Behind-the-Scenes Tour
NightLife VIP Tour
Multimedia Audio-Visual Tour(日本語あり)


NightLife
10月末までのプログラムで、木曜の夜6~10時まで。
これは、21歳以上の大人のみが対象。だって、お酒や音楽を楽しみながら、というプログラムだそうなので。


Dining&Shopping
食事ができるところは4箇所。残念ながら、今回はどこも利用しておりませぬが。

Academy Café
カジュアルなファストフード的なカフェですが、サンフランシスコの人気ベトナムレストラン、The Slanted Doorの系列で、アジア系の軽食が多いとか。

P1000670

カフェから運ばれたサンドイッチやホットドッグなどは、館内のPiazzaとEast Gardenでも購入可能。

P1000664

Moss Room
オーガニックで旬の地元食材を。そんなポリシーのこちらは、カリフォルニア&地中海系のレストラン。

Academy Store
こおゆう、博物館や美術館内のお店は大好きです。
見学した後だと、ついつい本類を買いたくなってしまうので、危険ゾーンでもあるんですけどね。

P1000721


駐車場
Golden Gate Park内で、4時間まで無料路上駐車が可能です。
しかし、かなり遠方でないとスペースが見つからなかったりしますし、これだけ内容が濃い博物館では、4時間では足りず、一旦駐車し直さなくてはいけない場合もあるようで。
有料になりますが、地下に駐車場があるので、そちらに停めるのもよろしいかと。但し、こちらもかなり混みます。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

駆け足でしたが、とても楽しい半日でございました。
お嬢がもっと小さければ、メンバーになって通うのですけど、もうそんな年齢じゃない&そういう趣味じゃないのですな、我が娘。(遠い目)

他にも、とても紹介しきれないほど、沢山のものが目白押し。
その分、専門(?)の水族館などに比べると、”広く浅く”の印象がぬぐえない、というのもあります。

しかし、子供たちに科学や自然への興味をうながすという意味では、とても良い博物館の一つ。
それも、環境というファクターをはずしては何も成し得ない現在、建物も展示もひっくるめて、我々に提供してくれる物は大変に大きくて。

カリフォルニアという土地だからこそ、これだけの内容のものが出来上がったのだ、と思うと、ここに居られる幸せをじんわりと感じずにはいられないのです。

     P1000722


California Academy of Science
55 Music Concourse Drive
Golden Gate Park
San Francisco, CA 94118
[PR]
by senrufan | 2009-08-29 13:57 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11837372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nikkeilife at 2009-09-01 07:15
面白そうな所ですね~。Miyukiさんご一家でお出かけしたのがまた微笑ましいです。詳しいご案内有難うございます。機会あったら訪れたいと思っています。蝶が放し飼いのパビリオン、素敵ですね。ロスの博物館でもやってたんですが、入場料の他追加料金が結構高くついていたので見れずに終わってしまいました。(泣)ぜひ、ここでリベンジしてみます!(笑)
Commented by Miyuki at 2009-09-02 11:50 x
*アヤコさん
あはは、そですね、家族でお出かけって意外とないんですよウチの場合。
ロスでもやってたですか! こちらは追加料金はありませんので、どうぞ安心してお出かけください(笑) 私も今度行く時には、蝶にとまってもらえるよう、華やかな花柄のシャツでも着ていこうかと思っております。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-09-02 13:31
力作4部作、じっくり堪能させていただきました。このままCalifornia Academy of Scienceの日本語ガイドブックにしてー!というくらい酢晴らしブログ。Miyukiさんの写真って大好きで、特に水族館の2枚目の写真の魚たちがカラフルでいいですね。海中トンネルの光の差し具合も神秘的。オウム。あれからオウムを連想できなければ日本人じゃありません(笑)他の建物内より5~6℃低いってすごいです。

私も、並ばず払わず堪能ー♪と喜んでいたら、すっかり魅了された夫がどうしても行きたいと言い出しております。さて、、平日会社を休んでもらうか。
Commented by senrufan at 2009-09-02 14:31
*shinaさん
憧れブロガーのshinaさんにそう言っていただけて、もう思い残すことはありません。(と、ベランダの手すりから身を乗り出す)
いえいえ、実際の水槽は、もっとずっときれいなんですよ~。ぜひここは、shinaさん旦那様に撮っていただきたい! オウム、わーい、賛同してくださって嬉しい♪ あのオウムのおかげで内部が快適って、正に腐海の深部のようですよね(笑)

こんなショボ日記で満足してちゃいけません、いけません。メンバーになるほどではなくとも、1日は絶対楽しめるところなので、良かったら行かれてみてくださいねvv


<< 応用という名の適応形 進化は共存のアナグラム (3) >>