進化は共存のアナグラム (3)

日本では、いよいよ選挙ですね。

以前に読んだ本の中で、こんなことが書いてあったのですよ。
「日本にある『非常出口』という標識は、右から読むと『口出常非』である。これは中国語として考えると、『口から言うものは、本音と違って常に「非」である』ということなのだそうだ」

つまり、日本人が口に出す言葉と、実際に取る行動は別だ、ということになり。
それが選挙の投票なんていう場合だと、ますますそれらしいことになるよなあ、なんて。

はてさて、結果はどうなりますやら。

* * * * *

【アクティビティ】

California Academy of Scienceの旅。
水中から顔を出せば、今度は蒸し蒸しと暑い熱帯雨林。
でも本物のように鬱蒼と茂った森ではなく、ガラス張りの大きなドームの中は、光と色に溢れておりました。





*-*-*-*-*-*-*-*-*

10. Rainforest of the World

     P1000661

プラネタリウムドームと同じくらいの大きさの、丸天井のドーム。
直径は90フィート(約27.5m)、高さは建物で言えば、4階建てに相当します。
内部は、気温82~85°F(約28~30℃)・湿度75%程度に保たれ、時々蒸気を噴出するシステムを用いて、実際に近い環境を作り上げています。

そしてやはりプラネタリウムのように、一時に入る人数を制限していたので、列に並んで少しずつ前進していく、という形の待ち時間がありまして。が、ドームがガラス張りである為、中にいる人達の様子が良く見えて、退屈はしませんぞ。
少しずつ昇っていくらせん状の通路から、内部の巨大な植物類の間を飛び回る、何やらカラフルな点々が見えるのです。
それはね、なんとこの人工の熱帯雨林の中では、蝶が放し飼いになっているから、なんですね。

P1000689

あちこちに植えられた草花にとまっては、おいしそうにお食事タイム。もちろん、とまってる花々は、熱帯に息づく植物達。
運が良ければ、肩や手にとまってくれる場合もあり。
私も、隣を歩いてたおじさまにとまったのを見て、何回も指を出してみたりしましたが、私のところには来てくれませんでした……あれは雌の蝶だったに違いありません。(すっぱいブドウ)

P1000702

こちら、エレベーターもあるのですが、乗る際には、身体に蝶がとまってないかを確認してから、という注意書きがありました。持ち出し禁止・戸外禁止。

     P1000693


もちろん、蝶だけではありません。
ボルネオ、マダガスカル、コスタリカ、アマゾン川流域といったところに生息する、様々な動植物の展示も充実。

まず、入り口を入ったところでは、コウモリのケース。声を潜めて、暗い中をうかがいます。
それから、世界最大の花のラフレシアや食虫花なども。

     P1000677

枯れ枝そっくりの擬態ヘビとか、ひょうきん丸出しのカメレオンとか。
タランチュラはお約束だったし。特大アリの巣もあったし。

P1000687

     P1000688

ちなみにドームの下は、Flooded Forest
水族館部の海中トンネルを見下ろすことができます。

P1000681


ドームを出て、空中通路を歩けば、こんな景色が見られます。

P1000656

P1000654

上から見た玄関口。この時、すでにお昼を過ぎていたのに、外にはまだ行列が続いてます。
正面に見える建物は、de Young Museum。

P1000658
[PR]
by senrufan | 2009-08-28 11:27 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11829797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ヒカル at 2009-08-30 19:30 x
蝶が放し飼い!なーんて魅惑的な空間なんでしょうか!!ひらひら飛んでいる様を見てみたいです。ちなみに、日本ではミツバチが最近いなくなってしまって、養蜂家がピンチらしいですね。あ、なんか蝶とあまり関係ないですね。。。

それと選挙、今回はこころなしか人が多かったような感じでした。出入り口にワンコがいっぱいいて、犬好きなので眺められて嬉しかったです(^_^)

Commented by Miyuki at 2009-08-31 11:00 x
*ヒカルさん
はい、なかなか魅力的な光景でございましたよ~。熱帯雨林だけあって
色鮮やかな蝶ばかりでしたからね。養蜂の話、実はこちらでも困ってるそうで……色々と悲しくなるですよ。

選挙、すごい結果になりましたね! 犬に投票権があったら、やっぱり動物愛護を訴える党に投票ですかね~(笑)


<< 進化は共存のアナグラム (4) 進化は共存のアナグラム (2) >>