進化は共存のアナグラム (2)

【アクティビティ】

California Academy of Scienceの旅。
宇宙から戻れば、お次は水中へ。
Steinhart Aquariumは、カリフォルニアの海からアマゾンの沼地まで、盛り沢山に揃ってます。




*-*-*-*-*-*-*-*-*

6. Northern California Coast

北カリフォルニアの海岸地帯に生息する魚達。
ウナギや大ダコもいましたが、タコは足先しか見せてくれませんでした。んもー、恥ずかしがりやなんだから。

     P1000639

     P1000653

係員の人のレクチャー付、Discovery Tidepoolは、小さいお子さんの喜ぶコーナー。
ヒトデやヤドカリなど、岩礁の生き物に触れます。

P1000642

これも、海辺の子供の人気モノ。Sand doller
ビーチに行った時に、良く拾いましたなあ。

P1000644


7. Phillippine Coral Reef

フィリピンのサンゴ礁。あれ、裸足で駆けてくサンゴ礁、って歌詞か何かがなかったっけ。
世界でも最深の水槽(地下&1階に渡ってます)の生きたサンゴ礁には、約4,000匹の魚が泳いでます。

P1000667

     P1000706

海中トンネル内の眺めは、ちょいとオツなもんですぜ。

P1000703


8. Water Planet

こんなナリして、ピラニアです。Red-bellied piranha。赤鼻ならぬ、赤腹のピラニア。

DSCF1086

こんなナリして、カエルです。Surinam toad
これ、気持ち悪いんですよー。背中に卵をしょって、それが孵った時の映像がうえええぇぇぇ

     DSCF1090

……なんか、特に写真を撮ったのって、”気持ち悪い”類いばかりのような気が。(悪趣味)


9. The Swamp

ワニと海亀の生息地。
特にこちらの白ワニさんが名物で。いわゆるアルビノ(白子)で、野生で生きていくには辛かったことと思います。

P1000711
[PR]
by senrufan | 2009-08-27 08:55 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11822803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2009-08-29 20:37 x
裸足で駆けてくサンゴ礁ーは聖子ちゃんですかね。なつかちー。

おかげさまで、並ばず、払わずに一緒に周らせていただきました。いやはや見ごたえがありますねー。一番ぎょっとしたのはなんと言っても蛙さん。車に轢かれたのに生きてるーーー。足だけ普通だーーー怖いよーーーおかーーさーーーん←聖子ちゃんのまね

それにしても旦那さん、本当に忙しいんですね。それに比べてうちの夫・・・忙しいと言いつつ休みはしっかり取るので呆れますよ、ほんと。もっと働け!
Commented by こっぺ at 2009-08-30 00:34 x
息子ともども、ぺったんこ蛙に釘付けです。ぴょん吉か!ジオラマみてひいちゃいましたが(笑)、この水族館は行ってみたいです。来週の平日あたりいってみようかと思います。入場は大変なんですね。詳しい情報ありがとうございます。
Commented by Miyuki at 2009-08-30 11:20 x
*マミィさん
そうでした、聖子ちゃん! ありがとうございます~。いやてっきり自分、サザエさんと混同してるんじゃないかと。

はい、まだ見所あるんですよ~。さくさく進めねば。ね、怖いでしょ、このカエル! でも卵しょったところはもっと怖いんですよ~~~~

いや、うちの旦那の場合は、貧乏暇なしってヤツですかね(笑) フィさん、そら休みたいですよ、愛しいマミィさんと過ごしたいんですもん♪ えーとつまりうちの旦那は、家族で過ごしたくないのかも(墓穴)
Commented by Miyuki at 2009-08-30 11:22 x
*こっぺさん
あはは、ほんとだ、ぴょん吉だ! 確かにTシャツにつけられそうな薄さでしたわ。水族館だけとってみれば、モントレーの方が上かもしれませんが、それ以外も楽しめるのがこちらの良さかな。楽しんでくださいますように!


<< 進化は共存のアナグラム (3) 進化は共存のアナグラム (1) >>