「ほっ」と。キャンペーン

足を運んだ価値を知る

National Thanksgiving Day (Croatia)

* * * * *

【レストラン】

DSCF0883

お嬢と一緒に、サンフランシスコへ買出しに。Rainbow Groceryと、この際、Super Miraにも行っておこう。
そして、ランチというお楽しみについては、Nachuさんから教わったインド料理に向かうのだ。

インド料理はすごく久しぶり。屋台フードは時々食べてるけど、レストランは1年は行ってないかも。
ベジタリアン向けメニューが豊富なのは嬉しいのだが、使われてる油の量がハンパじゃない為、店を選ばないと、かえって体調を悪くすることもあってね。
どこか良いとこはないかなー、と思っていたら、ちょうどNachuさんが絶好のタイミングで紹介してくださったの。




DSCF0882

サンフランシスコには2軒あるのだが、ランチがあるのは1軒のみ。なので、足を運んだのは当然そちら。
ちょうどジャパンタウンの角にあるので、買出しにも至極便利な場所。

シックで重厚な感じの外装で、入ってみたら、高い天井とロフト形式のフロアが広々と。
店員さんの物腰も穏やか&丁寧で、ちょっとVIPな気分にな。ジーンズにサンダルだったけどな。

     DSCF0865

お店自体はベジタリアンではないのだけど、各メニューでヴィーガンオプションあり、になっている。
オーガニック素材使用、となっているのが嬉しい。というより、最早SFではそうでなければ、の条件になりつつあったりして。
お嬢と2人で3品頼んで、あ、でもラッシーも欲しいよね。


DSCF0868

レストランで最初にサーブされるパンに当たるのが、こちらではPapadum
これがすんごく美味しくてね。サクッ、とした軽い歯ざわりに、ほんのり塩味。これがあればポテトチップスはもういらない、なんて思ったりしたぐらい。(思っただけ)
店員さんによると、レンティルとライスの粉で作ってあるらしい。


     DSCF0864

Mango Lassiは、SweetかSaltyかを選べるようになっていて、こちらはSweet版。って、見かけは変わらんだろう。
これがまた、んまくてね。すっごくナチュラルだとはっきりわかる味。濃厚で、でもクドさはゼロ。


DSCF0872

Starterの中から、Dahi Vadaを。
運ばれてきたお皿に、思わずため息。うーん、崩すのがもったいない。

上のヨーグルトは、Strausという、このエリアではメジャーなオーガニックヨーグルト。それに、タマリンドとミントソースのストライプ。
たっぷりのヨーグルトの下には、Lentil dumplingsが入ってる。

DSCF0874

ヨーグルトを食べてた頃は、このStrausがお気に入りだったこともあって、久しぶりの濃厚な酸っぱさに目を細める。アクセントの2種類のソースも程好くて。
ダンプリング自体の味は、さすがにわからなかったけど、もちっとした肉厚な味わいと、濃いヨーグルトが良いハーモニー。
冷たくて、わずかにぴりっとスパイシーな一品。


DSCF0878

メニューの分類に、「Dosa」「Uttapam」があって。
Dosaはお米とレンティルのクレープ、UttapamはDosaのパンケーキスタイル版、なんだって。
お嬢が選んだのは、Uttapamのうち、Caramelized Onion

飴色玉ねぎがいっぱい入ったパンケーキは、これだけで十分なほどに美味。もっちもちで分厚くて、ほくほくしながら満足感。
そして、添えられてるソースと一緒でも。Fresh coconut & tomato chutneysと、Sambar。Sambarとは、野菜とレンティルのディップソース。


DSCF0880

じゃあ、私は店名のDosaから何か、と思ったのだけど、やっぱりお米とカレーも捨てがたく。
ということで、Lunch Entreesから、Tamil Vegetable Curry & Parathaを頼んでみた。
Unleavened breadかRiceかを選ぶのがレギュラーだけど、更に別料金で、Basmati RiceのPlainかAromatically flavored with Coconutか、もしくはPlainのUttapamかDosa、というチョイスもあり。私は大好きなPlain Basmati。

カリフラワー、にんじん、じゃがいも、Green beansにCherry tomatoes。
野菜が大きくてごろごろしてて、火はしっかり通ってるけど歯応えがよろしくて。
カレーは予想以上に辛かったけど、本格さが感じられるハフハフ加減。(ダメ表現の見本)
うーん、美味しいよー、これ。


総じて、とっても満足、満足。サービスも雰囲気までも、ごちそうさま。(手を合わせる)
新しめのお店だけあって、きれいで清潔。ディスプレイも適度なインド度合い。(わかってください)

南インド料理のレストランは、このエリアでは意外と少ないらしい。しかも、なかなか美味しいところはないらしい。
そういう意味でも、貴重なこちらのレストランが、帰宅してからサイトを見たら、あちこちでベストレストランに選ばれていることを知って、さもありなん、と思ったことでした。

b0059565_79580.jpg
Dosa (on Fillmore)
1700 Fillmore Street
San Francisco, CA 94115
[PR]
by senrufan | 2009-08-05 06:55 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11675954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2009-08-07 15:07 x
シックな外観と内装にまずびっくり。インド料理というと、ごちゃごちゃと訳のわからないものが飾ってある怪しい店にしか行ったことがないもので。

料理も洗練されていて本格的で、本当に美味しそうですねーーー。特に惹かれたのが「飴色玉ねぎの入ったパンケーキ」!!!こりゃたまらん!足を運ばず価値を知った気になった朝。ごちそうさまでした(笑)
Commented by Miyuki at 2009-08-08 10:30 x
*マミィさん
私もいつも、店内に不思議なインドの歌謡曲のPVが流れているところがほとんどだったので、洗練された雰囲気に驚きましたです。
飴色玉ねぎ、んまかったです! ノルマンディーではこういったアジア系レストランはどんな感じでしょ? とにかくフランス料理自体が美味しいから、なかなか進出できなかったりして。
Commented by kNachu at 2009-09-10 05:29
Miyukiさん、ここも行かれたのですね!!絵を拝見して私もまた行きたくなりました~!Miyukiさんのところに来るとSFが恋しくなる~!!
Commented by Miyuki at 2009-09-10 11:38 x
*Nachuさん
はい、Nachuさんのお薦めとあらばどこまでも!(本気) このお店、ぜひまた行きたいのです~。恋しいSF、ぜひ何度もいらしてください! お友達の皆様もそう思ってらっしゃいます、絶対。


<< 種との暮らしで見出すは 足場は常に暫定の >>