等身大の美味しさで

Flemish Community Holiday (Belgium)


いきなりですが、さゆりの記憶が戻りました。(大歓喜)

以前愚痴ってしまったように、身体は元気になったものの、記憶喪失だけは戻らないままでしたが。
ダメもとで、と修理先に頼み込んで、捨てられるところだった古いHDを、メーカーから送り返してもらいまして。
我が家の電気屋さん=旦那が奮闘して、記憶を呼び戻してくれたのでございます。
ありがとう、ありがとう。このお礼は、絶対痩せる食事でどうでしょう。(つまりマズすぎて食べられない)

もちろん、一旦壊れてしまったものなので、全てを呼び起こすことはできませんでしたが。
バックアップをとっていなかった約1ヶ月分の写真やデータは、ばっちり復元してくれたので、それがあれば何の不満がありましょうか。いや、ない。(反語)

ということで、時間は前後しますが、過去記事も間にはさんで記録していきたいと思っております。といっても、ほんの2~3だけになる予定。



残る問題は、さゆりの記憶は戻っても、私の記憶がすでに朧月夜も真っ青なアヤフヤ状態だ、ということでございますな。

* * * * *

【レストラン】

DSCF0760

家族で映画を観た帰り、映画館の向かいにあるイタリアンに行ってみた。
ちなみに観た映画は、「Night at the Museum: Battle of the Smithsonian」。面白かったけど、感想を書くほどじゃないので、記録はなし。(酷)

行った映画館は結構デカいのだが、周りになんにもない場所で。唯一、道路を隔てた向かい側に、ちっちゃいモールがあるぐらい。
その中に、セブンイレブンとスタバと、このレストランがあるんだな。




何にもないようで、実は付近の土地を独占しているのが、かのGoogle。AppleやSyscoのように、ここで”村”を作ってる。
Googleは社員食堂もすばらしく、しかもタダで食べられる、という特典付らしいので、滅多に外食する必要もないのでは、と思うんだが。それでも外に出る時は、このレストランが結構利用されているらしい。

だからというわけではないのだけど、とある新聞記事で、こちらのピザやパスタを随分とほめていたので。
いつか映画の帰りに、と頭に入れておいたので、それを実行に移した、というわけ。


DSCF0765

入ってみたら、週末の夜なのに、お客さんがほとんどいないじゃん。やはり週日の昼が混むんかな。
店内は広く、外テーブルもバーカウンターもあって、きれいでよろしい感じ。店員さん達の愛想も良く。(だって暇だから?)
全員でつつくサラダを一皿と、あとは一人一品ずつ注文。


DSCF0772

頼んだのは、Blackened Ahi Tuna Salad
キハダ(多分)の刺身にチェリートマトが、赤玉ねぎ&胡麻のドレッシングと共に、ミックスグリーンと和えられて。
面白いのが、ガリ(Pickled ginger)が一緒に混ぜられていること。出所は寿司だな、というのが良くわかる構成。

ドレッシングが多すぎたのが残念だったけど、刺身は美味しかったし、ガリもんまかった。
うちでも今度、ガリ入りのサラダを作ってみよう。


DSCF0768

お嬢が頼んだ、Angel Hair Pasta
トマトとバジル、ガーリックのみの、とてもシンプルなパスタで、彼女の昔からのお気に入り。

食べたのは久しぶりだったけど、やっぱりこれは美味しいなあ。
カッペリーニは茹で加減に注意がいるので、これもちみっとだけ柔らかめだったけど、気になるというほどではなく。
ただ、うん、これもソースが多くてね。最後にはクドくなってしまったのが、残念なところ。


DSCF0769

旦那オーダーのFettuccini
マシュルーム、玉ねぎ、トマト入りのクリームソース。希望でチキンを加えてある。

こちらも、茹で具合は悪くなく。ソースも、ややしょっぱめながらも良いのだけど。
ソースの量がなあ、もうちょっと減らしてくれても大丈夫なんだが。
つか、いつもそう思うのなら、ちゃんと事前に頼めばいいんだよね。つゆだくの反対ってなんなんだ。(ここでは通じないからそれ)
でも、初めて行くレストランでは、お店の加減がわからないので、やっぱり何も言わずに頼んじゃう。リピすることがあれば、その時に頼んでみたいもの。


DSCF0774

最後に、私が選んだVegetarian Pizzaのスライス。
のっている具は、ブラックオリーブ、緑のペルペッパー、マシュルームにトマト。チーズたっぷりにハーブをぱらぱらと。

この生地が、うーん、という感じで。
薄いクリスピー生地じゃなく、もちもちやふかふかでもなく。厚めなのだけど、食感や味わいに欠けるというか。
チーズ好きな人には良いんだろうが、生地も好きな私らには物足りず。
でも、スライスというには十分な大きさで、それは嬉しかったよね。



DSCF0766

カジュアルな雰囲気で、お値段もそれなりで、量もたっぷりなイタリアン。
やはりアメリカ的な味であるけれど、パスタの茹で方は悪くないところがポイントだ。(普通は茹で過ぎ)
このお店だけの為に来訪することはなくても、映画とならば良いペアリング。


Pizzeria Venti
1390 Pear Avene
Mountain View, CA 94043
[PR]
by senrufan | 2009-07-11 04:27 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11496672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nikkeilife at 2009-07-13 13:30
さゆりさんの記憶が戻って良かったですね。10年以上の昏睡状態から戻って来た人の喜びくらいですか。(違)

映画、実は私も観ようかと思っていたんですよ。スミスソニアンを舞台にしているので面白そうだったし、時にはこういう笑える映画も良いですよね。グーグルキャンパスの近くですか。アルデンテのパスタを出してくれる所は本当に貴重だと思います。(笑)
Commented by Miyuki at 2009-07-14 02:41 x
*アヤコさん
わはは、ほんとにそんな感じで! ほぼ諦めていたので、旦那には心から感謝です~。持つべきは、実生活能力が高い同居人、ですな。

この映画、面白かったですよ~♪ そうそう、何も考えずに笑えるところがまた良し(ほめてます) 旦那によれば、1がもっと面白かったそうで、そちらをご覧になっていれば、もっと楽しめるかも。
アルデンテは希少価値、その通り!


<< Dear Mr. C 小さな足の、大きな一歩 (7) >>