惹かれる理由を数え上げ


        DSCF0862

七夕のこの日、ハリポタの最終巻である「Harry Potter and the Deathly Hallows」のペーパーバックが発売されました。
ハードカバーが発売されてから、すでに2年が経過。まずはAudio CDで、本はペーパーバックで揃えていた我が家には、なんと待ち遠しかったことか。
これでようやく、原作は全巻揃いましたです。……長かったなあ。(ぽつり)

ハリポタ最終巻を話題にするたび、娘が口にするのが、
「ハリポタが終わるまで、アメリカにいることになるとは思わなかった」
という一言。娘や、それは言わない約束でしょ。(げほごほ)


「そこまでいるとは思わなかった」シリーズは、実はもう1つありまして。
50 State Quaters Program、つまり全米各州の25セント硬貨の収集です。

1999年から始まったこのプログラム、順次発行される州のコインを、地道に地道に集めては、地図の絵のコイン収集用ボードにためてまいりまして。
2008年に50州全て発行済みとなりましたが、最後のハワイだけ未入手のまま。
普段のお金のやりとりは、ほとんどカード払いばかりなので、なかなか現金が手に入る機会がないのですよね。かといって、コインショップで買うのは悔しいし。
今年発行のワシントンD.C.コインは、なぜか早々と2枚も手に入ったのになー。ぶー。

しかしほんと、お嬢の言う通り、これも滞米中に揃うとは夢にも思っておりませんでした。って、まだ揃ってないけど。


6巻の映画が来週から公開で、映画最終回はその2年後ぐらい?
我が家が7巻の映画をどこで観ることになるかは、神のみぞ知る、というところでございますな。

* * * * *

【レストラン】

     DSCF0793

2ヶ月以上の夏休み。
お嬢が家にいるのは嬉しいんだが、必然的に私も家にいなくてはいけない為、母子そろってヒキコモリ。
あー、遊びたい。うー、出かけたい。

なので、ちょっとでも誰かと会えるチャンスは逃さない。
お嬢が夜に予定がある時をねらって、お付き合いいただいたのは、大好き先輩ママのやまばとさん。
グルメ師匠でもあるやまばとさんが、前から目をつけられていたというレストランに行ったんだよ。
家族以外の人との夜のお出かけは久しぶりで、思わずにじむ嬉し涙。(本気)




以前に当のやまばとさんに教わった、南の町のイタリアン。残念ながら、今は閉店してしまったけれど。
やまばとさんが初めてそのお店に行かれて、感銘を受けられて。正にその時のシェフが独立して建てたお店が、この日私たちが訪れた場所であるのだよ。

Bistro、という名前の定義が良くわかってないのだけど。ややカジュアルでアットホームな雰囲気、でも料理には自信があります、みたいなイメージを持っていて。
高級レストランだと尻込みしちゃうけど、ビストロと言われたら入りやすい。そんな単純この上ない思考回路の私には、American Bistroと名乗っているこのお店は、入る前から期待度がかなり高かったのだ。


DSCF0798

店の前に立った時から気に入った、って早すぎですか。
だって、外装も内装も、店員さんの服装まで、シックな黒白のモノトーンで統一されていて。
それだけだったら良くあるのかもしれないが、壁にかけられた家族写真や、整然としたディスプレイが、温かさと枠の強さを思わせて。
また、店員さんがとても優しいこと。料理への期待度が一段と高まるよ。


DSCF0794

オーダーした後にまず出されたのが、フォカッチャのようなパンとディッピングソース。
パンはふんわり、ちょっぴり塩味で、定番の白パンのちょっとよそいき版。
ハードブレッド派の私、最初はちみっとがっかりしたのだけど、ソースをつけてから前言撤回。
サンドライドトマト入りのこのソースには、この手のパンはなかなか相性が良いんだね。


DSCF0801

前菜は迷った末に、The Chef's Sampler Platter。4種類の前菜の組み合わせ。

左から、サーモンのお刺身。
日本人としてはそのままいただきたいところだけど、それにオリーブオイルと黒胡椒をかけてあるのがこちら流。
とても新鮮でトロトロで、オイルがなければ、とちょっと思ったけど、いい素材を使ってる。

ミックスグリーンは、クリーミーなドレッシングで和えてあり。
やはりドレッシングが私らには多すぎるのだけど、これまたシャキシャキと香りの強いグリーン。

Crab Risottoが美味しいぞ。ちゃんとした蟹肉をほぐして使ってる。
お米の煮具合も、好みはあるだろうけど、ほのかに残る芯が私たち好み。こってりしてるけど、味は濃くなくて丁度良い。

Tuna Tar Tar Towerは、コーンチップスにのせて、Ginger Soy Dressingをかけてある。ま、生姜醤油ですな。
見た目がきれいな上、新鮮なマグロときゅうりが美味しくて。やっぱりちょっとドレッシングが多めだけど、塩加減には満足だ。


DSCF0805

続いては、Roasted Baby Beets & Arugula Salad。何も言わないままでも、2皿に分けてサーブされて感謝。
Shaved Fennel、Goat Cheese、Candied walnuts、Diced granny smith applesに、Thyme Vinaigretteがけ、だって。

これも、ドレッシングがやっぱり多いんだが。
それは好みがそうだというだけで、私たちにも十分わかる、野菜や素材の新鮮さ。ビーツの火の通り具合も、ハーブやチーズのバランスも文句なし。


DSCF0810

メインには、メニューにはなかった今日のお薦め料理、Roasted Rabbit on a Bed of Creamy Polenta
Green Beansと、Morel mushroomsたっぷりのソースがけ。

うさぎ肉は、今まで1~2回しか食べたことがなかったんだけど、あっさりしてクセがなくて、鶏の胸肉より美味しいぞ。
下に敷いてあるポレンタも、たまにマズいのに会うけれど、これはクリーミーで塩加減も良く、これだけで一皿あってもいいぐらい。
いんげんは、ちょっと油を通してあって、油っこさが残念だけど、歯応えから判断して、通し加減は上手いもの。

これを食べて、2人で改めて話したのだけど。
どの料理も、私達の好みからしたら、こってり度が高いのは否めないのだが。
普通はそのこってり度、イコール、味の濃さ・塩辛さ、に繋がるところ、このお店ではそれがないんだよ。
そして、素材がやっぱりいいよねえ。野菜も美味しいし、肉や魚も新鮮で。
確かにアメリカンな料理なのだけど、そのとっつきやすさは大事にしつつ、こだわるところはちゃんとこだわってる。
私が勝手に思うところの”ビストロ”、その良い形の一つが、ここに見られた、という嬉しさ。


DSCF0811

やまばとさんが予約してくださった6時過ぎには、まだお客さんも1~2組。
だけど、どんどんと増えて、私達がメインをいただく頃には、すでにウェイティングのカップルも。
お客さん層も良くて、イブニングドレスの素敵なレディがいるかと思えば、キャップをかぶったままのバミューダパンツのおじさまも。
そして皆、思い思いにくつろいで料理を楽しんでる模様。

そして、そんなお客さん達の間を周って、気軽におしゃべりを楽しんでいるのが、シェフのNickさん。え、じゃあ、これは誰が作ったの。(料理を見ながら)
料理の合間合間に出てきては、お客さんの目を見ながら声をかけ。決して広くはない店内と、限られたテーブル数が、それをやり易くしてるよね。
私達のところにも来てくれたので、やまばとさんが以前の店の時に気に入って、それでここにも訪れたのだ、ということを伝えたら、嬉しそうに何回もお礼を言ってたよ。

DSCF0816

最後に、チェックと共に渡されたのは、1冊の本。
何かと思えば、感想を書き込む為のアルバムのようになっててね。うん、これは良いアイディアだ。
私もきどって、ちょっと一言書いてみた。スペルが間違ってないといいけどな。(おい)


個人的に、このエリアで大好きなビストロと言われると、地元のあの店が浮かぶのだけど。
トータルではあちらに軍配が上がるにしても、居心地良さとお値段の手ごろさで、こちらもすでにお気に入り。
家族で来るのも良いけれど、できたら友達と一緒に来たい、そんなお店の一つだね。

b0059565_1232566.jpg
Nick's on Main
35 E Main St
Los Gatos, CA 95030-6939
[PR]
by senrufan | 2009-07-07 12:16 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11468535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by やまばと at 2009-07-10 01:14 x
自分の名前をお店につけてスタッフともども大事に育てていこうという姿勢に感激、
ただ一言応援してます(心のなかで=経済事情により)と申したかったのですが、
あなたのファンです的な表現を、それもゴージャスおばさまからならまだしも
私の口から聞かされて、Nickさんの足が一歩後方へ…と思ったのは気のせい???
英会話が上達したら(ほぼ絶望的)、再訪も歓迎してもらえるでしょうか。。。。
Commented by Chico at 2009-07-10 02:32 x
おぉ~、うちの街のレストランですねぇ♪
最近よくダウンタウンには出向くのですが、MainStには行ってなかった、、。
素敵なレストランがオープンしたのですね。
住所からいくと、Sourthen Kitchenの横辺りでしょうか?
ビストロスタイルも良い感じです♪
これはもう行ってみるしかないでしょう~。なんせ近所だし。(笑)
Commented by mame-honey at 2009-07-10 04:05 x
う~ん、どれも美味しそう! こういう雰囲気のお店好きだな~。
ウサギって私、食べたことがないのですが、、そうか、クセがないのね、、そして鶏の胸肉より美味しいと、、。これは、ぜひ行ってみたいお店です!
いつも素敵なお店レポありがとうございます。
Commented by Miyuki at 2009-07-10 13:56 x
*やまばとさん
またまた素敵なお店を教えてくださってありがとうございますー! ずっとついていきます、グルメ師匠(きらきら☆)
後退どころか、彫りの深い彼の目が一段大きくなって、身体を前に乗り出していたではないですか! ましてややまばとさんのような、清楚なれでぃから言われて、嬉しくなければシシリア人じゃありませんな。(きっぱり)
またご一緒してくださいね~vv(ごろごろ)(すりすり)
Commented by Miyuki at 2009-07-10 14:00 x
*Chicoさん
そです、ガトスは久しぶりでしたが、相変わらず良い街ですねえ♪
そういえばこの店の横の店もえらい混んでて、人気店が並んでるのか?と思ったのですが、あれがSouthern Kitchenというところでしょうか。今度はそちらも行ってみたいなあ。
Chicoさんの好みに合うといいなあ、このお店。時間がなくて、今回デザートは試せなかったので、Chicoさんにチェックしていただきたいっ。
Commented by Miyuki at 2009-07-10 14:03 x
*mame-honeyさん
そうそう、私も雰囲気が何より良かったのですよ~。応対してくれたウェイトレスさんが、ギャルソンエプロンがきりりと似合う、優しい方だったのがまた嬉しくて。
うさぎ肉、淡白な味が好みの方には合うと思いますぞ。mameさんならきっと素敵なドレスで行かれるんだろうなあ、いいなあ♪


<< 小さな足の、大きな一歩 (7) 陽の恵みを基本とし >>