義務ではないけれど

刺繍を再開。えーと、1年半ぶり、ぐらい?(小首をかしげながら)

この前友人に「やってるの?」と言われ、ようやく存在を思い出してもらえた刺繍箱。
思い出しついでに考えてみたら、やる予定のが4つぐらいはあるんだよね。できたらここにいるうちに額入れまで済ませちゃった方がいいんだよね。日本だと高いだろうし。
でもって、大きいのだと1年ぐらいかかっちゃったりするから、えーと全部やるとどのくらいかかるかと概算すれば、

どう考えても帰国までに終わんねえ。(愕然)

諦めたらそこで試合終了だという安西先生の言葉をまた噛み締めながら、やりかけのまま放置してあったものを始めてみる。
……針、さびてるし。

私が刺繍をやるに当たっての問題は、「いかに”ながら刺繍”をするか~刺繍の友の選び方」である。
要は、刺繍だけを黙ってコツコツとやり続けるのはちと暗い気がするので(誰も見てないのに)、何か音楽を聴きながらとか、TVをつけながらが望ましいかなーとか思ってしまうんだけど。
ところが私は、この”ながら仕事”なるものが大変苦手である。加えて、TVの前に一定時間以上座っていることも難しく。好きな映画のDVDを流してみたら、結局そっちに気を取られてしまって進まないし。
あーあ、手が4本・目が2組あったらいいのに。そうしたら、本を読みながら刺繍ができるのに。
b0059565_15115184.jpg


ケネディ元大統領暗殺シュミレーションゲーム「JFK Reloaded」発売。ケネディ暗殺41年目を記念(?)
単独犯オズワルドとして、大統領暗殺を試みるものらしいが、遺族の怒り等々とは別のところで気になったのが、命中した時に、血の映像が出るか出ないかが選べるというポイントで。
そう言えばワンピーズのアメリカ版アニメで、ケガのシーンなどで血が出ていなかったことを思い出し、欧米社会の子供達への配慮ということかなどと考えてみる。
このゲームの場合、それ以前に配慮するべきところが大いにあったと思うが、はてさて、売れ行きはいかがなものだろう。
[PR]
by senrufan | 2004-11-22 02:27 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1137371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pannaGO at 2004-11-24 15:31
お初にお邪魔いたしますう。こんな素晴らしいサイトが出来ていたなんてー。はぐはぐ。しかし、この刺繍、すごいねえ。色も綺麗だわあ。がんばれー。肩もみにはうちの次郎が参ります。血が出なければ人殺しもいいのかい、、、変だよねえ、、、。
Commented by Miyuki at 2004-11-25 01:35 x
わーいぱんな先輩、ようこそです!肩より腰にくるオバサンの私は、今度次郎君に背中にのってもらいたいです。作成側は、ケネディへのrespectを表してるんだとかふざけたこと言ってたよ…理解できーん。
Commented by ぷりりん at 2004-11-25 09:51 x
日本のワイドショーでもそのゲーム話題になってたよ。
実際の事件と全く同じように殺せたら1000万円くらい賞金が出るとかって……。
映画ネタとかならまだわかるけど、本当に人が殺されてるのに、こーいうゲーム作っちゃうのって信じられないわー。
Commented by Miyuki at 2004-11-25 12:41 x
げーっ、そうなの!? 言語道断ではないか(呆) ケネディ側が何らかのアクション起こさないかなあ。
Commented by ぱんな at 2004-11-27 09:09 x
ぷりりんさんは、あのぷりりんさん?(おそるおそるもーど)もしそうだったら、、、はぐうううっ。ごろごろにゃんにゃん。(と額をすりつけてみる)。
Commented by ぷりりん at 2004-11-28 12:12 x
ぱんなさんがあのぱんなさんだと気づかず失礼しました~!
アメリカでは大変お世話になりありがとうございました~!!!
お礼メール出しそこなってしまってすみません~!!
Commented by pannaGO at 2004-11-29 06:27
つかの間だったけど楽しかったねえ。また来てねー。次は長期モードでねー。


<< バックアップか背水の陣か 一気に山を越えよう >>