「ほっ」と。キャンペーン

数歩離れたところから

Independence Day (Philippines)
Armistice of Chaco (Paraguay)
Independence Day (Russia)


「我々は皆、自分の内なる声に耳を傾けなければならないし、鏡に映る自分の姿をどれだけ素直に見つめられるかは、その声に従うか否かで決まる。あらゆる人の声がそれぞれに違う忠告を与えてくれるが、どういう意味か解釈できるのは、自分の耳に届いた分だけである」
                            ---------- ロジャー・フォックス

* * * * *

【レストラン】

DSCF0633

地元市のダウンタウンは、良いレストランやお店が揃ってて、近隣在住の友人達が羨ましいと言う。
それ以外にも、ショッピングモールやファーマーズマーケットなど、良いところがあれこれとあるしね。
そんなところの隅っこに住んでるド庶民の自分だけど、地元についてまだまだ疎くて、市外の友人から教わることもたまにある。まあ、いつものことだ。

久しぶりに、グルメ&子育て先輩のやまばとさんとデート。
やまばとさんが指定してくださった中近東レストランが、そんな店の一つであったのだ。




DSCF0639

相変わらず地中海好きな私の為に、選んでくださったお店。(じ~~ん)
ずっと前に、家族で一度だけ行ったことがあって、カジュアルな雰囲気に手ごろなお値段で、もう一度行きたいと思ってたところ。それがやまばとさんと一緒なら、心強いことこの上ない。

壁に貼られているのは、地中海の風景の絵。どれがどこなのかわからないけど、見ているだけでも楽しいよ。
ランチメニューのVegetarian Delightsの中から、2品選んで注文だ。


DSCF0635

まずは、Cauliflower Ala-Edamha
カリフワラー入りのTangy special sauceとライス。
カレーっぽい外見だけど、特に辛いことはなく。コクがあってスパイスが効いてて、美味しいストロガノフ、という感じ。

おや、と思ったのが、ご飯。Basmatiじゃないような。
長粒種なのだけど、Basmatiより太くて、もうちょっともっちりしてる。
これはこれで美味しいのだけど、あのさらさらのBasmatiライスが大好きな私達には、ちみっと肩透かし。

DSCF0637

もう一品は、Vegetarian Magluba
茄子とカリフラワーがのせられたHouse special riceに、ヨーグルトソースたっぷりのLaban salad、Fresh vegetablesの炒め物。

スパイスの衣をつけて焼かれたカリフラワーと、どーん!という形の茄子。アーモンドと松の実もぱらぱらと。
見かけはこってりだけど、味の濃さは適度。そのままでも、ご飯と一緒でも、どちらもうまうま。茄子がとろとろで嬉しいよ。
サラダがさっぱり・ちょっと酸味で、油ものと一緒に食べるのに具合が良い。


DSCF0644

最初に出されたピタパンも、厚めで好みのタイプ。このところ、地中海系で会うパンが、どれも当たりでほくほくだ。
お店のお兄さんやオーナーのおじさまは、ざっくばらんで気取りがない。マナーとか丁寧な物腰よりも、家族っぽい雰囲気で過ごせるところ。

このお店自体は知ってたけど、知らなかったのは、同じ名の店がもうファストフードがもう1軒あったこと。しかも同じ通りに。
やまばとさんに教わるまで、気づいてなかったというテイタラクの地元民。
のぞいてないけど、あちらはもっとファストフードっぽいのでは、と勝手に思ってる。だけじゃなくて、今度行ってみなくては。


関係ないけど、この店の隣に、新しいフローズンヨーグルト屋がオープンしてた。
ちらっと見た限りでは、セルフサービス系みたい。
この街のFro-Yoに参戦するのは、なかなか大変だろうけど、セルフサービスタイプはもしかして初めてかも。検討を祈る、なんつって、エラソーにつぶやいてみたりする。

b0059565_1351520.jpg
Kan Zeman
274 University Avenue
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by senrufan | 2009-06-12 01:23 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11263479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by やまばと at 2009-06-16 01:08 x
いえ、あの、同じ通りに同じロゴのお店をつくってくれるものだから、はじめ
そちらへ行ってしまい、間違いに気づいたあとオシャレな街を“怪”走する羽目になって
と、つい地元のかたに訴えてしまっただけのこと(初めてのお店なのに予習が足りず)。

米茄子を姿のまま(スライスしたり角切りにせずに)でえぐみを感じさせない調理法、
是非知りたいものだなあと、こちらのお写真を見て今(≠当日)思いました。
これは、再訪決定!でしょうか(オクラも、、、笑、、、)。
Commented by Miyuki at 2009-06-16 12:30 x
*やまばとさん
いえいえ、おかげで教えていただいたわけですから、結果オーライ♪ むしろ走らせてしまってすみません~。

確かに、あの茄子ってえぐみが出がちなのに、全然なかったですよね! そう、オクラリベンジも兼ねて(笑)、またご一緒しましょ~。リピしやすいお店で良かったです♪
Commented by マミィ at 2009-06-17 14:37 x
flickrさん、出し惜しみしないで、噂のナス写真を表示してちょーよ。(昨日からThis photo is currently unavailable.なのは私だけ?)

地中海料理って本当に魅力的なもんですなー。Miyukiさんのブログで時々味わわせていただいておりまする。どこまでも青い海とどこまでも青い空が似合う陽気なお料理ですなー。
Commented by senrufan at 2009-06-17 14:45
*マミィさん
ありゃ、ほんとだ、私のもだ! ということで、修正してみましたです。教えてくれてありがとうです、姉さまvv

フランス料理もすばらしいですが、地中海もまたよろしいもんでございましょ? 青い海と空、おお、ほんとにその通り。ますます好きになりそうです♪
Commented by マミィ at 2009-06-17 17:38 x
ああ、ありがとうございます、見れた、見れた・・・と思ったら・・・あ、そーか、Vegetarian Maglubaのライスの上の黒いものがナスでしたか!←書いてあんだろ、よく読みなさい!


<< ここは一つの中継点 無欲な心が招くもの >>