分け与えられる忠誠心

とってもとっても今更ですが、写真をWeb上に保存することにいたしました。
巷で人気の、flickerです。

さゆりの入院で、写真がブラックボックスに入ってしまって、あああああ、となったあの日以来。
バックアップという点からだけでなく、別なPCからでもアクセスできるように、Webでやらねばなるまいと。
今までは、友人や家族用に、別なところを使っていたのですが。
ayuminさん(愛)という、この上ない導き手を得て、恐る恐るflickerに変えてみたのです。


ちまちまと実験して、ayuminさんの丁寧なレクチャーもいただいて、今日の日記から本格的に移行開始。
と言っても、画像ファイルからの方が加工しやすい点もあるので、一部併用でしばし行こう、と思っております。


あとは良い写真を撮るだけ、なんですが。
これは私が私である以上、限界ラインはすぐ間近。(あと10cm)

なのでayuminさん、この際、撮影もお願いしていいですか。(死んでこい)

* * * * *

【レストラン】

DSCF0602

自分が今まで行ったレストランの記録や感想を、たまにざざっと読み返してみると。
たかだか数年のうちに、随分と好みも感想も変わってきたもんだ、としみじみ。その分、年をとったってことだよね、とどっぷり(……)

特に最近は、すっかりベジ・ベジ体質。
ベジィはどこだ、ベジィはないか。気分はすっかり、なまはげだ。(悪い子はおらんかあぁぁ)
更に生が一段と好きになっちゃって、最近目が赤いのは、うさぎ化現象かもしれん。

しかし、「求めよ、されば与えられん」法則により、ベジィ情報を教えてくれる、ありがたい友人達。
マクロビ仲間のpyonさんから、とあるベジタリアンレストランの話を、ずっと前に教わって。それ以来、いつか、いつかと思ってた。

ようやく果たしに行くのなら、ここはにぎやかに行くべきだ。(思い込み)
仲良しのRogiさん母娘に付き合ってもらって、目指すは再びあの世界、だったのだ。




DSCF0599

         DSCF0600

ドアを開けるなり、目に映ったのは、教祖さまの大きな肖像写真。
ありがとうございます、おかげさまでベジレストランに来れました、と目礼。いや、ほんとに。
しかもその横には、何やらギフトショップらしき場所も。教祖さまトレーナーとか、教祖さまグッズとかあるんかなー、と足を踏み入れる勇気がないまま、想像ばかりがふくらんだ。

席について、メニューを見れば、あの店とかなり共通するラインナップ。
ってことは、あの時美味しかったあれらのメニューもあるということで、更にpyonさんから教わったお勧めメニューもあるということで、いやあ、4人で悩む悩む。メニュー数の豊富さに、はっきり嬉しい悲鳴だね。

ついつい欲張って、それなりの品数を頼んじゃって。
まあ、余ったら持ち帰り。これがあるから心強い。


DSCF0587

まずはサラダといきましょう。
その名はAutumn Salad。もう夏だろう、というツッコミはスルーしよう。
ミックスグリーンにロメインレタス、トマトにきゅうり、にんじんも。Soy proteinが散らしてあって、House dressingで和えてある。

ボリュームたっぷりで、プロテインも山盛りで、これ一品でもランチだったら十分かも。
ドレッシングが多すぎたけど、これはまあ、私が生食いだから。


DSCF0588

Vegetable dishesから、Crispy Mushroom Delight。pyonさんお勧め、第一弾。
Oyster mushroomsとバジルをフライして、Sweet brown sauceをかけて、胡麻をぱらぱら散らしてる。

これは皆に大好評。揚げてあるけど、それほど油っこくなく。バジルのフライもパリパリで。
濃い目の味のソースが多すぎたので、次は別添えで頼んでみようかな。


DSCF0593

Oceansから、Rainbow。pyonさんお勧め、第二弾。
Crispy seaweedで巻いたBean curd、となっているから、海苔で巻いた湯葉、みたいな感じかな。それを揚げたものの上に、野菜ときのこのSweet & sour sauceの餡がたっぷりかかってる。

DSCF0594

Oceansというのはつまり、シーフード”もどき”コーナーということなので、これも魚に見立ててる。だからぱっと目は、揚げ魚のあんかけそっくしだ。
口に入れれば、ぎゅむぎゅむと弾力のある歯応えで、それがまた快感で美味しいぞ。たんぱく質!と主張してる。
これも味が濃くてソースが多かったので、野菜を救出しながらぱくついた。


DSCF0590

Western specialsから、Vegetarian Lasagna
分厚い平パスタに挟まれた、ぎっしり野菜。上にのってるのは、Shredded vegan mozzarella cheese。Ciabatta rollが添えてある。

ベジミートソースは大好きなので、これも嬉しい一品で。大衆食堂的なパスタの仕上がりで、分厚く・チープで・カジュアルだ。
他の品から、これも味が濃いのを覚悟してたのだけど、許容範囲で助かった。


DSCF0595

ご飯メニューも欲しいよね。Happy Crispy Riceだよ。
熱々の鉄鍋の中には、ぎっしり詰まったチャーハンが。更にその上には、Soy protein、豆腐に椎茸を、生姜風味で炒めた具。

日本人らしからぬ長粒米ファンの私は、それがチャーハンだと喜び度アップ。ぱらぱらしてて、うまいのだ。
これまた大衆食堂っぽく、油と塩・胡椒が効いていて、チャーハンと野菜炒めのコンビって感じ?
そんな風に感じるほど、「慣れた」味わいで、それが嬉しいところだなあ。


b0059565_905356.jpg

これだけ食べて、お持ち帰りも山盛り状態。大満足を通り越して、娘達は「苦しー」「お腹いたーい」を連発。
元が中華だけあって、油が勝ってたし、味もかなり濃かったけれど、普通食の、特に男性だったら、この内容で満足されるのではなかろうか。
それだけのコクとボリュームだ。

Loving Hutとの共通点は、同じ教祖様信仰だけじゃなく、メニューもかなりかぶってた。
もしかして、これらのメニューは教祖様が発明されたのか。そして聖書みたく、統一基準として配ってるのか。(膨らむ妄想)

すごいメニュー数なので、何回も通って、いつか征服したい。そんな野望にかられるぞ。
馴染んだ味をベジィだけで作ってくれている、そんなありがたいレストランを、贔屓にしないワケがない。


b0059565_754535.jpgお持ち帰りボックスを大量に持って、次に向かうは映画館。とあるドキュメンタリーを観るのだよ。

……娘達のお腹が気になるけどな。(おーい、ダイジョブかー)


Vegetarian House
520 E. Santa Clara Street
San Jose, CA 95112
[PR]
by senrufan | 2009-05-27 07:41 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11106074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayumin_moo at 2009-05-29 15:05
写真、とってもきれいです〜♪
ほら、flickrにすると写真がウルウルしてる感じがしませんか?
Miyukiさんの撮影のセンスにflickrが加われば、鬼に金棒!
ちなみに、私は写真の加工をしたことがありません。
今度試してみようかな。。。(急に弱気)

それにしても、本当にベジレストランとは思えないお料理たちですね。写真だけだとお肉やお魚に見えて、すっかりだまされるところでした。Oyster Mushroomの唐揚げ、美味しそう♪もどき料理って、味はもちろん見た目も楽しみながら食べられそうですね。
Commented by Miyuki at 2009-05-30 13:07 x
*ayuminさん
こんなアナログ人間に優しく教えてくださって、本当にありがとうございます~! 確かに、こんな写真でも1割増しに見えるような気が(気のせいだ)
また色々と教えてくださいませませvv

そう、写真だけ見て、ベジと思う方はいらっしゃるまい。もどき、というのはニガテなんですが、チャイニーズに限ってはウケながら許しちゃうんですよね~(笑)
Commented by Chico at 2009-06-02 14:09 x
ちなみに私もFlickrの愛用者です♪

このレストラン、どれもVegetarianとは思えない品揃えですねぇ。
元が中華って云うのにビックリ☆
そしてもどきに騙されちゃってます。(笑)
Commented by Miyuki at 2009-06-03 10:03 x
*Chicoさん
そでした、Chicoさんもでした! 写真が上手い方ご愛用のflickerですね♪

このもどきには結構だまされると思います! 一度この店でTo Goして、一般人をだましてみたい、そんなユーワク(笑)


<< She is the One 小さな足の、大きな一歩 (3) >>