小さな足の、大きな一歩 (2)

Ascension (Christian)
Battle of Lquique (Chile)


見苦しくだーだーと垂れ流した先日の日記でしたのに、皆様から温かい言葉ばかりいただいて、本当にありがとうございました!(三つ指ついて)
勿体無く、申し訳なく、ひたすらに嬉しくて、すっかり勇気凛々・元気百倍でございます。
今日も元気に、ボケ・ツッコミ・ケンカ三昧の母子です。


b0059565_5581420.jpgご存知の方も多いと思いますが、一応ここに記しておきたいこと。
タイトルに使わせてもらった、「ずーっと ずっと だいすきだよ」というのは、ハンス・ウィルヘルム氏の絵本の題なのです。
原題は、「I'll Always Love You」

もう長くないだろうと思われる飼い犬に向かって、毎晩この言葉をかけていた男の子。
だから、覚悟していた日が来ても、悔いなく受けとめることができ。

これだけ歳をとっても、愛情を素直に出すのは、なかなか難しいものでして。生来の意地っ張りとか、和風の恥の概念とか、脱ぎ捨てたくても重いったら。

しかし、人間相手には困難であっても、動物であれば出しやすいのはなんででしょう。
ごちゃごちゃ考えては身体を縛る「頭」を持たず、代わりに我々が失った「本能」は持っている。
そんな彼らにとって、照れとか見栄とかシガラミなんて、不可解この上ないでありましょう。食べられないもんだったらいらねえよ、ってなもんだったりして。

動物のみならず、幼い子に対しても、常に直球ストレート。
以前にも書きましたが、成長する過程において身に着けた理屈の類いは、彼らに対しては邪魔なものがほとんどで。
だから、彼らを前にした時に、それらを脱ぎ捨ててから向かい合うことは、実は私にこそ癒しであるのです。


黄色の健康に不安を抱くようになった時、真っ先に浮かんだのが、この絵本でした。
そしてこの本を知ったのも、子育てを通じて、でした。

子育てというのは、苦しいことも多いし、自分が社会的に成熟した大人になる為には、役に立たない面も数々あり。
が、視点を変えれば、大人になる過程で捨てる、もしくは、奥深くに埋めなくてはならなかったあれこれを、拾ったり掘り起こしたり、見直して考え直す過程である、と思うのです。

* * * * *

【雑事】

バイリンガル、という言葉自体は昔から存在するものの、その定義は少しずつ変わっていっているようで。
娘がバイリンガルになるまでは、興味もあってそれなりに調べたりしたものの、いざなってみたら、あとはどーでもいー、という姿勢にあっさり流れたことは、私ですから不思議ではありません。(死んでこい)
まあ実際のところ、「知りたい」という欲求のみで調べたもので、それを自分の子供に応用するかどうかは、また別問題ですもんね。

当時メインで読んだ本は、中島和子著「言葉と教育」
その他、ネットで調べたあれやこれやの雑知識、その頃あった国際結婚や海外在住日本人のメーリンググループのやりとり、でした。
今ではもっと違う定義、より細かい定義もあると思うのですが、公平を期す為もあり、私がその頃に基盤にしていたものを、ここに書こうと思います。



*-*-*-*-*-*-*-*-*

1. バイリンガルとは

「バイ=2、双、複」+「リンガル=言語の」という言葉の成り立ちからいっても、「2言語を話す人」という意味を当てはめるのが、一番無難であるようですが。
言語というのは、「聞く」「話す」の会話面だけでなく、「読む」「書く」という面もあるので、これら4つの面の能力をどれほど持っているか・どういう形で持っているか、ということで考えた時、一口に「バイリンガル」と言っても、実は千差万別なのだということがわかってきます。

私が当時教わったのは、次の3つの分類でした。
二重バイリンガル : 両言語とも、その国のネイティブと同等の能力

偏重バイリンガル : 1言語はネイティブ並みだが、もう1言語はネイティブに劣る

平衡バイリンガル : 両言語ともネイティブに比べて劣る

二重バイリンガルの中でも、両言語とも更にeducatedなレベルまで到達できた人達は、スーパーバイリンガル、もしくはバイリテラシー、という名で呼ばれたりもします。
が、実際のところ、割合からいけば二重バイリンガルはかなり低く、偏重型、もしくは平衡型が一般的だとか。

会話はできても読み書きが苦手、というバイリンガルを指して、セミリンガル、という名で呼んでいた時期もありましたが、これは人権侵害に当たる可能性がある差別用語として、現在は使われないようになっているそうです。


ここでしっかりわかっておかなくてはいけないのは、
二重バイリンガルでなくてはいけない、ということではない
ということです。なんか日本語がおかしい気がするけどスルー。(殴)

確かに二重型が理想ではありますが、中島さんが本の中でおっしゃっているように、
バイリンガル=モノリンガル×2人分の言語能力を持つ人
ではなく、
バイリンガル=2言語を統合した言語能力を持つ人
のことであるので、そのうちの1言語をとって、ネイティブより劣っているからバイリンガルではない、と非難するのは間違いなのですね。
だから私が英語ができないのも、非難されなくてもいいわけです。あ、劣ってるどころじゃないから、元々バイリンガルの枠にも入らんわ。(すでに言語障害者)

日本から来てだいぶ経つのに、うちの子はまだ英語ができない……
とは、親御さんが良く悩まれることだと思いますが。
英語ではなく、母語であるべき日本語が問題なければ、その子の能力に問題はないと思うのです。
言葉の発達はご存知の通り、本当に個人差が大きいので、短期間で判断するのは危険でありますからして。


と、概略としてはこんなもんですが。
では、どの時点でその子がバイリンガルかどうか判断できるか、と言えば、ここで重要なのが、「年齢相応」という要素、なのでありますね。

(続く)
*-*-*-*-*-*-*-*-*

世界に何十億といるであろう、バイリンガル人口。
マルチリンガルの人口も、数えてみれば相当なものなんだろうなあ。特にヨーロッパの人とか。
その中に、うちのお嬢も含まれるわけですね。

その何十億のうちの、というよりむしろ、世界人口約68億人のうちの、たった1人の例として。
これは標準でも何でもなくて、ただこの子はそうだった、というだけのこととして。
お嬢のことも、少し書いていこうと思います。


お嬢がバイリンガルかどうか、と言われたら、はい、と答えられるのですが。
二重型か、と聞かれたら、そう信じたいです、と答えるしか。(おい)
ましてや、バイリテラシーか、と問われたら、できたらそうであってほしい、なんて。(更に弱気)

現在の彼女の、会話と読み書きの能力について考えれば。
英語の方では、現地ハイスクールで問題なく授業についていけている、ということを考えれば、ネイティブ並みと判断していい、と思われます。
こんなに自信がない言い方になってしまうのは、私自身がネイティブじゃないので、細かいところまでわからないんですよ。(くっ…)
とりあえず成績はAdvancedに入ってるので、その辺りからネイティブ並み、と考えているわけなのです。

じゃあ、自信のある日本語の方は、というと。
教育としては、日本に展開しているとある塾の、こちら支部でお世話になっているのですが。
定期的に受けさせられる試験で、日本・米国・欧州など、ワールドワイドでの総合結果が出される中、それなりの位置にいる模様。

だから、日本語も問題はない、と言いたいのですが、そこはほら、私が日本語だけが得意なもので、ついつい小さなアラに目がいっちゃうんですね。いかん、いかん。
で、私自身が、日本にいる日本育ちの同年代の子供を知らないので、年齢相応か、と言われたら、イマイチわからない、というのが本音であるのです。


まあ、一つ言えるのは、現地校でテストを受けると、日本人の子は、「数学が良くて、国語(つまり英語)が苦手」というのが通常パターンなのですが。
お嬢の場合、一貫して、「数学が苦手で、国語(英語)が良い」という逆パターン。

これは、英語が大丈夫ということもあるんでしょうが、数学・物理が天敵だった母からの遺伝子のせいが大きいかと。
……子供って、どうしてこう、似てほしくないところが似るんだか……!(頭を抱えながら)
[PR]
by senrufan | 2009-05-21 05:57 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/11044718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2009-05-23 17:27 x
バイリンガルに二重、偏重、平衡という分類があるなんて知らなかったなぁ。またひとつ賢くなれた、ありがとうMiyukiさん。
んで、「バイリンガル=2言語を統合した言語能力を持つ人」には、異国に暮らす者として、非常に勇気づけられますなぁ。

先日の日記、胸がいっぱいになってしまってコメント入れることもままならず。どういう言葉をかけてよいのかわからなかった情けない愛読者であります。
Commented by こっぺ at 2009-05-24 01:02 x
バイリンガルの話の続き、切に楽しみにしております。こういうことはできるだけたくさん先輩方の武勇談を聞くしか不安は解消できないと思ってるんです。親が不安になってたら息子だって安心して2言語の環境にいられないでしょうから。私自身が何年住んでも英語環境に慣れないので、子供のサポートができるかどうか心配なんです。数学、天敵です私も。このあいだオットに、台形の面積の公式いえる?って聞いたら即答でした。何者なんでしょーか。数学担当はオットに決まりです。
Commented by すれっぢ at 2009-05-24 22:10 x
こんな分類あるんだ~。言語の能力って読み書き喋り聞き取り・・・その複合だと思うので、なかなかこのレベルって言いづらい部分があるのではないかと思うのですが。だって日本に住んでる日本人だって、酷いメール送ってきたり、電話で話すと語彙が少なく、意味がわかんね~ひといっぱい居ますし。そういう場合、なんていうんですかね~。不足モノリンガルとか・・・(笑)

外国移民の2世を見てると、両親が家の中でその母国語を話してた人が殆どで、2世は聞き取りはできるが、話せないって人多いですね。あれがごく普通の経過ってことなのかな~と。
Commented by Miyuki at 2009-05-25 00:26 x
*マミィさん
いやあ、調べたら、もっといろんな分類があるんですね~。分類したからといって、何が変わるわけでもないのでしょうけど(笑)、どういう人が多いのか、というのは知っておいていいのではないかと。そう、2言語統合なんです。だから私の場合、日本語だけで100%いくよう、これからも日本語に磨きをかけて(殴)

姉さまにそう思っていただいたということだけで、胸がいっぱいでございます……ありがとうです~~(うるうる)
Commented by Miyuki at 2009-05-25 00:31 x
*こっぺさん
こっぺさんのお宅では、今まさに真っ最中の出来事ですものね。少しでもお役に立てるようなことが書けるよう精進せねば自分。子供のサポートは、今ふりかえっても大したことはできなくて(涙)、とにかく”黙って見守る”のが一番だったのですが、これが何より難しかったです~。
台形? ああ、あの直径×3.14ですよね(死) 我が家も数学担当は旦那のはずなんですが、いかんせん家にいやがらねえのと、彼の教えるのって、中学レベルに大学レベルの解き方を教えて混乱させたりなので、いても役に立ってないような(怒)
Commented by Miyuki at 2009-05-25 00:34 x
*すれっぢさん
そうそう、百人百様で、見極めは難しいところですが、分類が大事なんではなく、どおゆうのが一般的か、みたいなところで役に立てればいいですよね。しかし不足モノリンガル、いますいます!(笑) って、笑ってられないだろう自分。モノリテラシー、とも言えますかねえ。

そですね、移民の場合、3代に渡って母国語・文化を維持できたのは、ユダヤ人とジプシーだけ、なんて話もあるぐらいですからね。


<< 緩急見極めの基準とは ずーっと ずっと だいすきだよ >>