「ほっ」と。キャンペーン

海を越えて根付くもの

Substitute holiday (振り替え休日) (Japan)
St. George's Day (Army Day) (Bulgaria)
Martyrs' Day (Lebanon)


ただ今、ピアニストの中村紘子さんのエッセイを、まとめて読んでいるところでございますが。
いやもう、あれだけ美人でピアノが上手い上、文章までこんなに上手いなんてずるい、ずるい。しかも、料理もお上手だそうですよ。(ハンカチをぎりぎり噛む)(これもファン心です)

中村さんのエッセイで一番好きなのが、有名ピアニストについてのこぼれ話、だったりします。
特にホロヴィッツについては、さすが!というべき様々なエピソードが。やはり天才とは、紙一重のアレでございますな。

その中で、彼が言ったとされる名言(?)を2つ。
「ピアニストには三種類しかいない。ユダヤ人とホモと下手糞だ
東洋人と女にはピアノは弾けない

三種類のうち、二種類まで持つ彼は、そらあ名ピアニストであったハズですわ。

* * * * *

【レストラン】
b0059565_1434303.jpg

巷で話題の輸入物。メキシコからのインフルエンザ。
……大変失礼な表現の見本。

しかし、メキシコと国境を接するカリフォルニア。
このエリアでも、メキシカンの人達は大勢いるし、家族が向こうにいる方々は、さぞかし心配だろうと想像する。




メキシコの人が多いということは当然、メキシカンレストランも多い、ということで。
今ではすっかりアメリカ生まれのような顔をしてると見えるほど、メキシカン食は非常に一般的。
が、実際にメキシコの人に聞くと、アメリカでのメキシカンはとってもアメリカナイズ、つまりとっても脂肪豊かに仕上げられていて、本場はもっと素朴、とのことだけどね。

ベジィな私にとって、豆や生野菜豊富であるメキシカンは、とっつきやすくも思えるのだけど。
いまだに知り合いの域を出ないのは、サワークリームやチーズといった、乳製品の存在が。
おかげでいまだに、ブリトー・タコス・エンチラーダ・ファヒータ、これらの違いがわからないー。だって、どれもトルティーヤ&具じゃないかー。(混乱中)(ただの阿呆)
だから結局、メキシカンを食べたい時は、トルティーヤを買うか作るかして、自分好みの具を巻いて食べることがほとんどで、お店で食べるor買うことは滅多にないのだな。

しかし、最寄のフリーウェイの入り口近くに、2軒のメキシカンのファストフード的な店があって。なんとどちらにも、「このエリアでの『ベスト・ブリトーの店』に選ばれました!」の垂れ幕がかかってるの。
なので、ほぼ毎日そこを通るたび、試してみたいと思いながら、気づけば早数年が過ぎていたんだが。(……)
先日ふと目にした新聞に、この辺りのブリトーについての短い記事があったのだ。

その記事によると、以前のブリトーは大量の具を詰めた巨大な代物で、具によってはびしょびしょ状態だったとか。
それがカリフォルニア料理と合わさって、Cal-Mex(Tex-Mexのカリフォルニア版だな)と変わることで、よりヘルシーになったという。

よりヘルシーに、というのは、不適当と思われる野菜やフライにした肉類などを除き、豆とライスのコンビネーションにより、質の良いたんぱく質を供給できる、という意味。
しかも大抵の店には、ベジタリアン・ブリトーがあるという。だったら、一度買ってみるのも悪くない。
そう考えて、とりあえず最新「ベスト」に選ばれた店の方に、お嬢と一緒に行ってみたのだよ。


b0059565_1437243.jpg

夕方だったこともあるのか、店にはずらりと人の列。
一瞬、店名に”テキーラ”と入っているように見えるので(実際はTaco shopという意味のスペイン語だって)、バーかと勝手に思っていたら、実はすっきりと清潔感あるファストフード。
テイクアウトもイートインもOKだね。

レジに立つ、メキシカンにほぼ共通の外見=短髪・ヒゲ(偏見)のお兄さんが、大勢のお客さんの注文を、手際良くさばいていく。
そしてその横で、同じ外見のおじさまが、すげ早っ!のスピードで、がんがんブリトーを巻いていく。

b0059565_14373627.jpg

注文したのは、もちろんVeggie Burrito($6)。
他にも頼みたかったのだけど、それ以外のメニューは全て肉入りだったので、1種類のみのオーダーだ。
早業のおかげで、少ししか待たずにすんだ上、おじさまが特大の笑顔で手渡してくれたので、ブリトーと一緒に、至極良い気分まで持ち帰り。
アルミホイルに包まれたブリトーは、温かくて食欲をそそる香りだよ。

b0059565_14375176.jpg

30cmぐらいありそうなブリトーを、まずは2つに切ってみる。
しばらくホイルで包まれていたわりには、トルティーヤは程良い湿度。
中身はPinto beans、Salsa、Guacamole、ライスにチーズ、サワークリームとCilantro。

赤玉ねぎやハラペーニョのピリッとした辛さがアクセント。
ライスや豆は適度な硬さで、べちゃっ・ごりっ、のような食感とは縁がない。
真ん中から端っこまで、具がバランス良く詰まってて、最後までサルサもグァカモレも楽しめるのがいいね。

食べ終わって、満腹・満足。あえて乳製品は抜きにしなかったけど、多すぎなくて大丈夫。
欲を言えば、トルティーヤが普通の小麦のものだったこと。
適度な厚みがあるのは良かったが、種類が選べればもっとありがたかったかな、と。


この店の2軒隣のメキシカンは、最新「ベスト」こそ逃したものの、その前に8年連続で「ベスト」だったところ。
噂によると、そこではライスの種類が選べるらしいので、玄米ブリトーが頼めそう。
次回はそこだ、と、また予定ばかりが増えていく。


b0059565_1438846.jpgTaqueria La Bamba
2058 Old Middlefield Way
Mountain View, CA 94043
[PR]
by senrufan | 2009-05-06 14:32 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10896684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mame-honey at 2009-05-08 05:09 x
お野菜がたっぷりで美味しそうですね。 いや、私もメキシコ料理はほとんど食べたことがないので違いが分からず、、。ほら、だって豆がね、、避けて通れないじゃないですか(苦笑)でも一時期、Chipotleのタコスが好きでよく食べていました。豚インフル、、どうなんでしょう?うちは、日本の本社から大量にマスクが送られてきましたよ(笑)
Commented by Miyuki at 2009-05-08 14:13 x
*mame-honeyさん
そでした、mameさんは豆が! ナッツが! そりゃメキシカンはなかなか出番がありませんね。でも野菜がお好きだから、具を融通きかせてくれるところならダイジョブですね♪
ひえーっ、やっぱり来ましたか、マスク! 日本製の優秀なマスクで、どうかウィルスが避けてくれますように~(祈)
Commented by さく at 2009-05-08 14:16 x
メキシカンの人によると、ブリトーはアメリカうまれのメキシカンだそうで、ま、カリフォルニアロールのようなものですと。ちなみにフラワートルティーヤなんてものもなく、すべてはコーントルティーヤだそうです。
でもうまければ、なんでもいいぢゃーん、て思いますけどね。

最近ニューメキシコ料理をこつこつと研究中ですが、こちらはテックスメックスとほぼ同じです。つーか、ブリトーはともかくとして、テックスメックスとメキシカンの味の違いもよくわかりましぇんし。

あ、そうそう、そのメキシカンのともだちが「これは本場のタコス」と教えてくれた店があるよ。サンタクララのエルカミノ沿いにある「Las Flamas」。ちょっとファーストフードっぽいお店。でもけっこうおいしいよ。試してみてね。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-05-08 14:27
私も昔はメキシカンが大好きだったのに、あの油っこさが苦手になり、一品が軽く1000kcalを超える事実に驚愕し、追い討ちでトマト&豆&アボカド&シラントロがダメな夫を持ったため、候補にあがらなくなりました。。でも、Cal-Mexに変わることでよりヘルシーになったというのは朗報ですー。選べば美味しいメキシカンに出会えるということですね。Miyukiさんの超お薦め店情報を待ちます(笑)

メキシカンのメニューはいつも混乱しますね。(お米が入っているのがブリトー、お米の入ってない丸く巻かれたのがエンチラーダ、半分に折りたたむのがタコス(ソフト&ハード)、トルティーヤ上下に平たく具が挟まれたのがケサディラ、自分で具をトルティーヤに巻いて食べるのがファヒータ。と、勝手に認識。)

それよりも!!!つぶやきのお料理が気になって気になって。まるで贅沢なおばんざいレストランのよう。こちらのFava Beansって実が小さくないですか?(ファーマーズマーケットに行けば大きい子が見つかるかな、、)
Commented by Miyuki at 2009-05-08 14:29 x
*さくさん
そうだった、メキシカンといえばさくさんが詳しいのだった! 助けて、教えて、さく先生ー!
なんと、ブリトーはアメリカンだったのか~。しかもコーンだけとは、うわあ、目からウロコの連続。でも日本人だと、Sushiは認めない・寿司が本物、とかいってこだわりそうだけど、メキシコの人は大らかにどんどん広めてていいねえ♪ そうそう、結局はおいしさが大事だし(笑)

ニューメキシコのもあるの? テックスメックスとカルメックスの違いもわからんぞ(汗) 一番の男メシがテックスっぽいような、と勝手に想像中。

「Las Flamas」ね、よっしゃ、情報感謝! ベジタリアンバージョンあるかなあ、楽しみだ~vv
Commented by Miyuki at 2009-05-08 14:37 x
*shinaさん
ひええ、旦那さま、それはメキシカンは天敵ですな!(汗) カロリーという点からいけば、チーズやサワークリーム、肉の調理法などを気をつければ、かなりローカロリーになると思うんですよね~。そしてトルティーヤの粉を選ぶこと、とか。私もshinaさんと同様、外のメキシカンは油がツラくて、結局おうちバージョンばかりです。つまり、ビンボー系(きっぱり)

きゃー、すんごおおく的確なまとめ、大感謝ですー! やっぱりshinaさんはすごいわあvv(きらきら☆) そおかあ、ブリトーはライスが大事なんだあ。

ウチのつぶやきのタイトルは「今日の一品」ですが、別名は「今日のビンボめし」です。そら豆は、選べばおっきい子がいますよ。ファーマーズマーケットで、カゴを前に数十分かけて選んでる、目が血走ったオバサンがいたら、それは私です。
Commented by ayumin_moo at 2009-05-08 15:50
メキシカン、我が家はかなりの頻度で食べてます。
そして、私が頼むのはだいたいVeggie Burrito。
ここのベジー、とっても美味しそうですね!ぜひ食べてみたいです。
だいたいのお店は"Easy Rice"と言うと、ライスが少なめになります。
ちなみに、ライスが入っていないブリトーもありますよん。

San Mateoにあるお気に入りのブリトー屋さんはトルティーヤを普通の小麦、全粒粉、ほうれん草から選べます。
でも、私はいつもBaby Burritoを頼むため、普通の小麦しかありません。(涙)
Commented by さく at 2009-05-08 23:45 x
全然詳しくないよ、メキシカン。(涙)
でもこのあいだ、お友だちのうちでつくったコーントルティーヤ、すっごく美味しかったよ。道具を買いそろえようかと。(笑)

ニューメキシコはね、しいて言えば唐辛子入りのサルサを多用。
豚肉を炒めてベースにした赤唐辛子ソース(みゆきさんには無理?)と、グリーンチリのソース。両方つけてもらいたいときは「クリスマス」といって注文するのだそうです。あとけっこう何でもクミンが効いているのと、コーンと豚肉が多いような気が。

てかね、なんでもチリソースだから、なに食っても同じ味?
(ごめんなさい、ニューメキシコのみなさん)

Las Flamasはそういえば、お肉をグリルするんでけっこうおいしいんですけど、そうか、ベジは頼んだことないやー。でもベジのないレストランてないよね?(だんだん不安に・・・)
今度行った時メニュー見てみるから待っててね。
Commented by まきりん♪ at 2009-05-10 12:01 x
「実際にメキシコの人に聞くと、アメリカでのメキシカンはとってもアメリカナイズ、つまりとっても脂肪豊かに仕上げられていて、本場はもっと素朴、とのことだけどね。」

そそ、他国料理が北米に入ると、北米風にアレンジされたものになるんですよね。このあたりの中華料理なども同じく出、バンクーバーの本場中国人の料理したものとは全く違ったものになっています。まあ、日本に入っている他国料理も多かれ少なかれ日本人に食べやすいように改良(?)されているのでしょうね。

まだこのあたりのメキシカンではベジ・ブリートはメニューにないですね。
肉食の人々が多い地域だからなのでしょうね・・・
Commented by Miyuki at 2009-05-10 12:21 x
*ayuminさん
Easy rice、なるほどー! いやあ、勉強になります、ありがとう!
トルティーヤを選べるのはポイント高いですね♪
こうやって皆さんからのアドバイスをいただいて、良く考えてみるに、私の欲しいのはトルティーヤの種類が選べて、豆や穀類の量を加減できて、クリームやチーズはできたら抜きのブリトー……って、これってメキシカンというより、ベジ・ラップサンドってことだな(汗)
Commented by Miyuki at 2009-05-10 12:28 x
*さくさん
ほら、ご長男がメキシカンにはまってるって言ってたでしょ。だから自分が食べたいメキシカンは、だいぶ固まってきたこと。私は固めようにも、経験が少なすぎるのよー(未熟) なので、ぜひ道具も手に入れて、私に食べさせてください、ください。

クリスマスとは、なんてナイスなネーミング!(きらきら☆) 辛いものは得意ではないけど、それなら食べてみたい気もするなあ。クミンは大好きだから、その点ではポイント高いのだけど。どれも辛いだけなら、判別は難しい!(笑)

探索感謝! 機会があったらよろしくぅvv でもメキシカンなら、きっとベジはあるよね~。あってくれ~。
Commented by Miyuki at 2009-05-10 12:30 x
*まきりんさん
そうそう、それも北米風のアレンジって、肉だく・調味料てんこ盛り、みたいな!(笑) でもアレンジに関しては当然ですよね。日本こそ、それがお家芸だし~。

あと何年たったら、そちらでベジ・ブリトーができるか、賭けたい気分になってきました♪


<< 天が与える一撃は 今もいずれは過去となり >>