降って湧いてくるわけではなく

古くなったボトルウォーターは沸騰させて使うと、お嬢に以前言ったことがある。
昨夜彼女が冷蔵庫にしまい忘れた水が、キッチンのテーブルにメモ付で置いてあった。

「ゆでてください」

そうじゃない。そうじゃないんだ。

夜は友人のサプライズパーティ。
10日ほど前、旦那様@アメリカ人が電話をかけてきたので何事かと思ったら、「アメリカでは40歳はover the hillとして盛大にお祝いするんだ。だからサプライズで」という話で、勿論その場でウキウキと参加を表明。
こっちに来て以来の長いつきあいなのだけど、ここんとこすっかりご無沙汰だったので、もう渡りに船。

場所はピザ屋の一角を占領し(なんせ30人以上)、旦那様他数人が飾りつけをしてくれて、皆でお出迎えの練習もして、主役の登場を待つ。
何も知らない彼女がエスコートされて着いた途端、「Surprise!!」の声と拍手とクラッカーの嵐。わーい大成功!
鳩豆のような顔してた彼女も、しばらくしたら実感が湧いてきたらしく、涙ぐみながら旦那様に抱きついていた。

思いがけず遠方の友人にも会えたりして、私までプレゼントをもらったような気分。
40歳、本当におめでとう。ますます素敵で幸せなあなたになって下さい。
b0059565_3165862.jpg

[PR]
by senrufan | 2004-11-19 03:11 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1089154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kuro at 2004-11-21 06:31 x
偶然にも私の友人もこのときお祝いに駆けつけていたらしいです。世間は広いような狭いような、、、、。こんなお祝いをしてもらえる奥さんは幸せ者ですよね~。
Commented by Miyuki at 2004-11-21 13:20 x
ええーっ、それはどなたかしら!奥さん嬉しそうだったよ~。普段のおつきあいを大事にしている人だからこそ、あれだけの人が集まるんだろうね。と、ヒッキーな私は思ったことでした。


<< 着々と 移りゆく感性 >>