光を集めて身の内に

Labor Day


The Meaning of Success
To laugh often and much;

To earn the respect of intelligent people
and to win the affection of children;

To earn the appreciation of honest critics
and endure the betrayal of false friends;

To appreciate the beauty in nature and all that surrounds us;

To seek out and nurture the best in others;

To give the gift of yourself to others
without the slightest thought of return,
for it is in giving that we receive;

To have accomplished a task,
whether it be saving a lost soul,
healing a sick child,
writing a book,
or risking your life for a friend;

To have celebrated and laughed with great joy and enthusiasm
and sung with exaltation;

To have hope even in times of despair,
for as long as you have hope, you have life;

To love and be loved;

To be understood and to understand;

This is the meaning of success.
                     - Ralph Waldo Emerson

* * * * *

【個人的事情】
b0059565_9542899.jpg

ずっと内緒にしてきましたが。
実は隠し子、がいるのです。(告白)




なんて言ったところで、信じる人はいらっしゃるまい。
はい、その通り、ほんとは大事な友達の娘さん。今は原石の宝物。


ベビーシッターをやらないか、と彼女から声をかけられたのは、1月下旬のこと。
日本のように、近くに祖父母や親戚がいるわけではないこちらでは、友達同士の助け合いは命綱。ましてや、子育てという激務の真っ最中はね。
めでたく2人目懐妊、という嬉しい知らせと一緒に、彼女がもたらしてくれたこの話は、しかしその場で即答できるものではなかったの。だってほら、そこはだからね。

自分の子育てすら、成功とは到底言い難いのに、ましてや人様の大事なお嬢様。
性格をゆがめてしまったらどうしよう。
……普通は、事故やケガを心配するんだけどね。そこはほら、だってだからね……(半目)

私だけでなく、旦那まで同様の不安を抱きながら(…)、まずはお試しで1回やってみる、というところからスタートしたんだよ。


b0059565_9563625.jpg

始めた当初は14ヶ月に入ったところで、まだTerrible Twoからは距離があり。
そんな時期にいる彼女は、ベビーからは足抜けしつつ、でもキッズには間があって。
結局、清水の舞台もかくや、の覚悟で始めた週2回のベビーシッターは、数時間の逢瀬があっという間の、毎回驚嘆に満ちたものになっている。

子供はすぐ覚える、とか言うけれど。
実際にその目で確かめる早さは、スポンジが水を吸収する以上のもの。正しく、TVショッピングで出てくるような、ちょー吸収布巾も顔負けの(どうでもいい例え)
教えたその場で覚えて、数日たって再会した時には、すでに細胞の一つに組み込まれ。
遊び方から動作や言葉にいたるまで、全方向に開かれているような視野に入るものは、そのまま全てが彼女の栄養だ。

b0059565_9565166.jpg

あ、お母さんのマネだねこれ、というものを見せては、私達を笑わせてくれるけど。
同時に、あたたた、という動作をコピーされては、すみません直しますすみません、とハラハラと。
かと思いきや、生まれつき、としか言いようがないものも、確かにあって。

b0059565_957982.jpg

シャベルを片手に、土を掘る動作をしてみたり。
出して、バラして、合わせて、試して、単純動作を繰り返し。
彼女が過ごす一分の密度は、大人の一日分に相当するんじゃなかろうか、と感じ入る。

b0059565_9572520.jpg

ちなみにお母さんからのミッションには、遊び相手だけじゃなく、お昼ご飯の用意も含まれてる。
それは当然、「マクロビご飯を」という意味なので、無い頭をしぼって、お弁当を作ってはいるんだが、これが難しいったらありゃしない。
そりゃそうだ、どうしたってお母さんのご飯に勝るものはないんだから。たかだか週に2回こっきりで、心をつかめるハズがない。(泣き言)
べーっ!と出されて、あああああ、と撃沈したりもするけど、ばくばく食べてにっこりされた日には、その日ずっと笑顔でいられるぐらいに舞い上がる。私はあなたの手のひらの上。

一体どおゆう存在、この天使。
そんなことを大真面目に言いたくなってしまうほど、可愛くて愛しくて、どうしようもないんだこれがもう!!(ばんばん)(机を叩いてます)


白状すると、昔からずっと子供が苦手だったんだよねえ。
結婚してからも、子供を持つことに数年ためらっていたのは、子供嫌いな自分に育てられる自信がなかったからで。
それが特にここ数年、随分と子供好きになってきちゃって、いやはや、人間ってわからないもんだなあ。

それは、娘を育てながら知った、子供という存在。
対等に話せない、自己中の天動説人間の、忍耐力を鍛えるための、みたいなイメージから。
自分が二度と戻ることができない場所に、自分がなくしてしまった力を持ちながら立つ存在、という事実に目を開かされ。
愛しくて、単純で、奥深くて、腹立たしくて。きちんと向き合う為には、自分が築いてきたあれやこれやを脱ぎ捨てて、身軽になってから、が良い具合。
そんなことの一つ一つが、新鮮でまぶしくて仕方がない。


今のところ、お嬢が夏休みに入るまで、という期限付きのベビーシッター。
そして夏には待望の2人目の誕生で、それ以降のことは、またいずれ話すことになると思われる。
それまでにお役ごめんにならないよう、何とかお母さんの役に立ちたいと思いながら、毎回おじゃましてるんだが。だが。

はっと気づくと、あああ今日も私一人が楽しすぎたああああ、となってるので、果たしていつまで続くやら。(涙目)


とにもかくにも、10数年ぶりの子育て(?)は、嬉しい・楽しい・大好きに満ち溢れているのでありました。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

天使の愛らしい成長記録は、お母さんの爆笑ブログにて閲覧可能でございます。
顔写真ばっちりなので、くれぐれも取り扱い注意でお願いいたします。肖像権は母に在り。(大真面目)

ベビちゃんの可愛さはもちろんのことですが、お母さんの懐の深い育て方が、またすんばらしいのでありますすよ~。(尊敬&ぢまん)

カエルが覗いた世界
[PR]
by senrufan | 2009-05-01 09:52 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10861545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-05-04 00:03
ふっと愛らしい横顔を拝見した瞬間、この天使はもしや☆と思ったらやはり!なんと第二子ご懐妊とは嬉しいニュースです!!!日本語や日本文化の教養の高さ、しつけの行き届き、そして子供に食べさせたいマクロビご飯とくれば、確かにMiyukiさんは最高のベビーシッターさんですものね。frogfreakさんもお目が高い。お子さんを持つことにためらいを持たれていたのが今のような心境になられた経緯、とても心強いメッセージでした。
Commented by ayumin_moo at 2009-05-04 14:47
「私はあなたの手のひらの上」に笑いました。
「一体どおゆう存在、この天使」に大笑いしました。
こんなに愛らしい天使ちゃん、それはメロメロになってしまいますよね♪

今が大切なときの天使ちゃん、Miyukiさんという素晴らしい方にベビーシッターしてもらえて幸せですね!何より、ママも安心かつ心強いことと思います。frogfreakさんもお目が高い!(shinaさんと肩を並べて)そして、Miyukiさんのお弁当を食べられるなんてうらやましい~。私も赤ちゃんになりたいです。(勘違い)
Miyukiさんの繊細な子育ての仕方やfrogfreakさんのまさに「懐の深い育て方」を拝見していて、本当に勉強になることばかりです。
Commented by NONO at 2009-05-04 23:47 x
こんにちは~。
ベイビーちゃんて、特有のフェロモンというかオーラというか、大人の心を魅了する何かを発してますよね~。写真からも天使オーラがひしひしと伝わってきます!うちにもこないだまで手の平サイズ360gの天使がいたのですが、あっという間に1.7kgのヤンチャ坊主になってしまいました!…チワワなんですけどね(笑)。人間のベイビーちゃんと違って大人になるのが早すぎです。でも家族全員いまだにメロメロなんですが(笑)。

ところでインフル、心配です。Miyukiさんの周りで流行しませんように。そして早く収束しますように。ニュースを見てると日本上陸も時間の問題!?とドキドキします。と、とりあえず手洗い&うがいを頑張らないと(^^;)。
Commented by ありす at 2009-05-04 23:59 x
「きちんと向き合う為には、自分が築いてきたあれやこれやを脱ぎ捨てて、身軽になってから、が良い具合。」

この文章に私の感じている子供との交流の全てが!!!!!!
Commented by nikkeilife at 2009-05-05 08:47
ベビーちゃん可愛いのはさておいて(ん?)、shinaさんとayuminさんと(図々しく)参列させていただきます。手作りマクロビランチ食べたい!ベビーフードでもいいです、ハイ。(真顔)

横顔だけでもわかるふっくらしたほっぺ、くりくりおめめ、本当に愛くるしい時期ですよね。英語で、"she's got us wrapped around her finger"といいますが、こんな可愛い赤ちゃんなら、誰でも言いなりになっちゃいますよ~。
Commented by Miyuki at 2009-05-05 10:21 x
*shinaさん
そなんです、2人目なんですよ~! でもって、いやいやいやいや何やら大変な誤解をされていらっしゃるような!(滝汗) しつけも何も、ただの遊び相手、しかも鼻の下のばしっぱなしの役立たずなんですよ、とほほ。子供はね、持つ前には色々悩んだものでしたが、ぐだぐだ言う前に持ってみる! これに尽きるかもしれませんね(笑)
Commented by Miyuki at 2009-05-05 10:25 x
*ayuminさん
はあい、もーーメロメロでどうしようもありません~~vv(ふにゃふにゃ)
いや、幸せかどうかは大変なギモンでありますが。実際、frogfreakさんの子育てはすばらしいので、私は留守番役ぐらいしか役に立たなくて(涙) お弁当もねえ、むしろじゃまなんじゃ?と思うこともたびたび。とほほのほ。
frogfreakさんの大らかな子育ては、ぜひぜひ参考にしていただきたいです!
Commented by Miyuki at 2009-05-05 10:30 x
*NONOさん
きゃー、お元気ですかー?
いやほんと、ベビちゃんというのは偉大な存在ですね。どんな動物も、赤ちゃんの時は生活能力がない分、誰にでも世話してもらえるよう、愛らしく見えるようになっているのだそうですが、すっかりそのワナにはまってます(笑) 1.7kgのチワワちゃん! それは私もメロメロ間違いなし~。

インフル、ご心配ありがとうございます~。そう、カリフォルニアはメキシコと続いてるし、メキシカンも多いので、実は結構危険なのですけど。でも誰もマスクしてなくて、たまにしてる人は日本人だった、みたいな!(笑) 早くワクチンが完成してほしいですねえ。
Commented by Miyuki at 2009-05-05 10:32 x
*ありすさん
おお、ご賛同いただけますか! 激務の合間をぬって、ちゃんと向き合ってくれるありすお姉ちゃん。姫様たちは幸せだなあ♪
Commented by Miyuki at 2009-05-05 10:34 x
*アヤコさん
ふっふっふ、ほんとにベビーフードでいいんですね? その言葉、聞きましたよ?(なぜ脅す)

その文章、ぴったりだー! 教えてくださってありがとうです~vv ほんとに、指でちょちょい、とつつかれたら、あらあら、ってその場で回ってしまいそうなワタシです。
Commented by frogfreak at 2009-05-08 14:07
いつもチビを可愛がってくださってありがとうございます。
やっぱり、両親以外の1対1で付き合える大人の存在って大切!っていつも思います。
同じおもちゃを持っても遊び方も違うし、ボキャブラリーも違うし、物事への対処法も違うでしょ。その中から一杯一杯、毎回吸収しているチビをみていると、本当にお願いしてよかったなって思っております。
そして不健康台所の我が家に育つチビの胃袋をマクロビランチで浄化してくださって、感謝感謝でございます。
チビ2(仮名)が産まれてからもお願いしますね~っ!
Commented by Miyuki at 2009-05-08 14:23 x
*frogfreakさん
わあい、いらっしゃい、お母さん~! いつもお宅のお嬢様にお世話になっております。(深々)
ほんとに、姫の吸収力には驚きっぱなしですよ~。その無垢さを大切にしたい気持ちと、「オレ色に染まれ!」みたいな独占欲とが、私の中でせめぎ合い(あぶねええぇ)
でもほんと、やっぱりママが一番だなあ、と毎回思っておりまする。それもfrogfreakさんだからこそvv お弁当も役立たずで申し訳なく……! こんな私で良ければ、せめて肉体労働でこき使ってやってください。もちろん2人目天使ちゃんの時も、ぜひぜひお願いいたします~!


<< 今もいずれは過去となり may・mai・5月 >>