名が表すのは存在の

Sinai Liberation (Egypt)
Liberation Day (Italy, Portugal)
Anzac Day (Australia, New Zealand)


フランシーヌは、無事物置行きとなりました。ここで合掌すべきですか。

我が家の電気屋さん、さっさと必要なものをインストールして、今までと同様に写真がいじれるようにしてくれたですよ。
なのでこれからは、「さゆり(仮名)」一途で邁進したいと思うです。

しかし、お嬢が別な名前候補として、「お蝶夫人」を挙げてきたので、ただ今ケンケンガクガクの議論中。そりゃだめだ、だって縦ロールしてないじゃん。(大真面目)
一旦つけたら覆せない、とばかりに、あーだこーだと考えてます。



名前といえばタイムリーに、ミクシィを通じて読んだコラムに、こんなのがありました。

ネーミングで、とりかえしのつかない一歩を踏み出さないために

確かに、ここしばらく聞く新生児や子供の名前ときたら、思わず両手バンザイしてしまうようなものが多すぎて、そのたびに人生後半期に入ったオノレを感じておりました。
子供の名前に限らず、ネットのハンドルネームや作家のペンネームまで。アニメ&デジタル世代だなあ、とつくづく思う名前が氾濫中。
みかえるくんもはあとちゃんも、いずれはおじいちゃん・おばあちゃんになるんですけどねえ。


そうえいば中学生の時に、気に入った名前占いの本がありました。
もうタイトルなどは忘れてしまったのですが、普通名前については、画数での占いばかりだったのに、その本だけは、名前の音に注目した分析になっていて、画数よりも信頼性があるように思えたんですね。

その本の主張とは、
「赤ちゃんの頃から、その名前で呼ばれるたびに、その”音”が脳に刺激を与え、それに合った性格が形成されていく」
といったもの。
特に重要なのが母音で、
・名前を付ける時は、フルネームの中に、できるだけ多くの母音がそろっている方が、バランスの良い人間になりやすい
・母音が3つだったら、相性の良い組み合わせが望ましい(例:A・I・U)
・人との相性は、お互いが一番呼ばれている名前の母音を照らし合わせて判断する
  例:Aと相性が良い母音=I・U
こんなことが書いてあったのを覚えてます。

名前が人に与える影響は、決して少なくないもので。
それは音の響きだけでなく、その名前に対して他人が抱く印象から、それによってこうむる社会的影響まで、広範囲に渡ることなので。
たまたまその時人気だった芸能人の名前をつけたら、そのゲーノー人が数年後に、公然わいせつの罪でつかまっちゃったらどうしましょう。

なんてことを、いくらその時に考え抜いても、未来が読めるわけじゃないのでね。
親なりの願いをこめて、大事にその名を呼びつつ育てて、本人がどうしてもイヤだったら、将来改名すればいいのでしょう。


「名前の由来は?」とは、良く聞かれる質問ですね。
ちなみに私の場合、親はてっきり男の子だとばかり思っていたので、女の子の名前を全く考えておらず、生まれてから大慌てだったらしいです。
他にどんな名前を考えたのか、両親にたずねてみたところ、父は、
「”まりあ”という名前にして、”あべ”という家に嫁にやろう。そしたら”アベ・マリア”になるぞ
と大真面目に言ったとか。


って、ここまでですんごく長くなっちゃったじゃん!(うっかり!)
なので、日記はまた後日。
[PR]
by senrufan | 2009-04-25 02:54 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10810955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2009-04-27 15:12 x
フランシーヌとのお早いお別れおめでとう。裁判でもめるようなことがなくて何より(笑)

名前が脳を刺激し、性格形成に影響を及ぼす・・・それ、あると私も思うな。Miyukiさんのお父さん、傑作(大笑い)。MiyukiさんがMariaだったら、フランシーヌのお別れには自然と頭を垂れてお祈りしていたことでしょうな。私の場合はマミかリカが候補に挙がっていたそうで。もしも子供の頃からリカと呼ばれ続けていれば、もう少し理系に強い女であったような、そのような妄想を抱いてみた朝。
Commented by Miyuki at 2009-04-28 13:13 x
*マミィさん
ええ、おかげさまで! 向こうも、こんな日本人いやだわ、と思っていたのかと考えるとむかつきますが。

出産後の病室で、こんな話をしまくるうちの両親に向かって、隣の帝王切開後の奥様が、「お願いですから外で話してください、笑うとおなかが痛いんです」と頼んだそうですよ。私がマリアだったら、別名・地獄のマリアと呼ばれていたかもしれません。(真顔) 姉さまがリカだったら。私の脳裏には、すんごく細く美しいパリジェンヌが浮かびましたぞ。やっぱり姉さまは姉さまでいらっしゃいますな♪
Commented by ayumin_moo at 2009-04-29 00:28
まだ子供もいないくせに、子供ができたらどんな名前がいいかなぁなんてよく考えちゃったりします。今のところは、シンプルかつ読みやすい漢字の名前がいいなと。(妄想族)
名前が脳を刺激するなんて考えたことはありませんでしたが、たしかに納得です。私は自分の名前の由来を知らないのですが(さすが三女)、旧姓で母音がIUAAUIになるので、母音が揃っていたのですね~。まぁ、偶然だと思いますが。。。
知人から聞いた話ですが、アメリカに住む日本人の方が赤ちゃんに「風香(ふうか)」ちゃんという名前をつけようとしたところ、周りのアメリカ人の方から必死で止められたそうです。アメリカでは放送禁止用語に聞こえるからだと。色々考えると、名前って難しいですね。。。
Commented by Miyuki at 2009-04-29 10:45 x
*ayuminさん
今から考える、それは良いことです。私みたく、全然考えてなくて、役所の締め切り当日に駆け込み出生届、なんてことはいけません(恥)
お、そろってましたか母音! 私も旧姓ではそろっていたのですが、結婚したら変わってしまって、ちょっと後悔(何をだ)
そうそう、特に二ヶ国以上に通用する名前って難しいですよね~。日本語は漢字で意味を持たせるけど、欧米では音が勝負ですもんねえ。やっぱりayuminさん、今から考えてなきゃいけませんな!


<< 空間が纏うはその香り 大地に根を張り数百年 >>