種生む努力に比べれば

今年に入って、ぐっと出張が減った我が家の旦那。
カリフォルニア滞在は、なんとすでに2ヶ月近い日数が経過中。

そしてこの間、朝食・夕食はもちろんのこと、昼食もいっそお弁当にしちゃえ@ビンボー家庭、ということで、三食が私の手料理で。
つーことは、有無を言わさず、「ほぼヴィーガン」の強要ということで。ちょこっと文句を言おうものなら、悪妻から威嚇の10倍返し。(シャーッ!)

そんな食生活が、彼の身体に影響を及ぼさないはずがないのでございます。


果たして1ヶ月後には、ぴったりだったズボンが、ウェストに拳骨が2つ入るようになり。
1ヶ月半後には、穴が足りなくなって、とうとうベルトを切る羽目に。

良かったねー、すごいねー、絶賛肥満中のワタシに対するアテツケみたいだけどねー、などと小躍りする私のそばで、彼ときたら、
「俺、どっか病気かなあ」(真顔)
なぜ以前の方が病気だったと考えられんのだ。


久しぶりに、今週末から日本に行く彼ですが、その間にどのように体調や体型が変わることやら。
かーなーり、楽しみにしているのです。(悪魔の笑み)

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_1082630.jpg

健康の為に食生活を変えよう、と人が思い立つのは、健診などで問題が見つかったことを契機にすることが多いのでは、と思うんだが。
私の大事な友達の一人も、昨年データに比べて、たまたまあまり望ましくない変化があった為、もっと野菜中心の食生活に変えていこう、と考えた。



レシピ本だけは沢山持っている私、彼女の頼みなら喜んで、とばかりに、お薦め本を3冊渡す。
どう思われるかなあ、とちょっぴりどきどきしてたけど、幸いにして、とても気に入ってくれた模様。
ただ、ひいては一度料理教室をやってもらえないか、と言われた時には、マジですざざざーーっ!! と、数メートル引いたことを白状せねばなるまい。

だって私、レシピを見ながら、その通りに作ることしかやったことないし。
習ったのなんて、マクロビ教室の2回きりだし。
教えるどころか、私の手つきをお目にかけるのさえ、時間のムダじゃなかろうか。

そう言って、尻込みしまくりの私だったけど。
もう一人加わってくれて、彼女達と一緒に時間を過ごしたいなあ、と思ったのと。
いつも私がお世話になりっぱなしの、あんな方やこんな方の素敵なレシピの数々を、知ってもらって好きになってもらえたら、という望みもあったので。

教室なんてもんじゃなくて、あくまで「一緒にレシピを見ながら作ろう」という趣旨のもと、我が家で行うことにしたんだよ。


料理上手の2人がわざわざ来てくれるので、伝えるなら、彼女達にとって、何か目新しいものを。
ということで選んだのは、雑穀などの新しい食材を使ったり、重ね煮というやり方のものだった。

b0059565_1095324.jpg

まずは、先日一緒にランチに行った時、彼女達が気に入ったビーツ。
これを使った美味しいレシピというと、やっぱり川瀬先生に教わったビーツのカルパッチョ風

ビーツの下ごしらえのやり方と、ドレッシングのベースだけ伝えれば、あとは盛り付けまでばっちりの彼女達。

b0059565_1010978.jpg

もう一つ、さっぱり系で、と思って、天野朋子さんレシピの、キヌアのマリネサラダなど。
キヌアの炊き方と、混ぜるドレッシングの割合と。
和える野菜はお好みで。にんじん、かぶ、きゅうりに加えて、カリフラワーとブロッコリーを数種類混ぜて。コーンも入れれば、なお美味しい。

b0059565_10132784.jpg

野菜の旨さを引き出す重ね煮は、大好きな料理法の一つ。特に寒い日は、余計に恋しくなる。
マクロビを知るまでは馴染みがなかったけれど、実は海草の中ではバランスの良いあらめを使って、家にあったセロリと椎茸も。
玉ねぎの回し切りと、ウォーターソテーのやり方も。

b0059565_10104261.jpg

ボリュームのあるメインも一品。月森紀子さんレシピで、車麩の香草パン粉焼き
出汁と醤油で煮含めた車麩を、味噌やマスタードで作ったソースにたっぷりとつけて、ハーブを混ぜたパン粉にくぐらせて。油で揚げるより、オーブンでじっくり焼くのだよ。
肉や魚がないと、どうしても男性にはツラいだろうから、ヴィーガンで通したい時、食べ応えのある車麩はとってもお役立ちなのだ。

b0059565_1011885.jpg

ご飯と汁物も忘れずに。これがないと、献立がしまらない。
ちょうど月の初日であったので、小豆入りご飯を炊いたんだ。玄米だけじゃ食べ慣れないかもしれないので、半分は三分づき米にして。
おついたちと15日には、小豆を食す。そんな昔からの知恵には、必ず理の通った意味がある。

b0059565_10112390.jpg

割合からいって、豆類を増やしてもいいかなあ、と思ったので、汁物は天野さんレシピから、ひよこ豆とキャベツのスープをね。
出汁は昆布で、味付けは白味噌で、と和風食材を使うのに、出来上がりはしっかり洋風なんだよね。
これも野菜のウォーターソテーで甘みを出して、重ね煮手法でゆっくりと仕上げる。

b0059565_10114219.jpg

デザートには、豆腐を使ったものというリクエストがあったので、なかしましほさんレシピの豆腐マフィン。思い立ったらすぐ作れる上に、アレンジ自在なのがありがたい一品。

基本の生地を作って、家にあったフルーツ類から、ブルーベリーとストロベリーを、フレッシュなままで混ぜ込んだ。
焼き上がりには汁がたっぷりと染みているけど、その瑞々しさも味のうち。


10時半ごろにゆっくり始めたのに、これだけ品数を作っても、12時にはすでにランチの準備完了。
彼女達の手際がすばらしく、さっさと進めてくれたので、振り返れば私のド下手な説明が、一番時間の無駄だったかも。(殴)

ベジやマクロビ料理って、手間がかかると思われがちだけど、実際はむしろその反対。皮もむかないし、手をかけるより素材の力を願うものが多いので、時間はある程度かかっても、余計な手間はかけないから。
そんな敷居の低さと懐の深さも知ってほしかったこの日、無事に伝わったといいけれど。
それにしても、こうやって仲の良い友達と一緒に料理して、そのまま食事というのは、何回やっても、どうしてこんなに楽しいんだろうね。


料理と一緒におしゃべりも楽しみながら、いっそ料理教室を開けば、と言われたけれど。それはどうしたって在り得ない。
だって私は、オリジナルレシピを持てないヤツなので。いつでも誰かのレシピ頼りで、せいぜいが少々アレンジするぐらいしか能がない。
素敵なレシピを考えては公開してくれる人達に、感謝の念を抱くばかりだから。
人様の創ったレシピを教えて、それでお金を取るなんてのは、私ごときが考えるのも許せないことなんだ。

でも、私の知ってる本やネットのレシピがどれほど美味しいか、ということだったら、おまかせあれ。
一緒に作って試してもらって、それで気に入ってくれれば、こんな嬉しいことはないんだよ。
そして私が受け取らせてもらうのは、一緒に過ごせる楽しい時間。これぞ、ぐっど・でぃーる、ってなもんでしょう。

そう言って逃げようとしたのに、優しい彼女達は、かかった材料費の倍のお金を置いていってくれちゃって。
この感動を忘れちゃいけねえ、とふるふる震えた私に、どうか再度のチャンスを下さい。このお金でまた食材を買って、一緒に楽しくお料理しようじゃないか。
だから今度は、お財布は持ってきちゃいけません。(命令)(すでに懇願)

心身の健康も、実りあるお付き合いも、源の一端は食に在り、と言いたいぞ。(食欲の権化発言)
[PR]
by senrufan | 2009-04-07 09:36 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10686325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2009-04-09 13:26 x
私が常々思っていたことが実現されたのですね!旦那様のベルトの穴開けが必要になるとは、Miyukiさんのお料理の尽力以外ないじゃないですか~旦那様に認識を促さなくては。

Miyukiさんにはお料理教室を絶対やって欲しかったので、このような会がデビューとなって嬉しいです。近くにいたらオブザーバー&試食役として飛んで行きましたのに、残念です。

次回はどんなお料理の会になるのか、期待しちゃいます~
Commented by マミィ at 2009-04-09 21:58 x
真顔で自分の体重減を心配する旦那様、おもしろすぎ(笑)そしてまた日本へと行かれるのですね。いってらっしゃ~い!と満面の笑顔で送り出すMiyuki母娘が目に浮かぶんですが。

こんなご馳走がそんな短時間でできちゃうとは驚きですわ。彩りも良いし本当に美味しそう。

レシピを頼りにアレンジできれば本当にもう、胸を張って教えることができると思いますよ~。ピアノの先生、オリジナル曲を持っていなくても教えているし、お習字の先生、模範どおりの書体で教えているし、教習所の先生、規定どおりの運転方法で教えているし・・・え~と、え~と・・・きりがないのでこの辺でやめておきますね、はい。



Commented by mame-honey at 2009-04-10 01:31 x
わ~、どれも美味しそう!
Miyuki's weekend cooking class求む!
どれも素敵に出来てるし、アレンジができるならばもう他に何がいると言うのでしょう!
Commented by nikkeilife at 2009-04-10 08:10
う、羨ましいです。Miyuki Cooking Classも、旦那さんの体重減も。レシピを見ながらでも、材料や作者に尊敬をそそぎ、行動の中に意味を見つけるMiyukiさんは凄いと思いますよ。それに、アレンジも出来るなんて、素敵。私はちょっとでも冒険してみると無残な結末になるので、アレンジ禁止令が出てます。(自分に)レシピを見ながらちゃんと作れるってのも技がいる、と私は思ってます。クラスを開くなら、私日帰りでも飛んで行きますよ!でもほんとに、クラスじゃなくても、気心がしれた友人とこういうときを過ごせるのはよいですよね。スローライフ風かな。
Commented by ayumin_moo at 2009-04-10 13:25
すみませんが、私にも料理教室を開いていただけませんでしょうか。
いや、レシピブックどおりでもかまわないのです。一緒に作っていただければ。
私ったら、意外と(?)保守的人間で、新しい材料に手を出しづらく、マクロビのレシピ本を数冊持っているもののなかなか実行できないのです。(恥)
ずいぶん前に買った車麩も、棚の中で眠ったまま。。。

マクロビやベジ生活って、レシピだけでなく、考え方や感じ方がとっても重要ですよね。そういうことを伝えることができるMiyukiさんなら、素敵な料理教室をできると思います!
だから、私にもぜひ。(しつこい)
Commented by Miyuki at 2009-04-10 14:01 x
*まきりんさん
えーっ、そんな風に思っておられたとは! 本人は、人生でこんなことは在り得ないことパート3、ぐらいだったので、結構びっくりだったのですよ。でもデビューなんて立派なものではなく、いつもの友達とのお遊びの延長なんですが(笑) まきさんがいてくださったら、この楽しさは倍増間違いなし!なので、ほんとにご近所だったらなあ、と思わずにはいられません~。
旦那がやせるのは嬉しいんですが、ああやって真顔で心配されると、私が責められているように感じてしまうのはなぜ。(ちっ)
Commented by Miyuki at 2009-04-10 14:05 x
*マミィさん
ええもう、満面の笑顔で見送って、姿が見えなくなった途端に万歳三唱やってのけましょう! 日本の実家に荷物がいーっぱいたまってるんですよ~。出張減るのはイタいんですよねえ、ふう。(何様だ)

わはは、ピアノの先生、書道の先生、そおゆう見方ができますか! いやいや、でも身に着けたテクニックがあれば、お金をとることもできますが、私のバアイ、包丁さばきすらあぶなっかしくて、一体何年主婦やってんだ、ってレベルですからね~。それより、マミィさんに額入れを習いたいワタシです。通信教育しませんか。(マジ)
Commented by Miyuki at 2009-04-10 14:07 x
*mame-honeyさん
あれだけ色々作れるmameさんには、クラスは必要なしですよ~。むしろレシピ本をお貸しして、活用していただきたいです! もしくは、普段お忙しいから、私なぞでよろしければ、おかずを差し入れ、とか。
Commented by Miyuki at 2009-04-10 14:16 x
*アヤコさん
料理って創造の世界の領域だと思うので、私のようにクリエイティビティがカケラもない人間からしたら、とにかくすごい!としか思えないのですよ~。しかも、そんなすごいことを、本ならともかく、ネットでフリーで公開してくれるということ、ありがたいなんてもんじゃないですよねえ。私こそ本当に冒険できないヤツなので、料理を始めてから、少々アレンジできるようになるまで、何年もかかってしまいました…(恥)
スローライフ風、素敵な響きですねえ、いいなあ♪ そう、気心知れた人と、というのが一番のポイント、ですよねえ。うん、いつかアヤコさんとも一緒に作れたら、と願ってしまいますvv
Commented by Miyuki at 2009-04-10 14:21 x
*ayuminさん
ayuminさんと一緒なら、もーーいつでもウェルカムですよ! やりましょう、やりましょう、そして一緒にご飯を食べましょうvv
車麩はうちではすごい勢いでなくなっていくので、眠っているのがうらやましいです。昨日も3枚も使ってしまった……(ああああ)

考え方や感じ方、そうですねえ。でも、それを語ってしまうと、相手によっては引かれてしまうことにもなりかねず、なかなか難しいところでございます~。この見極めが、KYの私にとっては課題です(汗)


<< Get Organic! (5) 蒔かずに広める種もある >>