恐れていたもの

「一人っ子らしくないね」を、褒め言葉として言って下さる方は、自ら一人っ子にステレオタイプ偏見ありと告白されているようなものだと思うのは、いくらなんでもゆがんだ見方だろうか。

朝から友人宅へ。
彼女は、私の数ヶ月後に渡米してきて、それ以来ずっと仲良くしてきたのだけど、とうとう帰国命令が出てしまったのだ。
秒読みではあったから、覚悟はしていたものの、決まるとショックはどうしても大きくて。
おまけに帰る先は静岡なので、日本に行ったところで、そう簡単には会えないし。
寂しいよう、つらいよう。
ぎりぎりまで一緒に遊ぼうね~。

随分久方ぶりに会った知り合い。
前は会った時は、あなたはまだアメリカに来て1年たってなくて、25歳という若さがまぶしかったね。
3年ぶりに会った彼女は、双子の女の子のお母さんになってました。
二卵性でちょーーーかわいいのー!!
生まれた体重も700gも差があったそうで、顔も別なら性格も別で、遊んでてすんごく楽しかったvv
[PR]
by senrufan | 2004-07-27 14:15 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1047437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 秘めたこだわり タイミングこそ >>