太陽から目をそらし

あああ、Camp Kinetic が終わってしまった……! 来週から、お嬢に滅私奉公する日々が始まる。(んなわけねえ)
キャンプはとても楽しくて、毎日ご機嫌で行ってたよ。今回は当たりだったね。
最終日の今日は、ペットボトルを使ったロケットを作って飛ばしたんだって。
他にもいっぱい作ったね。marble ramp、catapult、電池で動く車やボート。ダイニングテーブルの上にずらりと並んでるよ。

……とっても迷惑なんですけど。

お嬢の顔に、年々ソバカスが増えている。
日焼け止めは塗りまくっているのだけど、どうしたってカリフォルニアの太陽は無敵。
私自身がホクロやシミソバカスだらけで、お金と時間と隠れ家さえあれば顔の皮一枚剥ぐ手術をしたいぐらいだから、せめてお嬢はそうならないよう頑張っていたんだけどなあ。

そんな私が滞米中にやりたいことシリーズ:手術編。
目のレーザー手術、レーザーのシミとり手術、下半身の脂肪吸引。

なんて言ってたら。
米軍が、軍医の技術向上をはかる為、兵士や家族に対して美容整形・脂肪吸引・豊胸手術を無料で行っているそうだ。費用は税金でまかなわれるらしい。
ずーるーいー!!(地団駄)

ドナ・アンドリューズの「13羽の怒れるフラミンゴ」を読む。シリーズ3作目。
ユーモアミステリは大好物で、特にこのシリーズは言葉の掛け合いが面白くて飽きない。
こういうユーモアというかウィットは、日本人の感覚とは別のところにあるよね。そうやって育たなければ持ち得ない。
原書で読めばもっと面白かろうと思うのだが、英語を30分以上読むと吐き気をもよおすアレルギー体質なので、それがかなわない。
いやあ、全く残念だ。

もし英語がアレルゲンでパッチテストできるものなら、いつでも血液を提供する用意があります。
[PR]
by senrufan | 2004-07-23 14:11 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1047397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by USAぬ住む江戸っ子 at 2011-02-04 06:41 x
今日も途方にくれ。。。で,訪れたら見なれないページに!
2004年だった。
Miyukiさんの書く表題の一つ一つに言葉のセンスの良さを感じる
表題やブログ名で興味を覚えないとスルーしてしまいがち、適度な
スペースは見やすいし。

軍の病院で瞼の整形をしてビッコタンになったという話が
流れた事がある、皆がただより高いものは、、、と。

友人がレーザーで小さいホクロやしみをとったのも この頃で
中国人の整形医だった、うまく行ってきれいになりましたけど
あれから7年? 最近又やりたいと言っています。

友人の子供は近眼がひどかったのだけど ドクターには手術は
うけられない(何故かはしらない)と言われたそうです。
Miyukiさんは出来たようで、ヨカッタ。

友人の旦那さんは有能なセールスマンで見栄えを気にする
それで脂肪吸引の手術を受けた、成功。それから5年? 又
やりたいと言っている、確かに又目立ってきてます。

私?40歳ころからずっとプチフェエイスリフトがしたくって、でも
夫の甲斐性がなくって(笑 最近は プチではすみそうもないので。
Commented by Miyuki at 2011-02-04 12:07 x
*USAの江戸っ子さん
うわー、こんなこと書いてたんだー!と自分でもびっくりです。
今読んでみると、昔の日記はツイッターの寄せ集めみたいな感じですねえ。でもちゃんと「日記」だったんですよね……うーん、今のブログに対して、ちとフクザツにもなります。
そなんです、私はタイトルも不自由でして(笑) 検索にひっかかりたくなくて、敢えてわかりにくくしていた、というのもあったんですよ実は。

なるほど、脂肪吸引もシミとりも、一回で終わらないかもしれないんですね! それをきっかけに生活も変えないと、根本解決にはならないんですねえ、勉強になります。

営業的なお仕事だと、気にしなきゃいけなかったりしますね~。うちの旦那も対外業務が増えてから、初めて白髪を染めました(笑)

フェイスリフト、大いに興味あります!でも私の諦めるコツは、鏡を見て、「コレにお金をかける気?」と呼びかけることなんです……


<< 期待しないで期待以上 それぞれのキャリア >>