頭ガイタイ

新しいろう粘土を補充してのお嬢の最新作が完成。私の友達に頼まれたピングーの粘土細工。
キャンディの空き箱を使ったもので、南極の氷の上に、雪遊びしているピングー・ピンガ・ロビ(体長1㎝)がいるんだよ。
かーわいーい! ねーねーほんとにあげちゃうの? うちに置いとこうよー。
大丈夫だよ、もう彼女も忘れてるよ!(暴言)

あ、無視してラッピング始めやがった。ちっ。せめて写真を撮らせたまえ。
b0059565_15381574.jpg


久々に紀伊国屋を襲撃。引っ越してから遠くなったので、たまーにしか行かない。
日本円になおすと倍額近いので、買い物というより新刊既刊情報を求めて行くことが多いが、オアシスには変わりない。

家に戻ってきてしばらくしたら、お嬢が慌てて、「ママ、大変だ!」と走ってくる。
彼女は今日はワンピースを着ていたのだが、なんとその下にもう1枚ワンピースを着ていたらしい。
結果として、上に着ていたワンピースの袖口が破れてしまっていた。お嬢はえーと胸板が厚いので、ただでさえきつかった袖口が耐え切れなかった模様。

 「スーパーは寒いかもと思ったの」
 「すっかり忘れてて、気づかなかったの」

この子が私の子になったという天の配剤の妙に思いを馳せる私には、彼女の言い訳はぼんやりとしか届かない。

養老孟司+森毅対論集「寄り道して考える」を読む。
異色と評される研究者のお二人が、日本人の考え方・行動、お金と宗教などについて論を交わしたもの。
養老先生はオウム事件の頃、脳の専門家として例のヘッドギアの効果について聞かれた時、「ものさしで頭を叩くのと同じでしょ」とおっしゃったその瞬間から、気になって仕方がないお方である。

お二人は全共闘を体験された世代でいらっしゃるのですね。
全共闘の時、生徒側代表が教授連に向かって、「お前達は専門バカにすぎない!」と叫んだら、教授が「お前達はただのバカだ」と返されたというエピソードをどこかで目にしたことがある。
この情報の真偽をとても知りたい。どなたか目撃者の方はいらっしゃいませんか。
[PR]
by senrufan | 2004-07-15 14:05 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1047321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 無職の一日と 豆々しく >>