週末というものは

さーて、洗濯だー!(さわやかに10時起き)
出張の後はこれがある。
まずは洗濯機を1回まわした後、漂白剤によるシミ抜きを。
旦那の服はやたらと食べこぼしのシミが多く、シミ抜き剤でもとれないのが何枚かあったので、この際、お嬢の泥ジミ服なんかとあわせて、漂白剤に長時間浸す。
一体幾つになったのだね。やはり君にはMervin'sの$5の服で我慢してもらうしか。むしろ、よだれかけ。

お嬢は、夏休みの自由研究に取り組み始める。
少しでも理数系の匂いのするもの・プロジェクトに準ずるものは、すべからく旦那の担当になるので、土日が勝負なのだ。平日は会えないから。
お嬢の最初の案=液体が様々な種類の紙にどう滲みこむか調べる、は、発想は良かったが、あまりに彼女の詰めが甘く、却下された。
落ち着いたところは、なんとフランス。フランスについて。なんとおフランスな。
今年のバカンスはパリ・ロンドン行きなので、それに絡めて。
ヨーロッパ旅行は、歴史を知っていた方が数倍面白くなるので、私も賛成。検討を祈る。

ヨーロッパ旅行自体には、全く賛成していないがな。

フランス全般についての日本語ウェブサイトを探したが、どうにも子供向けのがなかったので
(と言うか、彼女の日本語力を超えるものばかりだったので)、結局図書館で、こちらの本を借りた。
あーあ、今年も翻訳大変だねー。私の電子辞書貸すからガンバレー。
去年の自由研究も、日本語にするのに一番時間がかかっていたのだよなあ。

荻原規子著の「西の善き魔女」を読む。
勾玉3部作が面白かったので買ってみたのだが、いやー、買って良かった。
私は女の子が主人公のファンタジーが大好物なのだが、女王制の国で、次代の女王を争う
3人の運命の女の子たちの話で、これはシンデレラあり秘密の女子高ありBL好きの文芸部あり……って、えらくくだらないようにしか聞こえないじゃないか。
すみません、面白かったです。ドキドキワクワクして、一気に読みました。
最後がちょっと安直な気もしたが、これから読む外伝3つで補完されるかな。楽しみー。

選挙。自民、からくも勝利。民主躍進。
アメリカの11月の大統領選に向けて、イラク派兵に反対を表明した日本国民の意見が、米民主党のアピールにつながるとの報道も。
[PR]
by senrufan | 2004-07-11 13:54 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1047251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 半丁とりまぜて お帰りなさい >>