名が無い無限の存在を

Waitangi Day (new Zealand)

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_1075180.jpg

以前に、Walking Tourに参加した際、外から眺めただけだった、スタンフォード大学内のMemorial Church
嬉しいことに、とうとう行くことができたのです。付き合ってくれた友達のおかげなのです。>感謝!

辿り着いた教会内に、ちょうど響き渡っていた、パイプオルガンのたえなる調べ。練習か調律かは不明でしたが、ラッキー、幸先いいぞ、ってなもんですね。




改めて、この教会の概略は、というと。
スタンフォード大学の設立者の一人であるJane Stanfordが、宗派を超えて、大学の拠り所となる場所を思い描き、夫のLeland Stanfordに捧げる形で、建設されたものであります。

完成したのは、1903年の1月25日。
1906年の地震により、再建を余儀無くされましたが、80フィートの尖塔はそのまま使われました。
1989年の地震では、再び修復が必要となりましたが、その時は主に、教会内部のインテリアが中心であったようです。

教会を設立するにあたって、スタンフォード夫妻が主張したことは。
「高度な教育の中心たる大学において、精神的・倫理的な拠り所として在るべきだが、同時に、『どんな信仰でも、いかなる理由であっても、人に強いることがあってはならない』ことは明確である」

*-*-*-*-*-*-*-*-*


1. Vestibule
b0059565_1010404.jpg

建物のドアから入った部分、教会のポーチ。
床は大理石タイルのモザイクで、壁はガラスタイルのモザイク仕様です。


2. Nave
b0059565_1011168.jpg

向かって右側のドアを開け、いよいよ中に入ります。予想以上の広さに驚き、数々のステンドグラスの美しさに圧倒される瞬間です。
b0059565_10121136.jpg

Naveと呼ばれる会衆席から、正面の祭壇まで。その祭壇の左右に、また席が設けられており、全体は十字形に設計されています。
b0059565_1012286.jpg

樅の木製の窓と、樫の木製の会衆席。窓や天井を通して射しこむ、決して強くはない光の中、温かくも落ち着いた色合いで。


3. Side Chapel
b0059565_1013270.jpg

聖書より、「パンと魚」「良き羊飼い」などのシーンを再現した、ステンドグラスとモザイク。
創立者のジェーン・スタンフォードが望んだように、女性が前面に表現されたものが多いのが特色。


4. Chancel and Altar
b0059565_10133186.jpg

中央祭壇の上の窓、ステンドグラスで描かれているのは、「キリストの降誕」「十字架上の処刑」「昇天」の3つの場面です。
大理石でできた祭壇は、背後に「最後の晩餐」のモザイク画を、左右には預言書を抱える天使像、キャンドルリース、聖母像などを従え、厳かな距離を置いています。

ちなみに「最後の晩餐」の絵は、ローマ法王の許可の下、ローマのシスティーナ礼拝堂から写したもの、だそうです。

b0059565_10141455.jpg
b0059565_10142581.jpg


5. The Dome
b0059565_10151250.jpg

天井を見上げれば、4人の大天使に支えられている天窓が目に入ります。
同時に、ツタの帯と、十戒や公現日の星などのシンボルも。
b0059565_10152286.jpg


6. Organs
b0059565_1016087.jpg

祭壇から振り返って入口側を見れば、そこにあるのは、2台の大きなパイプオルガン。
更に、祭壇に向かって右側のSide Chapelにも、2台のオルガンが置かれています。

こちらの教会では、定期的にオルガンのリサイタルが行われており、スタンフォード生は無料で聴くことができます。


7. Sandstone Carving
b0059565_10163661.jpg

教会内のアーチや手すり、壁などに刻まれた題字などは、ベイエリアはSan Joseの、Almadenから運ばれてきた砂岩から。
やや灰色がかった色合いの白さが、木の濃茶と穏やかな濃淡をなし、天窓からの陽と相まって、教会内を柔らかな光で包みます。


8. Mosaics

b0059565_1019425.jpg
b0059565_101915100.jpg

壁に据えられた「アダムとイブ」、そして「預言者の予言」の2枚の巨大なモザイク画。
ニューヨークのステンドグラス・アーティスト、ベニスのモザイク・デザイナーなど、多数の職人によって完成されたものです。
-*-*-*-*-*-*-*-*

b0059565_10194958.jpg

車の音も、鳥の鳴き声も、人の話す声さえも。
敷居から先が結界であるように、許されるものが限られる。
そこに入るには、ただ心と身体があれば良い。
宗派に関わらず、聖堂と認められる場所に、それは共通したことであるのでしょう。


私の母の実家は、浄土真宗の寺で、母方の親戚はほぼ全員が、住職か坊守であります。
にも関わらず、母が私を仏教に導こうとしたことは一度もなく、それどころか小学校高学年の間は、当時住んでいた家の裏にあったプロテスタントの教会に、近所の子と一緒に日曜学校に通っておりました。(とんでもねー) 勿論、親戚には内緒、だったと思うんですが。

結果、私がクリスチャンになったかというと、そうではなく。
ではどうかと問われれば、特定の宗教は持っておりませんが、神様、というより、「人間の手には及ばない力の存在」は信じている、というところ。
それは人によって、仏であったりキリストであったり、自然やお金であってもいい。その前では絶対に謙虚でいられる、そんな存在を心に持っていればいい、と思ってます。

アメリカの大学のハードさは、日本の及ばないものがありますが。
ましてや、国を離れての在籍であった場合の孤独感は、相当なものと思いますが。

そんな辛くてたまらない時に、少なくとも心を鎮める場所が学内にある、というありがたさ。
形上は、キリスト教とユダヤ教の伝統に則っていても、その手はもっと多くのものに差し伸べられて、拒むことがないように感じます。


1903年に、ここにスピーカーとして招かれた、ラビのJacob Voorsanger師は、その時の様子を、後にこう記しています。
「スタンフォード夫人は、そこを訪れた全ての人々 --- ユニタリアン、トリニタリアン、不信心者、バラモン教徒、仏教徒、イスラム教徒、物質主義者、そして無宗教の人間であっても、全員と目線を同じくして言葉を交わし、全員を受け入れていた」

日本では眉を顰められがちな、宗教、信仰、という観念。
本来の意義を、本当の価値を、改めて考えさせてくれる場所でありました。

b0059565_1141594.jpgStanford Memorial Church
450 Serra Mall
Stanford, CA 94305
[PR]
by senrufan | 2009-02-06 10:07 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10323506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-02-09 14:32
懐かしいメモリアルチャーチ。Miyuki さんの的確で美しい描写に助けられ、光景を思い出しながら楽しく読ませていただきました。(大感謝★)教会のステンドグラスはどうしてああも美しいのか。その時代の芸術を求める芸術家の魂もさることながら、教会に入った瞬間どんな罪人もはっと改心させられる、そんな優しさと神々しさの効果を演出しているのかもなぁと、今回のブログを読んで感じました。私も現在は特に宗教を持っていませんが、スタンフォード婦人の意思を心において再訪したくなりましたー。
Commented by Miyuki at 2009-02-10 11:35 x
*shinaさん
いえいえ、私こそ、shinaさん日記を拝見して、いつか行きたいな~と思っていたのでございます。本当に美しいステンドグラス、天気によっても、気分によっても、見え方が変わるんでしょうね~。罪人の改心、というお言葉に気づかされました。そういう意味でも、教会などの宗教施設は、大きな大きな場所で在る必要が。金ピカである必要はないのですよね(笑)
Commented by peartree22 at 2009-02-10 12:58
スタンフォード夫妻のような方が多くなれば、世界中で起こっている戦争がなくなるのになぁ・・・と思った次第です。
中身も精神もすばらしい教会ですね。
こういう大学に通いたかったなぁ・・・。まぁ名門中の名門ですから、
逆立ちしても無理ですが(笑)。
再訪するときは、時間をかけてゆっくり訪れたくなりました。
(アネネは夫に預けるしかないな・・・)
Commented by mame-honey at 2009-02-10 14:57 x
素敵な場所ですね。 近くにあるからと思いあまりきちんと見学をしに行った事がないです。心が休まりそうですねえ。 私も小学生の頃、ずっと日曜学校に通ってましたよ〜。お祈りする時はキリスト教な形になりますけれど、やはり特定の宗教を持つまでは行かないです。 私も、機会があったら訪れてみたいです。 それにしても、アメリカの一部のお金持ちは、スタンフォード夫妻の用な高潔な気持ちをもってコミュニティーに還元されていて素敵ですよね、、。それに比べて祖国のアホ太郎は、、、(以下自粛)
Commented by Miyuki at 2009-02-11 11:40 x
*ちゃんさま
おっしゃる通りです! 結局争いごとというのは、自分をまげずに相手を変えさせようとするから、なんですものね。受け入れれば発生しないですもんね。
いい大学なんでしょうけど、なんせお値段が、じゃない学費が! それ以前に、私の場合はレベルが!(笑)
再訪の時は、ぜひアネネちゃんとだんな様もいらっしゃって、広大な芝生で遊んでもらっている間に、教会訪問というプランはどですか♪
Commented by Miyuki at 2009-02-11 11:43 x
*mame-honeyさん
私も、地元だからいつでも行けると思って、数年たってしまったのです(笑) 心休まる場所でございましたvv おお、日曜学校の友! そなんですよね、クリスチャンになるまではいかなかったけれど、他の宗教より親しみが、みたいなね。こおゆう還元の仕方なら、お金持ちでも許してあげますよね~(何様発言) あ、太郎ちゃんについては、もっと言ってください、罵ってください。
Commented by まきりん♪ at 2009-02-12 09:26 x
由緒あるスタンフォード大学の教会は素晴らしいですね!
特にステンドグラスは息を呑むような美しさ。

Commented by Miyuki at 2009-02-12 12:36 x
*まきりんさん
はい、改めて「由緒ある」大学なんだなあ、と思いました。あと、「お金持ち度」(笑) ステンドグラスは、一見の価値ありでございますぞ♪


<< その違いは横に並ぶべき 捨てることのできない主張とは >>