花の都に幸いあれ

自分もたいがい人様のことは言えないのは百も承知で、それでも爆笑せざるをえなかった。
そんな、英語 in Japanの大間違い

b0059565_455653.jpg

友人母子と訪れた博物館の、ミュージアムショップにて。
お土産品のごまだれ餅、見本がガラスケースに入れられて陳列中。
海外からの観光客も多いこの場所、英語表示も豊富なのですが、このお餅の英語名が、ケースの下にありました。

b0059565_4555084.jpg

「Sesame getting bored rice cake」

ダレているごまの餅。


大真面目に訳したのか、ウケ狙いでわざとこうしたのか、尋ねる勇気はありませんでした。


不良座りをしたごま餅ヤロウが、
「あ~、くそ~、だり~」
と言いながら、タバコ片手にしかめっ面。

これをご覧になった海外からの皆さんが、どのように日本菓子文化を理解されたのか、大いに気になるところでございます。

* * * * *

【アクティビティ】
b0059565_4571460.jpg


日本滞在中にでお出かけしたのは、レストランばかりではありません。(当たり前)(いやほんとか)

母子そろっての一番のイベント(?)は、仲良し友人母子と一緒にお出かけした、江戸東京博物館訪問&下町散歩でございました。
人形町や浅草を歩きながら、築地育ちの友人が、あれこれと解説を加えてくれるという、なんとも贅沢な一時を過ごしたのでございますよ。
時間が足りない、とは、日本滞在中、5分ごとに口に出してた常套のセリフでございます。

そんな彼女が提案してくれたのが、両国にある博物館。国技館の隣です。
小学生までと、都内に住んでいる、もしくは都内の学校に通う中学生は無料、という体制に感動。いいね、博物館はこうでなくっちゃね。




常設展示に加え、企画展示として、「珠玉の輿~江戸と乗物~・天璋院篤姫の駕籠(女乗物)初公開!」というのもやっていたのですが、別途料金がかかるのでパス。「篤姫」のテレビも見てないし。(田舎モン)
チケット売り場からエレベーターで、6階の常設展示室へと向かいました。

b0059565_4583485.jpg

入口を入れば、目の前にかかる日本橋。橋の上から、フロアの様子が眺められます。
渡り終えたところから、江戸ゾーンの始まり。江戸城と城下の町割りの様子が、大きな模型で見られるようになっています。

b0059565_4591531.jpg

他にも武家屋敷の模型や、当時の着物・掛け軸など。
中に、徳川家末期から明治初期にかけての、篤姫を始めとする女性達の変遷についての展示もあり、その興味深い内容から、改めて調べたい気にかられました。少なくとも、その瞬間は(殴)


引き続き、5階の常設展示室へ。
こちらは更に盛り沢山で、大きく江戸ゾーン東京ゾーンの2つに分けられてます。

江戸ゾーンの方は、町や武士の暮らしの様子、美術、商業、吉原について、そして四谷怪談コーナーも。

b0059565_5097.jpg
b0059565_50202.jpg

肥桶や千両箱が置いてあって、試しに持ってみよう、というところもあり。娘達は勿論、両方持ちましたとも。
あ、中身は当然、ただの重しです。貨幣ならともかく、肥はいらん。


東京ゾーンの方に行けば、文明開化の頃から第二次大戦後に至るまで、時期を追った展示が続いています。

b0059565_51148.jpg

東京大空襲時の災害マップや、電化製品が入ってきた頃の様子などなど、復元模型メインの説明。

b0059565_515048.jpg
b0059565_52259.jpg

ヤミ市の分布や様子についての展示もあり。
連合国占領時の「メイド・イン・オキュパイド・ジャパンの製品」コーナーでは、陶器製品が並んでいました。

東京オリンピックといえば、ただ今招致運動中なのですよね。実際、都民の方々のうち、どれほどの人が実現してほしいと考えてるのか、些か気になるところであります。だって、私だったらイヤだから。(おい)

b0059565_524450.jpg
b0059565_52567.jpg

仕掛け展示コーナーもあり、鹿鳴館やニコライ堂、銀座煉瓦街が、時間決めで動く模型で表現されています。

b0059565_532116.jpg


そして、時間ごとに行われる、中村座での座興。落語と紙切り芸が披露されるのです。
紙切りの芸人さん、今では日本に8人ほどしかいらっしゃらないそうですね。軽快なおしゃべりと共に、見事な宝船などを作って見せてくれました。
b0059565_534824.jpg


他にも、江戸東京の資料が豊富な図書室や映像室、体験コーナーやカフェ・レストランなど、7階建のビルの中身はとても充実。
海外に住んでいると、いかに江戸文化が特殊で貴重なものかを実感する機会が多いわりに、知識があまりに少ない私などは、入り浸って勉強してこい!と自らにハッパをかけたくなる場所でございます。少なくとも、その瞬間は(蹴)


江戸東京博物館
東京都墨田区横綱1-4-1
(今更ながら、すごい住所だ……)
     ↑
 すみません、「横」ではなく、「横」の間違いでございました。
 ayuminさん、ご指摘ありがとうです~!(両手いっぱいの感謝と愛)
 
[PR]
by senrufan | 2009-01-17 04:52 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10216079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayumin_moo at 2009-01-19 09:36
相撲好き、両国好きの私、両国駅について力士たちの鬢付け油の甘い香りをかぐと、もうノックアウトです。(どうでもいい話)

そんな私ですが、江戸東京博物館はまだ行ったことがないんですよ~。
訪れる人を飽きさせない充実振り、すごいですね!
アメリカで育たれたお嬢様には色々興味深かったのではないでしょうか。
最初の電化製品たち、使っていたわけではないのになぜか「懐かしい」と感じます。。。

ちなみに、住所は横綱ではなくて横「網」ですよん。by両国マニア
私も初めて見たときは「え?」と思いました。
Commented by senrufan at 2009-01-19 10:56
*ayuminさん
そうか、鬢付け油って甘い香りなんだ~! 逆に私は相撲を観に行ったことがないので、興味津々でございます。もっと聞きたいなー!

いやあ、広い博物館でした。歩きながら、えー、まだあるの? まだあるの?って感じで。こんなものを作れるなんて、東京大したもんですよ~。人力車に乗れるなど、体験コーナーも幾つかあったので、娘達にはウケてましたね。

そして住所のこと、教えてくれて大感謝です~vv 早速訂正させていただきました。しかしこれ、わざと狙ったんですかね、横アミって(笑)
Commented by すれっぢ at 2009-01-19 11:30 x
Sesame getting bored rice cake
これ何を伝えたかったのでしょうかね~??
ごま「ダレ」の「ダレ」を「だれてしまった」=「退屈である」
でboredでしょうか??だとしたらある意味、すごい訳かも(笑)
この訳見て何か分かる英語母国語の人がいたら、もっとすごい~~

江戸博物館、両国駅前ですよね~。今度行ってみたいです。
スバル360まであるんですね。懐かしい!!
Commented by senrufan at 2009-01-19 14:39
*すれっぢさん
はい、私もそう思います~。ダレてるごまヤロウ、すっごく可愛いじゃないですか、いやほんとに(オオワライ)
試しに、娘に友達相手に試してもらおうかしら。「これ、どんな餅だと思う?」って。

おおっ、実は沢山写真を撮った中で、「すれっぢさんならわかるかも」と思って、わざわざ車写真を選んだのでありました。期待以上にすごいですー、さすがさすが♪(マジ尊敬の眼差し)
Commented by マミィ at 2009-01-19 15:40 x
江戸東京博物館!これはいい!是非フィを連れて行きたいと思います。またメモメモ。とりあえずお礼まで。ぶちゅ~っ。
Commented by Rogi at 2009-01-19 16:28 x
ごまだれ餅の件、思い切って江戸東京博物館にメールしてみたんです。そうしたら「当方の入力ミスです、直ちに訂正いたします」とのお返事!あそこで見た時は「わざと?ユーモア?」なんて娘達と笑ってましたが、ホントに間違いだったなんてビックリ、ていうかショックです!ともかく、あの表示、今ごろは撤去されているでしょうからこの写真は貴重ですよ!
Commented by Miyuki at 2009-01-20 10:03 x
*マミィさん
フィさん、気に入ってくださるといいですね~vv ああ、私ももう一度ご一緒できたらいいのに。んーむむ(ちっす受け取り)
Commented by Miyuki at 2009-01-20 10:06 x
*Rogiさん
えーっ、やっぱり間違いだったのか! わざわざメールしてあげるところが、さすがRogiさんだ~(尊敬) それに対して、ちゃんと間違いを認める博物館もえらいわ♪ じゃあお互い、今はもう味わえない、貴重な生体験をしたのね。自慢しよう(笑)
Commented by peartree22 at 2009-01-20 16:06
だれた餅・・・食べたくないですねぇ。
それにしてもMiyukiさんの「不良座りをしたごま餅ヤロウが…(略)」の表現がおちゃめ!おもわず想像しちゃいました。(笑)。
江戸東京博物館、行ったことはありませんが、行ってみたくなりました。
昔の電気製品見てみたい~。模型も小さく緻密で、けっこうこういうの作るのはダメですが、見るのは好きです♪
Commented by Miyuki at 2009-01-21 09:47 x
*ちゃんさま
ねー、ダレダレになった溶けた餅。絶対おいしくないっ。でも見かけがひねてたら可愛いから許す、みたいな(笑)
こちらの模型類、見てて飽きませんでした~。良くできてますよ、ほんとに! 私こそ、作る方は全くダメダメですが、見るのは大好きなんですよvv


<< 境を越える価値の味 発して、広めて、回帰する >>