「ほっ」と。キャンペーン

適度な拍子のとり方は

Guru Gobind Singh Ji's Birthday (Sikh)


今回の日本でのベジレストラン巡り。それだけの店情報を入手できたのは、常日頃からこっそりおじゃまさせていただいている、多数のブログやサイト様のおかげでございます。
お店レポを拝見して、良さそうなところはその都度メモメモ。北は北海道から、南は沖縄まで、一体いつ・どうやって行くつもりなんだおい、というお店リストが、頭の中にずらずらと。
実際、今回の旅でも、絞り込むのが大変でした。なんて贅沢な悩みなんだ。

その絞り込みに大変役立ってくれたのが、愛しのありすさんから教わったこちら。

VEGE-NAVI.JP

地域別に分かれている上、各店ごとのWeb情報や地図も充実してて、この上なく力強い味方となってくれました。
この場を借りて、ありすさんには感謝の嵐を捧げたく。本当にありがとうございました!>私信@愛いっぱい


絞り込んだ、ということは、当然諦めたお店も多々あるわけですが。
その中でも残念だったのは、カノウユミコさんのお店でございます。

精進懐石のお店のオーナーシェフで、レシピ本を数冊発行されているカノウさん。美味しいレシピを通じて、お嬢と私はお世話になりっぱなし。
日本に行ったらカノウさんのお店、がほとんど私達の合言葉になっていたので、今回真っ先に調べたのですが。


「メニュー:昼は6300円のコース、夜は8500円のコースのみ(税・サ別)」


手が届かない場所でございました。


涙、涙で諦めましたが、いつか宝くじに当ったら絶対行く。
なんて思って、父の年末ジャンボに期待してましたが、あっさりはずれた模様でございますちくしょう悔しい(殴)

* * * * *

【レストラン】
b0059565_10254141.jpg

昨年後半から、ますます疎遠になった人。それはうちの大黒柱様。(えええ)
幸い私達が日本に行ったおかげで、年内にもう一度会うことができたのだ。何か激しく間違ってます。

せっかく会えるんだから、どこかに美味しいものを食べに行こう。
とは、一軒でも多くベジレストランに行きたい私のごり押しであることはミエミエだったが、悪妻に慣れきった彼は動じない。
私の両親も加わってくれた、久々の家族勢揃いのディナーの場所は、マクロビオティックの居酒屋だよ。




b0059565_10371973.jpg
b0059565_1028058.jpg

ぎりぎりまで友達と会っていたので、一人遅れて現地に到着。狭くて急な階段を降りていくのが、なんとも日本の居酒屋らしくて懐かしいったら。
予約済みのテーブルの面々、すでにオーダーは済んでいた。思った通り、父と旦那は、すでに焼酎入ってるよ。

b0059565_10284087.jpg

遅れて座った私の前に、ささっと熱いおしぼりとお通しを持ってきて下さったお姉さん。
お飲み物は?と聞かれて、はい、ここはやはり三年番茶でしょう。熱いのをひとつお願いします。

早速箸をつけたお通しで、すでに満足度がぐんとアップ。長芋のマッシュサラダ、テンペ、白和えも五目豆も、お代わりください丼で!と言いたくなるお味だよ。


それから、順繰りに運ばれてきたお料理の数々は。

b0059565_10291964.jpg

炒め素麺1987~97年の10年間、我やを支えてきた一品の復活!という言葉付き。
茹でて炒めたら、どうしてもぐずぐずになりやすい麺類、しかも素麺という華奢なものが、とてもしゃっきりと仕上がってて。
味付けも程好く、薬味もきいて、これは両親も気に入ってた。

b0059565_1030163.jpg

もちっと根菜ちぢみ
れんこんやごぼう、にんじんなどの根菜類に、長芋を加えて焼いたちぢみ。もちもち食感に照焼き味、そしてピリ辛風味もね。
寒い冬にも、お酒のおつまみにもぴったりの一品で、これは絶対家でも作っちゃる。
そして添えられてた食用菊に、なぜかお嬢がはまったよ。

b0059565_10303319.jpg

冬といえば、これもはずせない。お嬢リクの湯豆腐は、またも嬉しい三之助豆腐さんのものだって。
シンプルにねぎと豆腐だけの鍋、そしてポン酢と薬味添え。いいなあ、このまったり舌触りの豆腐がなあ。

b0059565_10311329.jpg

男性陣にウケるものも必要なので、大豆の唐揚げも追加しよう。そです、大豆たんぱくの唐揚げです。
野菜の素揚げも加えてくれた、甘酢あん味の唐揚げは、肉に負けないずっしり感で、予想通りにウケました。
お嬢はまたもや食用菊をゲット、私は下に敷かれてた生野菜をほとんど総取り。油ものを食べると、無性に大量の野菜が欲しくなるという、この身体。

b0059565_10314147.jpg

名物たこたま焼き。たこと卵のお好み焼き、じゃない、たこ焼き風。
この手のジャパニーズ・ジャンク味って、時々恋しくなるんだよね。ソースにマヨネーズに鰹節の黄金トリオがね。
自然材料にこだわった出来たてのたこたまは、ふわふわで絶妙の旨さです。

b0059565_103273.jpg

旦那チョイスの、寒ぶりのお刺身
お嬢が日本に来ると、なぜか魚を食べさせたがる旦那。福島育ちで、美味しい魚を食べて育ったので、それをお嬢に味あわせたい、という願いからの行為なんだが。
肝心の本人は、夏の日本での豪華魚三昧で、かなり魚トラウマになっており。果たして食べられるかと母は内心ひやひやしたが、ぱくっと一切れ、「美味しいね」と言ってくれたので、ほっと一安心。家庭内危機は回避された。

b0059565_10324749.jpg

焼きアボカド。女性陣全員の好物のアボカドを焼いちゃったって。
が、予想してたほどのしっかり焼きではなく、さっと火が通ったぐらいだったので、とろ~り、とはいかなかったな。
中に詰められた味噌とスプラウトが、良い味を加えてたよ。大活躍の食用菊もね。

b0059565_10331083.jpg

最後に出てきたのは、豆腐チーズとルッコラのピザ
かりかりの生地のおこげがうまーい。大好きなルッコラの苦味がいいー。
上にかけられたオリーブオイルが、個人的には不要だったけど、塩胡椒加減はばっちりだ。

b0059565_10335061.jpg
b0059565_1034180.jpg

こんな見事な料理の間、男性陣が楽しんでいたのは、こちらのお店の芋焼酎。すばらしいことに、自家製だ。
特に二人が気に入ったのは、オリジナルブレンドの鬼軍曹なるもの。私も一口もらったけど、うん、さっぱりしてて、喉に清々しい。


こちらのお店、ベジな皆さんにどんどん良い評判が広がって、店長さんは雑誌で連載されたりもして、すっかり人気店になっている模様。
カリフォルニアにも2店舗支店があるのに、我が家から700kmも距離があるもんだから、先に日本の店に来ちゃったよ。(違)

居酒屋というと、元気のいいあんちゃん店員さん達の、ハイテンションな弾丸トークのイメージがあるんだが。(偏見)
こちらは皆さん落ち着いて、ゆっくりと話してくれる方ばかり。やっぱりマクロビアンだからか。(偏見その2)

にこやかで、気配りも行き届いて、居酒屋らしからぬゆったりテンポが、とても心地良い空間でした。


b0059565_10445240.jpg我や (代々木上原店)
東京都渋谷区西原3-11-6 杉本ビルB1
[PR]
by senrufan | 2009-01-05 10:22 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10160383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2009-01-08 15:31
有益なブログやサイトの皆様からの情報って、本当に偉大ですよね。私も常日頃、Miyuki さんのブログを見ながら、行きたいリストだけはずらずらと長くなり続けております。

そんな中、マクロビの居酒屋とは!「ごや」と読むのですね。簡素で体にいいだけでなく、目にも美味しそうな居酒屋メニュー!これはご家族皆さんも大満足だったでしょうね。なんとカリフォルニアにも支店が?!と思いきや、トーランスですか。次回LAに行ったときの第一候補となりそうです。最近芋に目覚めた夫。昔から芋には目がない私。・・・芋で釣ってみよう。日本のレストラン情報までお世話になり始めました、師匠!(笑)
Commented by ayumin_moo at 2009-01-08 15:44
マクロビの居酒屋なんてあるんですね〜。やっぱり日本、痒いところに手が届く!(言葉の使い方が違う)
どれも美味しそうですが、ピリ辛好きの私は根菜ちぢみが気になるなぁ。湯豆腐も素朴な味に心も体が温まりそうですね。お嬢様が気に入られた食用菊、アメリカにも売ってるのかなぁ。
これだけしっかりしたお料理たちだと、ベジ食ということを忘れそうですね。私も日本に帰ったら行ってみたいです♪
Commented by ありす at 2009-01-08 18:05 x
お役に立ててなによりです! 私も去年の東京滞在中には、すごーくたすかったウェブサイトでした!

私も「我や」大満足でした! 私は渋谷にある方に行ったんですが、あそこの車麩の牡蠣フライもどきに恋をして、12月の休暇にはトーランスまで行ってきました。トーランス店の方は、ちょっとベジ・マクロビ少なめでしたが、事前に「我やの大ファンです」と電話連絡していたので、お店のご主人さん(?)がご挨拶してくださいました。

引き続き、日本でのグルメレポート、楽しみにしています!
Commented by マミィ at 2009-01-08 23:01 x
おおお、前回のお店に引き続き、ますますそそられるお店が!Miyukiさんのおかげで今回の帰国時には渋谷界隈で美味しい体験が出来そうでございます。うちのかくれ鬼軍曹もきっと気にいることかと。

私も引き続きMiyukiブログより目が離せませぬ。
Commented by すれっぢ at 2009-01-09 01:39 x
>「メニュー:昼は6300円のコース、夜は8500円のコースのみ(税・サ別)」

のお店に行った・・・だったら暴れてやろうと思いましたわ~~ゼーッ

マクロビ居酒屋なんと!!!です。行きたいような避けたいような・・・
テンション上がらないのもなんとな~く理解できるような気も(笑)
Commented by Miyuki at 2009-01-09 11:51 x
*shinaさん
ほんとに、贅沢考えてんじゃねーよオマエ、と自分にツッコみながら、リストばかりは諦められず。夢ぐらい見たっていいですよね?(ちょっと涙目)

あ、このお店、「がや」と読みます。ちゃんと書いておけよ自分。はい、心配してた両親も大丈夫だったみたいで、とりあえず安心しました。我やの為にもLAに行きたくてたまりません。あちらにはここの数倍のベジレストランがありますからね~。ご主人を芋で釣って、ご一緒させて欲しいです!
Commented by Miyuki at 2009-01-09 11:54 x
*ayuminさん
そうそう、そこ、そこが痒いの、あーいい感じ、ってなもんですね!(激違)
根菜ちぢみは、根菜好きな方には絶対お薦めですぞ♪ 素材もいいのですが、やっぱり腕がいいんだなあ、と思いました。食用菊、私も意識して食べたのは初めてだったのですが、しゃくしゃくしてて美味しいですね~。エディブルフラワーは良く見ますが、菊もあってほしいなあ。
Commented by Miyuki at 2009-01-09 11:59 x
*ありすさん
もー、何回でも言わせてください、本当に本当にありがとうございました!!
ええっ、そんなフライが! 車麩は大好物なんですよ~、食べたい、それ食べたい! うう、やはりトーランスまで行くしかないかも。我やのアメリカ食材メニュー、興味ありありです。

お恥ずかしいばかりのレストラン記になりそうですが、しばしお付き合い下さいませ~。
Commented by Miyuki at 2009-01-09 12:05 x
*マミィさん
そうでした、今度はご夫婦での来日の予定が! 食通のお2人が行かれたら、どんな感想を持たれるかしら。なんか試験を受けるようにドキドキします(笑)
あああ、姉さまの期待(?)を裏切らないように、続きはがんばらねば~。
Commented by Miyuki at 2009-01-09 12:08 x
*すれっぢさん
私も行けてたらどんなにか! 「へへへ、すんごおおく美味しかったですよ~、すれっぢさんvv」なんて自慢できたらどんなにか!(ぜーぜー)

>テンション上がらないのもなんとな~く理解できるような気も(笑)

私は最近、すぐキレる人やテンション高い人を見ると、「肉食いすぎー」「砂糖撮り過ぎー」とツッコミを入れるという、最低なヤツになりつつあります……
Commented by mame-honey at 2009-01-09 17:32 x
いや〜マクロビの居酒屋さんってあるんですね。
どれも全部食べたいなあ。特に根菜のが、今すぐにでも食べたい感じです。今回のお店と前回紹介されていたお店を見て、何となくですが自分が好きなタイプのベジーなメニューが見えてきました。
Miyukiさんのブログ、最高です。続きが楽しみ〜。
Commented by Miyuki at 2009-01-10 08:33 x
*mame-honeyさん
ね、マクロビやベジというと、なんか厳格なイメージがあったりするから、まさか居酒屋とは思いませんよね~!
mameさんも根菜ちぢみに目をつけられましたね、ふっふっふ。私も早速作ってみたりしてるのですが、なかなかこのお店のようにはいかなくて、四苦八苦中であります。mameさんが好きなベジメニューのイメージ、ぜひぜひうかがいたいなあ♪
私こそ、mameさんのブログは大のお気に入りでございます(愛の告白)(照)
Commented by peartree22 at 2009-01-10 15:04
居酒屋好きの私としてはまたまたメモ!
特に大豆ナゲット、食べてみたいです。レシピはあるのですが、なんだか自分が作ると美味しくないものができそうで、まずはどちらかで試してみたいのです。
豆腐チーズも食べてみたいです。
食用菊は会津では日常食だったので、すごく懐かしいです。
ご主人が福島県出身とは!海の方なら会津とは違うのでしょうけれども、親近感がまたも。
炒めそうめんは鹿児島では日常食です。そう、時にべちゃっとなりがちです。どれもこれも美味しそうですが、ご家族の久しぶりの集合の楽しさも伝わってきて、ほっこりなりました。
Commented by Miyuki at 2009-01-11 10:33 x
*ちゃんさま
大豆たんぱくをしっかり戻して、下味をつけて、というところですかね、うんうん。これはお肉好きな男性にはウケやすいですよね♪
おお、会津で菊を召し上がっていらっしゃいましたか! おバカな私は、ベジになるまで、その手のものは取り除けて食べてましたよ、とほほ。んでもって、鹿児島の炒めそうめん。そうか、あのお店はナニゲに色々と地方色豊かだったんだなあ。もっと知識があったら、もっと楽しいお店になりそうですねvv はい、家族団らんもいいものですね~。特に我が家は常に2人きりなんで(ちょっと涙)
Commented by iloveapple at 2009-01-25 09:13 x
ええっ!我やってマクロビなんですか…?意外!
大昔に行った記憶があります。懐かしい~。
Commented by Miyuki at 2009-01-25 11:48 x
*iloveapplesさん
行かれたことがあるんですね。確かに10年ぐらいの歴史があるお店だし、マクロビがはやってきたのはここ数年のことだから、色々と変遷がありそうですね。


<< 媚を売らないその姿勢 ベーカリーインデックス >>