オフサイドで会いましょう

いつもなら10時頃までベッドから出ない日曜なのに。

昼から公園にてBBQパーティ。日本から新しい人が赴任してこられて、奥様もいらっしゃったので、家族ぐるみの歓迎会。
奥様は元JALのスチュワーデスさんということで、皆そわそわ楽しみにしてたのだ。
初めまして~! おお、予想通りお美しい……!(キラキラ)(ほんとに言っちゃった)

テニスコートのある公園だったので、テニスをする人あり、遊具で遊ぶ子供達あり、ひたすら肉を焼く人あり、ただただくっちゃべってる人あり(私だ)。
持ち寄りのおいしいお料理といろんなお肉で、お腹一杯胸一杯。
駐在員のお付き合いというとドラマになりそうなドロドロを期待されたりするのだけれど、うちのグループは本当にいいんだよ。仕事に前向きな旦那様方と、個人的に親しくしたい方ばかりの奥様達と。恵まれてる。
それもこれも、上司の奥様が一番貫禄が無いからという説も無きにしも非ず(これまた私だ)。

スチュワーデスさんの苦労話を色々お聞きしたかったのだが、その辺はさすがプロでいらっしゃって、ニコニコとかわされる。
今まで幾つか航空会社を利用したけど、なんせJALのスチュワーデスさんだけだったんだよね。お客と話す時に跪いて下さるのは。
この辺り、日本人には飛行機に乗るのは特別で、高いお金の元をとり返すべく過剰なサービスを要求し、ちょっと気に入らないと即クレームシート、というタイプの人が多いから、とのご説明有り。
高給取りの陰には、やはりそれだけのご苦労があったんですね、うう。

日が暮れるのが早いので、宴会も暗くなったらお開きに。名残惜しいけど仕方ない。
また個別に遊んで下さい。
[PR]
by senrufan | 2004-11-14 10:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1013200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 流されたくても 続くものならいっそ >>