大きな輪の内に在る

権利章典の日、観光バス記念日
榎本武揚らが蝦夷地を占領し、五稜郭を本営とする(1868年)
GHQが国家と神道の分離を指令(1945年)
婦人参政権などを含む選挙法改正案が成立(1945年)


b0059565_1451886.jpg

私が日本語を教えているのは、韓国人の素敵なおばさまです。
すんごいお金持ちなのに、全然気どらなくて、いつもいろんなプレゼントをくださって。
勉強熱心で、学位も3つぐらい持っていらっしゃって、彼女とのレッスンは、いつもあっという間に過ぎてしまうほど、楽しく充実してるのです。

多才な人の例にもれず、お料理上手でもいらっしゃる彼女から、先日いただいた手作りキムチの美味しかったことといったら。
白菜3個分(といっても、日本の白菜よりぐっと小さい)もくださったのに、お嬢と私で、すでに2個半平らげてしまいました。
極甘党だった私が、キムチを食べられるようになったのは、ほんの2年ほど前から。それから口にしたキムチの中で一番、と思うほどの幸せです。


そんな彼女から聞いた話。
彼女は毎年、旦那様にクリスマスカードを渡すそうですが、旦那様ときたら、ちらっと見て、そのままぽいっ。
なので彼女は、それをこっそり拾っては、翌年にそれをまた渡す、ということを繰り返したそうなんですよ。

とうとうある年、
「あれ、このカード、どっかで見たことがあるような……」
と言われたので、その次の年には新しいカードに変更。
それまでに、すでに16年が経過していたそうですよ。


新しいカードに変えて、今年は4年目になるとのこと。果たして次は、何年後に気づかれるやら。
「全く、韓国と日本の男はねー!」
と、朗らかに笑ってらっしゃいました。
いやもう、全くその通り。うちの旦那なんぞ、私がばっさり髪切ったって、カケラも気づかないもんなー。

* * * * *

【個人的事情】

さて、いい加減カタをつけたい「食の呟き」。だったらやめればいいのだが、ここまでくるとやめられない。(ちょっと涙)
ということで、またまた以下は大変マニアックな世界になっておりますので、一般のお客様(…)は、ここまでで引き返されますよう、切にお願い申し上げます。





マクロビオティックの陰陽理論から見れば、ローフードは陰の極地の料理と言える。
材料が生、ということに加えて、調理法も機械を使うので。

「陰」は拡散、分散、静、冷。ゆるめて上昇する力。
「陽」は融合、収縮、動、熱。引き締めて内に向く力。
その中間でバランスがとれた状態を、「中庸」という名で呼ぶのだね。

自然界のものも、食物も、人間も、人間の性格や服装までも、全てはこの陰陽を併せ持つ。
私の思うところでは、どちらも必要なものであって、その時々の側面で、どちらかに寄ることを考えていくものであるのだけど。
マクロビを真剣にやる人達の中には、あまりに頑なに玄米菜食にこだわって、身体を締め過ぎた「陽」に傾く人もいらっしゃる。

何かを思いつめて、何かにとらわれすぎると、身体は締められて苦しくなる。
それで疲れて倒れる前に、「陰」を上手く摂り入れられれば、ゆるめて楽にしてあげられる。

しかし、この「陰」の質が問題なのだ。
例えば白砂糖は、陰の中でも極陰で。牛乳やヨーグルトも、かなりの程度の陰である。
が、同様に陰とされる果物とでは、身体に入った時の反応が、私の場合ははっきりと違うのだ。

私には、思いっきりストレス状態になると、お菓子のドカ食いに走る、というユルシガタイ悪癖があるのだが。(告白)
お菓子を食べて食べて、食べ続けると、その果てに待っているのは、「立ち上がる力がなくなり、口を開けて寝てしまう」という、ナマケモノ属の姿、なんである。オプションとして、ヨダレもある(ヤメロ)
極度の陰を取り入れすぎて、身体がゆるみすぎて、どうする気力もなくなるの。無理に立ち上がると、ふらふらと歩いて、どこかに身体をぶつけて、青アザを作っちゃったりね。

それが、果物や生野菜になると、全然違うことに驚いた。
身体の中を、すっきりと低めの温度の何かが、滞りなく流れていく。気力がなくなるどころか、かえって何かをしたいエネルギーが沸いてくる。
陰の「上昇」の力を、はっきりと体感できるのだ。


最初は、ローやナチュハイと正面から付き合うことになるとは、思ってもみなかった。
それが予想外に少しずつ踏み出すことになったのは、すべてお嬢が理由、だった。

初めてCafé Gratitudeに連れて行った時、食べながら美味しさに目を丸くした顔と、食べ終えて帰る時の、「お腹いっぱいなのにすっきりしてる!」との嬉しそうな声。
以来、彼女の喜ぶ顔が嬉しくて、ローフードへ歩み寄っていった、というのが、私の正直な過程だったのだ。

ハイスクールに入って、宿題の量がぐんと増えた上に、毎日テストに追われる日々。
真面目で頑固で、人の意見を聞き入れず、要領よく手抜きのできない彼女には、かなりのストレスがかかってる。
彼女の友達を見ても、感情のアップダウンが一際激しくなってしまった子や、家から出たくないと涙ぐむ子などが沢山いて、改めてアメリカの高校の厳しさを見せられている。(勿論、学校によりますが)

しっかりした朝食を食べて学校に行くと、午前中にお腹が痛くなる。
昼食にお弁当を食べた後、午後にお腹が張ってくる。
学校に行きたくなくてお腹が痛くなるのは、幼児期に見られることだけど。それは心の問題だけでなく、身体の消化の問題でもあるのでは、と思うようになったのは、ナチュハイやローフードについて、聞きかじるようになってから。
実際、ストレスが増えると、体内の消化酵素が消費されてしまうらしい。


がちがちに張り詰めて、苦しくて。ゆるめる力が必要で。
通常の食べ物がうまくこなれていかないほど、消化器官に負担がかかってて。
マクロビからでも、ナチュハイからでも、どちらからのアプローチであろうとも。
果物や生野菜といった食べ物は、この両方の解決策の一つとして上げていいのではないか、と思うようになったのは、ローフードに対するお嬢の反応と、それに続いて試してみた自分自身の経験から、であったのだ。

Raw Foodを、Raw Living Food、という名で呼ぶことも多い。
正にLiving Food(生きている食べ物)なんだなあ、との実感が、ここ2ヶ月ほどの経験を通じて得られた、貴重なもの。
その水分は、ボトルや水道の水とは異なって。その甘さは、精製糖の甘さとは質を異にする。
身体に与えられるものが違うのも、考えてみれば当然の。


マクロビオティックでは、「常食は避けた方が良い」とされる、果物や野菜の生食。
大真面目にマクロビに取り組んでいらっしゃる方々からすれば、今の私の食生活は大丈夫なの? とは、ふと友人の心に沸いた疑問。(心配してくれて感謝だよー)

この、「がちがちマクロ」を声高に謳う人達を見て、マクロビとは怖いもんじゃー、宗教じゃー、と思われる人達も多いらしい。
かといって、流行りの「ゆるゆるマクロ」という言葉を聞いて、真面目にやってる方は、悲しく情けなく思われることもあるらしい。
でね、あくまで私という一個人の意見、だけなのだけど。マクロビオティックって、そんなに狭い世界のものじゃない、と思うのだ。

以前にも少し書いたことだけど。マクロビオティックとは、「大きな・生命の・方法」で。
法則は2~3あっても、規則はなく。大事なのは、大きな世界の中で、自分で考え、自分で決めて、自ら選びとる、その姿勢。
陰陽ではかることはあっても、それは善悪でも上下の優劣でもないことを、決して忘れてはならないの。

お嬢がローフードに出会って、それが必要だ、と身体で悟り、積極的に食べたがったこと。
私が彼女につられて、ローフードを試すことを自分で決めて、続けたこと。
実際に良い効果が得られて、身体も心も楽になったと喜んだことを、否定する必要は全くなく。
それも「大きな・生命の・方法」の中の、「バランス」の一部、であるだけだ。

例えば、外で働く男性は。陽性の力が必要なので、肉や魚を時に必要とするように。
その時々で、陰や陽や、様々な要素を摂り入れて、その局面にふさわしいバランスを得ようとする。
「何が今、必要か」ということを、見極める目を持てるよう、自らを磨いていくことを。周りにまどわされることなく、自分の足で立ち、自分で選択することを。
それがマクロビオティックの根幹、と思うから。

最初こそ、「いいのかなあ…」というためらいはあったけど、いつしかこんなところに行き着いた。


その後、これでいいのだ、と思えるエピソードも幾つか知った。
真面目に玄米菜食をやりすぎて、締めて苦しい状態の生徒さんを見たマクロビの先生が、果物や生野菜を摂った方がいい、とアドバイスされたこととか。
現在のマクロビを作られた九司先生が、とある生徒さんの「生野菜を摂ると体調が良くて、玄米が入らない」という質問を聞いて、
「食べたかったら食べていい。またいつか欲しくなくなる時が来るよ」
とおっしゃったこと、とか。

身体が求めるものと、心が望むものと。それぞれのバランスをとっていこうとする、この方法。
それは、とても柔軟で。計りきれない幅がある。


また新しいことに出会えて、学ぶことばかりがどんどん増えて、ますます楽しい毎日です。
[PR]
by senrufan | 2008-12-15 14:04 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10048561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ありす at 2008-12-17 17:34 x
またまた、とても興味深く、勉強になる記事をありがとうございます!

私も玄米菜食100%になってから、不思議なぐらいお酒や甘い物が食べたくて、驚いていたんですが、ちょうどストレス過多な生活が続いていたのもあるのかもしれません!

基本的に温かい物好きなので、生野菜や果物をあんまり食べないんですが、これからはちょっとずつ取り入れる様にしたいと思います!
Commented by すれっぢ at 2008-12-18 00:02 x
キムチ美味しいそうですね~。う~写真からも香りがただよってきそうなほどに。

毎年この時期はお呼ばれ、バーティー・・・と食べ物に気をつけないと~
って感じですが、Miyukiさんはどうされてるのですか。例えば行った
パーティーがいわゆるジャンク系ばっかりの食べ物だったりしたら??と。ふと以前経験した見事にジャンク系が勢ぞろい(笑)したパーティーを思い出したもんですから。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2008-12-18 01:20
しばし旅行に行ってまして、旅行先でもさっと読んだMiyukiさんのブログを、帰ってきてから改めてじっくりと。マクロビもローフードも詳しい知識がないものの、そこに引き込まれていくMiyukiさん&お嬢様の変化と過程、本当に興味深く読ませていただきました。一番心に残るのはやはり「自分が食べたいもの、自分がハッピーになるものを続ければいい」ということ。強制するでも制限されるでもない。Miyukiさんのその思いがじーんと伝わりました。

食生活に関しては胸を張って「こんなもの食べてまーす」とはとても言えない私ですが(ワインは飲むわ、砂糖は大好きだわ、、、)「野菜が大好き」は唯一?の共通点なので、生ビーツは絶対試してみますっ!(夫は生野菜が得意ではないんですけれど。あんなに美味しいのに。)
Commented by mame-honey at 2008-12-18 03:34 x
今回も、とても興味深いお話でした。 ”身体が求めるものと、心が望むものと。それぞれのバランスをとっていこうとする、この方法。
それは、とても柔軟で。計りきれない幅がある。”この言葉にジーンとさせれれましたよ。私、ナチュハイやローフード、マクロビに興味はあってもそれらで積極的に取られいてる食べ物や味付けに自分がどうしても苦手としてしまうものが多いのです。だからどうしたって正しくこれらの方法をとりいれられないと思い、その事がなんだかとっても恥ずかしかったんですよね。何故なら、そもそも人の体は木の実やフルーツ、野菜などを消化しやすくできていてそれで十分、、ということを知ってしまうとそこに当てはまらない自分が情けない奴に思えちゃうんですよね。でも今回のMiyukiさんの記事を読んで、”私の体”が欲している物、必要な物を私がきちんと見極めてあげれば良いのだな、、と思えました。きちんとはできなくても野菜7、動物性な物3、、くらいのバランスでやってみようかな?って思います。そしてたまにデトックスで野菜オンリーとかね。
又、色々と教えてください、よろしくお願いしま~す。
Commented by Miyuki at 2008-12-18 14:19 x
*ありすさん
ありすさんのお忙しさには、私ももうなんて申し上げたらいいか、ただひたすら涙目になっているだけの自分が不甲斐なく…!(ぎりぎり)
食べ物と身体の関係って、知れば知るほどほんとに深いですよね~。こおゆう過程を繰り返して、いつかもっと楽にバランスが取れるようになりたいですね! いつもヨダレが出てしまいそうなおかずを考案されるありすさんのことですから、生のものでもきっとすごく美味しく工夫されることと確信しておるですよ~。
ラストスパートの今週、がんばって乗り切ってくださいね!
Commented by Miyuki at 2008-12-18 14:24 x
*すれっぢさん
はいっ、すんごく美味しかったです! ほおらほら、いい香りでしょ~~?

あ、そおゆう時はそれで楽しむようにしてますよ~。それがまた外ご飯の楽しみ、と思ってますから。むしろ家ではジャンクを買わないようにしている分、そういう場所では食べられるので、かえってありがたかったり。買わないですんだー、みたいな!(笑) そしてその後、元の食生活に戻って、時間をかけてデトックスしていけばいいや、というスタンスです~。
Commented by Miyuki at 2008-12-18 14:28 x
*shinaさん
おお、そうでしたか、お帰りなさ~いvv ってことは、またshinaさんの旅行記が読めるんですね、うふふ♪(目がきらきら)
私は大変な意地っ張りのアマノジャクなんで、強制の香りがちらっとでも漂えば、もうそれでダメなんですよ。とんでもないですよねー、あっはっは(殴) だからあくまで自分のペースで、自分が楽なように、しか考えてません。って、いばることか。でもね、「幸せになる過程は、幸せじゃないといけない」ですからね♪

「野菜大好き」、うん、嬉しい共通点! 私も生はそれほど得意じゃないと思っていたのですが、今ではすっかりがりぼりと食べまくっているので、旦那様もいつかそんな日が来たりして?
Commented by Miyuki at 2008-12-18 14:35 x
*mame-honeyさん
ああっ、その「恥ずかしい」気持ち、わかります~! ましてやガチガチの主義を持ってる方の話を聞けば、非難を込めて迫ってこられたりね~(涙) そんなことないですよね。人の体は全部違うんですから、必要なものもみんな違って当たり前なんですよね。それは書いた通り、上下の優劣では全くないのでありますよ。
野菜7・動物3、うん、いいバランスじゃないですか! 変わろうとする過程は、まずは一歩から、なので、今まで野菜3だった人が4にするだけでも、身体は確実に変わる方向に進みますよね! 最初から10、というのはベストかもしれませんが、ベストよりベター、を目指すのが何より、と思うのです~。
Commented by ayumin_moo at 2008-12-19 03:30
完全にマクロビを突き詰めてしまうと、それ自体で強く陽に傾いてしまい、逆に中庸が難しいのかもしれませんね。陰と陽、両方を知った上で、マクロビにしてもローフードにしても、自分の現状に合うように取り入れていくのがいいのでしょうか。それには、私はまず陰と陽のイメージを持てるようにならなくては。なんとなくわかっているようで、これはどっち?と聞かれるとさっぱり。。。私の場合は、陰と陽を知った上で、普通食に取り入れていけたらいいなと思います。

クリスマスカード、私もオットに試してみようかな~。(笑)
Commented by Miyuki at 2008-12-19 07:20 x
*ayumiinさん
そう、真面目な人ほど陥りがちなワナ、のようです。特に昔のマクロビは、陽が良くて陰はだめ、と見なす傾向があったので、現在の食事情や生活を考えて、柔軟にいきたいですねえ。
私も陰陽は難しすぎて、いまだに何がナンやら、ですよ~。なので、生兵法になるよりは、まずは身体の感覚で、何が必要か、というのをもっとクリアにわかるようになったらいいなあ、と思うのですが。それには、除夜の鐘でまずは煩悩を払ってからになりそうです(殴)

カード、やってみて、やってみて!(うぷぷ)
Commented by peartree22 at 2008-12-29 16:57
この年末の忙しい日に、少し時間ができたので(はい、夕食煮込むだけの手抜きです)、改めてまとめてMiyukiさんのここ数日のブログを読んだのですが。
今回の日記は、まさに今年のMiyukiさんの食のまとめといった感じを受けました。そして、今年どれだけ私がMiyukiさんの日記で学んだり、つまずいた時に励まされたりしたことかをもう一度強く思い出したのでした。
食はまさに体を作るもの。体だけでなく心も。
そう、善悪をついついつけがちなのですが、そうではないのですよね。
自分の体にまずは耳を傾ける。家族の行動や生活をじっくり観察する。
簡単なようで難しいことですが、私なりにやっていこうと思います。
来年もどうか、よろしくお願いいたします。そして、来年こそ会えますように。
Commented by Miyuki at 2008-12-31 09:32 x
*ちゃんさま
レス遅くなってすみませんー!
私こそ、ちゃんさまの子育て日記を通して、改めて子供の身体をケアすることの基本を思い出させてもらうばかりです。自分の身体の声を聞くことすらままならない身で、家族の身体に合ったものを考えることなんて(涙)、とすぐくじけそうになるのですが、目の前に取り組む課題があることを、同時に幸せに思ったり。家族を思う気持ちを、形にしてあらわす方法を、日々学んでいるところです。
私こそ、どうか来年もよろしくお願いいたします! いつかお目にかかれる日を心待ちにしておりますvv


<< それを回り道と思うなら その源は一つだけ >>