ミクロの単位の諸行無常

ユニセフ創立記念日、100円玉記念日、胃腸の日
平将門が上野・下野を制圧、新皇と称す(939年)
イギリスで名誉革命起きる(1688年)
ドイツ、イタリアがアメリカに宣戦布告(1941年)

* * * * *

【個人的事情】

実行した「ほぼローフード生活」は、ほんの3日間。
なので、身体の変化などについて語ろうとしたら、その2ヶ月前ぐらいからの、「朝は生ジュース+果物」生活をも含んだ変化について、ということだ。
それなら、ローフード生活、というより、ローフード&ナチュラル・ハイジーン生活、と言った方がいいのかもしれないね。せめて気分ぐらいはね(殴)




野菜好きな私なれど、生野菜はそれほど摂ろうとはしておらず。
というのは、加熱した野菜に比べて、やや物足りない気がするのと、食べた後の「冷え」の感覚が、冷え性にはツラいものであったので。

マクロビオティックでも、生の野菜や果物は、あまり積極的に摂らない方が良い食べ物、とされていて。それはやはり「陰」が強く、身体を冷やすものである、という位置づけだから。
実際、初めてローフードを食べたのは夏だったけれど、その時ははっきりと「冷え」を感じて、うーん、これは冬には食べられないかも、と思ったのを覚えてる。

そういう意味では、秋に始めて、更に3日間といえども、11月末にローオンリーにすることは、かなり冒険かもしれん、などと思いながらの実行。今年は暖かめで助かった。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

1. 冷え

朝の生ジュースと果物、最初こそ「熱いお茶が欲しい~」と思ったものの、1~2日で消えちゃった。
慣れた今になって思うのは、アレだね、熱いシャワーを浴びると、その時は温かくても、その後冷えて、逆に冷たい水を浴びると、後でぽかぽかとすること。あんな感じで、冷たいジュースを飲んでも、意外と身体が冷えることはないのだね。

気をつけているのは、野菜も果物も、冷蔵庫からではなく、室温にしておいたものを使うようにしている、ぐらい。
本によると、最初に感じる「冷え」は、排毒の一種であるらしい。

ちなみに、ここ数年悩まされていた、冬の「足のしもやけ」。あれが、今年はまだ出てないの。
毎年、まるで気温計のように、一定の温度まで下がると、即日しもやけ発生だったのだが、今年はかなり寒くなってきているのに、まだ出てない。
これは、ここ1年の食生活のおかげも大きいとは思うのだけど、少なくとも、ローは冷えを助長するものではない、と言っていいのでは、と思ってる。


2. 食欲

何回か告白してきたが、以前の私の三食の割合は、朝の比重が大変重かった。
朝にどかっ!と食べて、たまにはおやつまで朝に食べちゃったりして、昼と夜はぐっと少なく。
マクロビでも、「朝は少なく」は当然、むしろ「朝食は食べない方が良い」と言う人がいるぐらいなのに、これだけはゆずれましぇん!とばかりに、朝は至福の大食いタイム、だったんだな。

言い訳とすれば、夕飯を5時ぐらいに食べてしまうので、朝起きた時には、ちゃんと12時間以上あけてたからいいかなー、なんて。(12~16時間が理想です)
なので、朝にジュース一杯と果物だけ、というのは、最初はかなり足りなくて。午前中は果物は沢山食べてもいい、ということだったので、結構ちょこちょこと食べてたな。

しかし、それも数日で減ってきた。ジュースを飲んだら、しばらく平気でもつようになり、お腹がすいたら、ちょこっと果物をつまんで、それでその場はすっきり満足。
前は、お粥と味噌汁をしっかり食べて、更にお代わりしたりして。それでも10時ぐらいには、お腹がすいてしまってたことを思うと、大した変化だなあ、と思う。

改めて実感したことなのだけど、クレーヴィングというのは、炭水化物や脂肪、合成されたものを摂った時に起こるもの、なんだね。
それらのどれも含んでない果物は、「もっともっと」という症状を起こさせることなく、数口ですっ、と身体が落ち着くのを、毎日体感しているところ。


3. 糖分など

果糖は単糖類なので、血糖値を急に上げるから良くない、というのも、何回も聞いていたこと。
ところが、この極甘党の私が、果糖を摂っても、全くその手の症状を感じない。

白砂糖、アルコール、脂肪などのカロリーは、「Empty Calorie(空のカロリー)」と言われてて。カロリーはあるけど栄養はない食品、ということだ。
そういうものが体内に入ると、カロリーが入ったよ~、と思ったのに、肝心の栄養が入ってこないから、「入ってこないよ! もっと食べて!」と内分泌腺が要求しちゃうんだって。

それに比べて果物は、水分や食物繊維、消化酵素を豊富に含んでいるので、血液にゆっくり吸収される上、インシュリンの助けを必要としないので、膵臓を酷使することもなく。
栄養が豊かなので、満腹中枢が早くに刺激され、それ以上食べ過ぎることもない、というのが本による説明。

しかしその為には、守らなくてはいけない、大事な「食べ方」があるんだと。
それは、「空腹の時に食べる、食後のデザートとしては厳禁」、ということなんだそう。

果物は非常に消化が早いので、身体に負担をかけずに、栄養と酵素を効率よく補給してくれるわけなんだけど。
それが、他のもっと消化に時間がかかる食べ物の後に食べると、前の食べ物がつまってるところに果物が停留してしまって、果糖が発酵してしまい、他の食べ物の消化を妨げることになるんだとか。これが、「果物は太る」と言われてきた理由の一つでもあるんだろう。

なので、果物を食べる時には気をつけた。すっぽぬけ頭の私が気をつけた。(えらい)
身体が、お腹がすいたー、と言った時に食べるようにした。他の食べ物を食べた後なら、数時間おいてから食べるようにした。

そしたら、ほんとに少しで満足しちゃう。りんご一切れでその場は満足、というお手軽さ。
おかげで、魅惑のお菓子に手を出さずにすんだんだ。

しかし、その分またまた敏感になったのか、ある程度の量のお菓子を食べると、前以上に「もっともっと食べたーい!」が止まらなくなっちゃった……
ということで、お菓子を口にする時は気をつけねばなりません、とは自戒の言葉。


4. 美味な生

もう一つ敏感になったのが、生の野菜の美味しさに対して。
ジュースなどを始めてから、しばらく経った頃。
まな板の上で大根を刻んでて、ふと一切れ食べたくなって。そのままぱくっ、と口に入れたら、その甘さと瑞々しさに驚いたのなんのって。

以来、いろんな野菜を生のまま口にしてみたけど、どれもこれも、前以上に美味しく感じられてたまらない。
特に気に入ったのが、生のビーツ。美味しいけど、数十分間も茹でたり焼いたりと手間がかかる野菜、と思っていたのに、生で食べたら、加熱した時とはまた違った、しゃきしゃきと水分豊かな味わいで。
マクロビを始めて、蒸した野菜の美味しさなどに、うっとりするようになったけど。生で食べるのは、また違った鮮烈な。

自身の中で、改めて野菜のすごさを認識するに至ったのでありました。


5. お通じ

尾篭な話ですみません。
ローやナチュハイをやられている方々からは、「お通じは最低1日2回、多いと4回」と聞いていたのだけど。
残念ながら、これに関しては全く変化なし。以前通り、1日1回のままでした。(悔)

まあ私の場合、昼と夜に食べる量が少ない、というのもあるのかなあ。
この前も、おやつの時間にみかんを1個食べたら、お腹が満たされちゃって、結局夕飯は食べなかったし。

外に排出する、ということは、それだけ体内のデトックスができることなので、本当は回数が増えてほしい、なんて思ってしまうんだけど。あ、お出かけ中は遠慮したいですが。


6. 体型の変化

ロー&ナチュハイ生活は、私の場合、マクロビより痩せるのが早かった。お通じの回数は増えなかったけどね。(ひつこい)

その痩せ方がちょっと面白くて。
私がやってるエクササイズは、ウォーキングを2回+ストレッチと筋肉運動は毎日やってて、更に週2~3回のジム通い。
これはずっと変わってないのだけど、マクロビオンリー生活の時と、ここ最近とは、体型の変化が違うんだよ。

以前は、身体に少しずつ”筋”が出てきて、ああ、筋肉がつきながら痩せていってるなー、という感じだったのだけど。
ここ最近は、その”筋”が出ないまま、すとん、すとん、とそのまま削るように落ちていっている。
でもって、その落ちるスピードは、ロー生活の方が早い。特に体脂肪の落ち方が早いんだ。
デトックス効果が高いのだなあ、と身体を通して知りました。

運動選手やダンサーみたいな、筋張った身体に憧れる私は、「筋がほしい……」と、ちょっとじと目になっているのだけど。
このままローと運動を合わせて続けていったら、そんな身体になれるのかな。
ちなみに、世界のアスリートの間では、少しずつローフードの波が広がっている模様です。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんな感じかなー。なんか抜かしてる気もするけど、まあいっか。(殴)

ところで、マクロビオティックとの両立は? と、先日ある友達に聞かれたんだけど。
確かに最初に書いた通り、マクロビではあまり薦めない生野菜や果物を常食する、ということは、どこか罪悪感もあるもので。

つらつらといろんなブログやサイトを周らせていただいたところ、マクロビは合わなくて、ローフードにしたらとても良かった、という方も結構いらっしゃる。
人の身体は皆違うものだし、マクロビなりローフードなりに出会えてハッピーになれたら、それが何より、と思う。

じゃあ、私はどう考える?ということについては、
もうここまででむちゃくちゃ長くなっちゃったんで(……)、また日を改めて、ということで。
[PR]
by senrufan | 2008-12-11 13:13 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10027738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ありす at 2008-12-13 15:49 x
とっても興味深い記事をありがとうございました!私もCafe Gratitudeなどでロー体験後、おもしろいなーっと思っていたものの、無類の温かい物好きなので、躊躇していますが、痩せられるとなると興味津々です!

私の場合、菜食になってから、以前に比べるとすごい甘党気味になっているので、ちょっと注意している所です。クレービィングのお話はとても参考になりました!
Commented by mame-honey at 2008-12-13 16:40 x
私、、炭水化物が大好きなんですよ。お肉やお魚と炭水化物、どれかをやめろと言われたら肉類、魚類だなって思うくらいです。
でも確かに、炭水化物ってちょっと食べるともっと、もっと!って思うんですよね。そして食べた後食べ過ぎに気がついてお腹が重くなります。最近、私も朝は果物だけにしているのですがそうすると体が軽いです。Miyukiさんのように運動をしていないのでもっと食べる量とか少なくて良いかなって思う今日この頃です。
ローフード体験、とても参考になります。来週くらいから1週間くらい私もちょっと試してみようかなって思います。
Commented by nikkeilife at 2008-12-13 16:52
詳しい体験記事ありがとうございます。人それぞれだけど、Miyukiさんの体験参考にさせて頂こうと思います。

最近「もっともっと」症状が酷くなった気がしていたんですがやはりここ数週間の暴飲暴食が原因でしたね。私も朝ご飯しっかり派なのですがマクロビ的な玄米とお味噌汁の朝ご飯食べたら10時半頃またお腹空いてくるのが気になっていました。生ジュースと果物の朝食、試してみます!
Commented by マミィ at 2008-12-13 17:21 x
短期間でもこれだけ身体は敏感に反応するものなんですね。日頃、食べ物を無意識に口へ運んでいますが、少し考えて食べようと反省。今後のレポートも楽しみだぁ。
Commented by Miyuki at 2008-12-14 11:07 x
*ありすさん
いやいや、ありすさんには、もう痩せるところはないでしょう! しかし運動家向き、だと思います、これ。やっぱり身体が軽いし、エネルギーが上にいく、という感じが。

え、ありすさんもですか!?>甘党 や、実は私も、元々甘党ではあったのですけど、ここまでクレーヴィングなどを起こしてしまうようになったのは、菜食になってからなんですよ~。知らないうちに、低血糖気味になっていたのかも(涙)
Commented by Miyuki at 2008-12-14 11:11 x
*mame-honeyさん
うんうん、私も肉・魚は簡単にやめられるんですが、炭水化物は断てません~。ふとした拍子に、「もっと」食いスイッチが入っちゃうんですよねえ。
いえいえ、mameさんは私のようなゴクツブシと違って、お仕事されてるわけですから、予想以上にエネルギーを使われてるはずではないかと。朝、しゃっきりと仕事ができる食事量、昼は午後に眠くならない食事量、と色々と試してみたいですね。
Commented by Miyuki at 2008-12-14 11:18 x
*アヤコさん
いえいえ、私などのではアブナイので(真剣)、どうぞローフードやナチュハイの本を読んでみてください! 色々と食べ合わせのルールがあるので、それを知ってた方が良いと思うです~。

そう、食べれば食べるほど、身体はどんどん要求するようになりますね~(涙) そういう意味では、大変危険なホリディシーズン、ですな。前夜に沢山食べた翌朝は、それこそ果物だけ、とかにした方がいいんでしょうねえ。
Commented by Miyuki at 2008-12-14 11:20 x
*マミィさん
普段少ししか食べてなかった果物類ですから、余計に反応が大きかったのかもしれませんねー。ほんと、人間の身体って、柔軟なものですなあ。あ、姉さまの場合は、フィさん製ご飯は何も考えずに口に入れていいんですよ!
Commented by ayumin_moo at 2008-12-15 15:10
ローフードって食べ物が冷たいから体が冷えるんじゃないかなぁと、単細胞頭で考えていましたが、そうではなかったのですね。常温のものを使えば冷たくない、当たり前のことに気付きませんでした。私も毎朝野菜と果物(とパンorパンケーキ)を食べているので、常温に戻すようにしてみようと思います。そして、果物を先に食べるようにしようと思います。私の大食い食生活において意味があるかわかりませんが。。。
しなやかに痩せる、なんとうらやましいことでしょう!ユタ合宿で4キロ痩せたのに、ほぼ戻ってしまった私。来年になったら、しばらくベジタリアン生活でもしてみようかと思っています。(オット同意済み)いや、今年はまだパーティーの予定がありますから。。。
Commented by Miyuki at 2008-12-16 14:16 x
*ayuminさん
もちろん、その人の体質によるので、一概には言えませんが、この冷え性の私が大丈夫だったので、私も驚きました~。またこの後書きたいと思ってるのですが(まだ書くのか)、砂糖やアルコールなどの冷えとは、根本的に違うんですよねえ。生きた食べ物なんだなあ、と実感します。
や、しなやかかどうかは!(汗) でもなんと、あれで4kg痩せられたんですか! そうですよねえ、すんごい強行軍でしたものねえ。(しみじみ) しかも、体脂肪はそれ以上に減ってたのでわ。ベジタリアン生活、よろしければ始めてみて~。旦那様ご賛同済みだなんて、すばらしいことですよ! 仲間になって、なってvv


<< その源は一つだけ 差し出したいのは感謝の思い >>