差し出したいのは感謝の思い

障害者の日、漱石忌
平治の乱(1159年)
徳川慶喜が将軍辞職し、王政復古の大号令(1867年)
GHQが日本の農地改革を指令(1945年)


b0059565_11311628.jpg

地元ダウンタウンに、UNICEFのショップがあります。
普段は、子供へのギフトを買いたい時などにのぞくのですが、12月には必ず1回訪問しては、翌年のカレンダーやカードを買うようにしています。

店内には、インターナショナルな色彩の手工芸品、本、アクセサリーなどが置いてありまして。
この季節だと、オーナメント類がテーブルを一つ占めています。

別に、「寄付しなきゃ!」と肩肘を張りたいわけではなく。
こちらが欲しいものがあって、更にささやかな貢献もできる、という特典が付いてくると思えば、それだけでほんわりと温かくなれるので。

ギフトや寄付、ボランティア、というものは。
贈られる方は勿論のこと、贈る側も受けとれる何かがあるのだ、ということを。
何度も繰り返し思わせてくれるホリディシーズンは、一年でも大好きな時期なのです。

* * * * *

【雑事】

そんな、「贈る喜び」を貴女にも。
カリフォルニアはベイエリアで、一人でも多くの人にクリスマスを楽しんでもらう為、寄付やボランティアを募集しているところを、以下に列挙させていただきます。
興味のある方は、貼ってあるリンクからご訪問のほど。

って、リンクが間違ってたらどうしよう。(真っ青)(可能性高すぎ)




[食料、他]

FOOD BANKS

Second Harvest Food Bank

St. Anthony Foundation

Project Open Hand

City Impact

Salvation Army

Samaritan House

Sacred Heart Community Services


[おもちゃ]

City of Dreams

St. Vincent de Paul Society

The Family Giving Tree


[ギフトを買って、収益から寄付を]

Under One Roof

worldfgood.com

Global Exchange


その他、通常のショップでも、この時期限定で、「特定商品を買うと売上を寄付」という形をとっているところもあります。
去年はAppleで、Red iPod Nanoの売上が、AIDS撲滅運動に寄付されていたように記憶しておりますが、今年はどこでやってるかな。


ギフトを選ぶ時、贈る相手のことを思い浮かべると。
共通の思い出が、あれやこれやと浮かんできて、思わぬ笑みに顔がほころびます。

それがたとえ、知らない相手であっても。不特定多数の誰かであっても。
受けとった時に、その顔に喜びが浮かんでくれるなら。
それはもう、想像するしかないけれど。


雪の似合う季節だからこそ、一つでも多くの温かさを、ここに増やしていけたらいい。
そんな風に願うのです。
[PR]
by senrufan | 2008-12-09 11:30 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/10017149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayumin_moo at 2008-12-12 14:22
こんなにたくさんの団体が活動しているのですね。聞いたことの無い名前ばかりで参考になります。身に着けるもの、口にするものなど、必要なものを買う上で少しでも何かの役に立てたら嬉しいですよね。
私はPlanという団体で子供を支援しているので、ホリデーギフトとしてソーイングセットを贈りました。(ギフトを選べるようになっています)あと、同じ団体にワクチン2人分の寄付金をば。はした金なので自己満足にしかなりませんがね。でもって、確定申告のときにしっかり申告しますがね。(苦笑)
Commented by Miyuki at 2008-12-13 00:10 x
*ayuminさん
きっと身近なところでも、もっともっとあるんでしょうね。ほんとに、何かぷらすができればいいなあ、と思って、集めてみました。
ソーイングセットとはナイスチョイス! きっと彼女、喜んでくれますよ~vv ボランティアや寄付って、なんというか、自分が役に立ってるのかもしれない、という喜びと励ましをもらえるから、続けられるんだと思うのです。聖人とは程遠い私など、全く利己的な動機ばかり。自己満足に過ぎないのかもしれないですが、それでももしかして、と思ったら、やっぱり嬉しいんですよねえ。


<< ミクロの単位の諸行無常 視点と立場の差はあれど >>