見せたい顔と見えた顔 (その1)

「満足の泉はその人の心に湧き出るものでなければならない。
自分自身の人格以外のものを変えることで幸福を求める愚かな人は、
実を結ばない労力に人生を浪費し、避けようとしている悲しみを倍増させるに違いない」
   ----- サミュエル・ジョンソン
       (イギリス人、詩人・批評家、1709年9月18生まれ)


IMG_8866

お嬢、イギリスに発ちました。
5月初頭にこちらに帰ってきてから、約4ヶ月半のニート生活(本人言)を終え、
全くの新天地での大学院生活の始まりです。

高校卒業後、こんなに長く一緒にいたのは初めてだったので、Empty nest syndrome 再びか!? と警戒していたのですが。
さすがにもう慣れたというか、悲しいのは悲しいものの、心の中の一度割り切った部分は消えてなかったようで、それなりに日常に戻りましたです。

彼女がいる間、いろんな、本当に色々な話をして。
改めて思ったのは、彼女は今のところ、自分のアイデンティティについての問題が消えない環境にずっと居続けているのだなあ、ということですね。
アメリカにいる間は、母国を知らないことにずっと葛藤を抱えてて、
いざ母国に行ってみれば、今度は帰国子女という目で見られ続け、
イギリスに到着して、まだ2~3日しか経ってないのに、今度は完全に日本人という側面だけで見られることに、違和感を覚えている様子。

自意識過剰なのかもしれないけれど、相手にとっては無意識でも、自分には刺さることがある。
自分も人に対して、そういうことをしてしまっているかもしれないから、気をつけなきゃ、という戒めでもある。
10代前半の頃のような、泣きたいほどの遣り切れなさはもうないけれど、
自分は今までの経験が形作った、自分という人間でしかないのだ、という気持ちを、
いつになったらカケラも揺らがずに持てるようになるか、というのは、
彼女のまだまだ続く課題であるようです。


見送りの際、空港のフードコートでしばらくうだうだした後、セキュリティーゲート前でお別れ、というのが定番。
そしてこの時だけ、ほんとに、このわずかな時間だけが、
彼女が唯一、「実家にずっといたい」と涙をこらえて言う時でもあるのです。

父ちゃん母ちゃんといたいということではなく、や、それも勿論あるのでしょうけれど。(希望的観測)
意地っ張りで、誰からもしっかり者と思われがちなお嬢が、一番力を抜いて、弱いところも平気で見せられる場所なのかな、と勝手に思っておりまして。
なのでお嬢が、離れたくない、と言うたび、たまらなくかわいそうになると同時に、
まだ娘にそう思ってもらえる場所であったことに、良かった、と思う気持ちが、ほんのわずかですが混じります。

辛かったら、いつでも帰ってきていいんだよ。
言葉で、態度で、そう伝えることが、決して甘やかしになるとは思いません。
まあ彼女が、それに甘えて、簡単に投げ出す子ではない、という信頼もありますが。

私は、彼女の勉強を助けることも導くこともできませんし、将来の仕事にしたって、私の頃とは時代が違うので、ヘタな口出しは邪魔にしかなりません。
ですのでせめて、彼女が休める場所、弱音を吐き出せる場所になりたいなあ、とだけ思うので。
KYどころか、AKY(あえて空気読まない)の最たるものであるワタシが、
彼女にだけは、乏しいアンテナを立てていかなきゃいかん、と思う次第でございます。


それにしても。
空港で涙の別れの後、雑用を済ませて家に帰ったところ、
すでに離陸時間であるのにサイトでの「1時間5分の遅れ」という表示と、
そのすぐ後のお嬢からの、「1時間の遅延☆」というLINEメッセージ。

哀愁に満ちたあのシーンを全て台無しにしてくれるのが、まっこと安定のUnitedクオリティでございました。

* * * * *

【旅行】

IMG_8497

さて、記憶が薄れないうちに、お嬢と行った、オレゴン州のポートランド旅行について記録しておかねば。
もっと記憶が薄れているコーヒーの淹れ方講座とかあのレストランとかには、目をつぶり。

と言っても、ぶっちゃけ、それほど書くことがないのでございますよ。
つーのは、お目当ての一つだったエリアが、山火事で行けなくなってしまったので。(しくしく)

2泊3日で、初日と最終日は市内をうろうろ、
中日はColumbia Riverに沿って、のんびりドライブしつつ、あちこち散策、
という予定を組んでいたのですが、その目的地だったColumbia River Gorgeで山火事が発生した為、当然のように道路はシャットダウン。
どころか、それなりに距離のあるポートランドのダウンタウンエリアにまで灰が降り、
煙混じりの空気を少しでも避けるべく、防塵マスクをしていた人も結構見かけましたです。

かなりの数の住民が避難を余儀なくされたこと、本当にお気の毒でなりません。
私達が訪れた時から2週間が経過して、今ようやく恵みの雨の助けが得られたようですが、完全収束にはまだ時間がかかる様子です。



続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2017-09-18 12:56 | Trackback | Comments(0)

あちらの国の流儀では

「他人の罪は目の前にあるが、自分の罪は背後にある」
   ----- レフ・トルストイ
       (ロシア人、作家、1828年9月9生まれ)



ひー、サボってました。(見りゃわかる)
お嬢と一緒に、また2泊3日の旅に出ていたもんで。

旅行話は追って記録するとして(予定)、旅行中に誕生日を迎えたお嬢の為に、
パティシエのお友達@台湾系アメリカ人が、お嬢の好きなアニメに出てくるメニューを再現したものを持ってきてくれたのですよ。



私は見てないんですが、かのフィギュアスケートの世界チャンピオン、エフゲニア・メドベージェワちゃんも大好きだというアニメ、「ユーリ!!! on ICE」
主人公のユーリのおじいちゃんがピロシキ作りの名人なのですが、日本のカツ丼が大好きだというユーリにショックを受けて、ある日開発(!?)したメニューが、カツ丼ピロシキだそうで。
しかも、ピロシキの中にカツを入れただけじゃないんですよ。
ちゃんとご飯もキャベツも入ってるんですよ!


IMG_8658

もーー、お嬢は大爆笑の大拍手。
むっちゃくちゃ嬉しいプレゼントだったそうですぞ。
しかもこれ、すんごく美味しいんですよ。
あああ、また食べたい、もう一個食べたい。
でも自分では作れない……!


* * * * *

【レストラン】

     IMG_8171

ロシア繋がりで、というわけでもないんだが、家族で行ったロシアレストランの記録でも。
2015年にチェコに旅行して以来、すっかりピルスナービールのファンになった旦那とお嬢、前から好きだったけど、更に東欧・中欧料理が好きになった私が一緒になって、んじゃロシアやチェコ料理のお店を探すかね、とな。

検索したら、あら、意外と近くに一軒あったじゃない。
ということで、週末の夜にこそこそっ、と行ってみたんだよ。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2017-09-09 11:33 | Trackback | Comments(0)

貴方と私の交差点

「あなたを心配させるものが、あなたを支配する」
   ----- ジョン・ロック
       (イギリス人、哲学者、1632年8月29生まれ)


36756166152_834438af54_o


Whole FoodsがAmazonの傘下に置かれることが決定したニュースが発表された時、正直すっごくほっとしたんですよ。
丸ごと食品が前々から買収先を探しているのは耳にしていたのですが、
その候補として挙がっていた企業が、どう見てもコンセプトが違うんじゃね?というところが多く、
お店の方針ががらっと変わりかねないのでは、と心配していたところだったので、
Amazonならとりあえず大丈夫だろう、と安心したんですね。
まあ、私の二大依存先が一緒になることがあろうとは、みたいな感慨もありき。

そして、その正式スタートの第一日目。
15品目が定価を値下げして販売されることになったです。きゃっほーい!

うちは青果はほとんどファーマーズマーケットで買うので、丸ごと食品で買うのはそれ以外の食品なのですが、
それでもオーガニックのアボカドやりんごの値下げは、大変嬉しゅうございます。
特にオーガニックのFujiりんご、$1.99/lbなら、マーケットより安いじゃないですか。

このニュースに対して、今までどんだけぼってたんだよ、という類のレスも見受けられ、
オーガニックムーブメントを含むあれこれへの批判を背後に感じたりするのも、
また興味深いところでございます。なんつってなー。

* * * * *

【家庭内事情】

IMG_8377

さて、お嬢と一緒に2泊3日で、サンディエゴのfrogfreakさん宅に行ってまいりましたです。
お嬢は国際免許は持ってきたものの、高速は未経験なので、運転手は私一人。
460マイル(740km)の道のり、一体何時間かかるかなー、でしたが、
蓋を開けてみれば、往き帰りとも1回ずつのランチ休憩を入れて、7時間半と8時間で終了したので、まあまあだったかな。

これはお嬢のおかげも大きくて、ですね。
助手席でほとんど眠らないまま、ずっと私とおしゃべりしてくれたので、あまり眠気を感じることなく、退屈することもなく、運転を楽しめたのですよ。
親孝行な娘でございます。
まあ、ヤツも自分の命がかかってましたからねー。(身も蓋も)

で、どんなことを話したかって、そりゃもうあれもこれもそれもいやどれだよってなぐらいにとりとめもなかったんですが、
そのうちの一つについて、ちらっとだけメモしておくですよ。
つーでも、絶対うまくまとめられない話題なんですけどね。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2017-08-29 16:17 | Trackback | Comments(4)

影も形も捨て難し

「財産ではなく資質こそが、人の階級を決定する」
   ----- ベンジャミン・ハリソン
       (アメリカ人、政治家・第23代米国大統領、1833年8月20生まれ)


     S__3588134

アメリカを横断すると話題だった日食、ベイエリアでも大いに盛り上がった模様。
SNSにアップされた数々の写真、どれもすごく良くて、いっぱいLikeをつけてしまったです。
シェアしてくれてありがとう!


お友達の旦那様は、オレゴンまで出かけられると聞きましたが、無事に当地で鑑賞されたのでしょうか。
TVなどに映る鑑賞会やツアー、誰もがすごくわくわくした表情で、同じ方向を向いて、あのメガネをかけている様子が、とっても微笑ましかったです。


     IMG_8316

さて、私の方も、お嬢と一緒に外に出て、影を楽しんできたですよ。
穴のあるものを通してとか、木漏れ日とかが、日食の形になるのが面白いんですよね。


IMG_8317

あまり上手く写せなかったのですけど、日食が始まった頃の、とある場所の写真。


IMG_8319

それが、日食のピークを過ぎた頃、三日月のような形の向きが変わったんですよ。
うー、同じ場所にカメラを据えておけば良かった。

そういう反省点を生かせるのは、ええと、アメリカでは2024年?
西海岸ではないので、望み薄かなー。もう生きてないわー。

ちなみに日食関係で、今日一番笑ったTweetは↓です。



短いですが、ここまでで。
明日から2泊3日の小旅行に行って、大好きなお友達に会ってきます。
観光とか全然なしで、ひたすらおしゃべりしまくってくる予定。(ひゃっほーい!)(酒持参)



[PR]
# by senrufan | 2017-08-20 13:52 | Trackback | Comments(0)

その味わいはほろ苦く

「人間は自分たちの話になると、まるで自分たちには小さな欠点だけしかないように語る」
   ----- ジャン・ド・ラ・ブリュイエール
       (フランス人、作家、1645年8月16生まれ)


IMG_8163

お嬢がイギリスの大学院に進学するにあたり、その前に色々手続きがありまして。
領事館やVISAセンター行きで、サンフランシスコに3週続けて行ったです。

せっかく行くんだから、それなりにお遊びもくっつけて。
領事館と近いので、フェリービルディング訪問もしたですよ。

で、Dandelion Chocolateのブースを見たところ、チョコレートとサンプルがずらりと並んでて。
85%以上のチョコが大好物のワタクシ、100%のサンプルを食べてみたところ、これがすっごく美味しくてですね。(あくまで個人の感想です)
今まで買った90%以上のチョコは、やたら酸味が強いのが多かったのですが、これはマイルドでとても良かったです。


IMG_8129

買いたかったのですけど、この大きさで$12か……
と、しょんぼりして、とりあえずラテを買いましたら、添えられてたチョコクッキーが、またさっくりして美味。
これだけ売ってないの?と聞いたのですが、残念ながら非売品でございました。(舌打ち)


IMG_8162

チョコと言えば、やはりフェリービルディング内のMiette Patisserieに売っていた、こちらのチョコレート。
お嬢が、あ、これ、日本のコンビニでも売ってるんだよ! すごく美味しくてお勧めだよ、と言った後にお値段を見て絶句。
日本だと通常値段が600円ぐらいで、たまにセールで198円になるから、その時に買ってたんだけど……
その差はどこからどう来るのか、知りたいものですな。

* * * * *

【レストラン】

img_8071_35697209965_o

冷麺好きなお嬢に、美味しい冷麺が食べたいと言われたのだけど、どこが美味しいのかわからなくってね。
前に好きだったお店は、別のお店に変わっちゃったし、とりえあえず入ってみたお店はイマイチで。

で、お友達に聞いたところ、薦められたのは、サムゲダンと冷麺のお店だと。
わーい、サムゲダン、食べたことないから、ぜひ行きたい。教えてくれてありがとう!
同じモールに、日本から出店のお好み焼き屋さんがあるのに、そちらに行かずに冷麺へ、家族でGO。


続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2017-08-16 15:36 | Trackback | Comments(0)