さえぎるものがない場所で (6)

「普通の人が懐疑家だとか無信仰者だとか自称する時は、たいていの場合、
何事でも最後まで考え抜く気持ちのないことを覆い隠すただのポーズである」
   ----- トマス・スターンズ・エリオット(T.S.エリオット)
       (イギリス人、詩人・劇作家、1888年9月26生まれ)


Loma Fire: Wildfire In Santa Cruz Mountains Grows To 1,500 Acres

昨日は日本に戻るお嬢を空港まで送った後、やっぱりどうしてもこう、ぼけ~~っ……としてまして。
まあ、また1~2ヶ月以内に会えるはずなんですが。

山火事のニュースは途中で入ってきたものの、きちんと場所を確かめず。
そしたらなんと、tamachan宅の近くだということを、お友達からの連絡で知りました。
一体なにやってんだろ自分、と愕然です。

お友達のおかげでtamachanの無事を知り、ほっと一安心でありますが、まだまだ山火事は収まる気配がなく。
このエリアにお住まいの方々は勿論のこと、消防士の皆さんのことを思うと、胸が痛くてたまりません。
この国で消防士は大変尊敬される職業であることを、改めて深く納得する思いです。

山火事は、例えば松が種を飛ばす為であったり、何かの再生の印であるかのように、畏怖の念を抱くこともありますが。
大変ちっぽけな私の場合、それが何らかの命に被害を与えうるものである限り、やはり無事を祈らずにはいられません。
何かの意味がある、と言われても、それは全てが終わった後、様々なものが落ち着いた頃に、ようやく考えられることなのでは、と思うので。

とにかく、これ以上の被害が出ないよう、ひたすら祈るばかりでございます。
ほんと、情けないなあワタシ……

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

IMG_2176

Paw Holeを出て、またまたガッタガタの道を、ジープチェロキー君に揺られて進みます。
今度はCottonwood Coveという、South Coyote Buttesの北東側のポイントに車を停めて、誰もいない、トレッキングルートも目印も何も無いエリアを、さくさくと雪と砂を踏みしめながら進むのです。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-09-26 09:57 | Trackback | Comments(0)

待望の、そして再訪の

「私達みんなタイムマシンを持っていますよね。
過去に戻すのは思い出...そして前に進めるのは夢です」
   ----- ハーバード・ジョージ・ウェルズ(H.G.ウェルズ)
       (イギリス人、作家、1866年9月21生まれ)


お嬢が、ちょっとだけ帰ってきております。
例のアレの手続き兼、大変遅ればせながらの本当の夏休み、なんて感じでね。

7月末からあれやこれやで大忙しだった彼女、
イスラエル・パレスチナ・アテネ行きの後は、専攻合宿などで、怒涛の夏を過ごしていたんですね。
疲れのせいか、体調を崩して発熱したことも2回。
こちらに帰ってきて、ようやく休める! 実家最高! と、溶けたスライムのようになってます。(でろでろ)

と言っても数日しかないので、こちらのお友達に会ったり、買い物に行ったりもしなければ。
9月初旬に22歳になったので、遅ればせながら、そのお祝いもする予定です。


そういえば、このRe-entry Permitの効力ですが、
入国する際のImmigration窓口で、やっぱり色々聞かれるみたいです。
なんで国外に? そして、いつまで? という質問ですね。
当然、係官によって、さらっと通してくれる人もいれば、ねちねちと聞いてくる人もいて。
今回は、ねちねち派の人だったそうですが、
イスラエルの空港で別室に連れて行かれて尋問(え)されたお嬢にとっては、
痛くも痒くもねーわ、ぺっ、だったそうですよ。

* * * * *

【ベーカリー】

     IMG_4809

あの人気ベーカリーの2号店がオープン! 
というニュースをSNSなどで知って、楽しみにしていたんだよね。
だって、1号店より家に近いから。

6月1日にオープンした時は、市長のリボンカットまであったらしい。
市民みんなが楽しみにしていたベーカリー、うん、いいよねえ。

最初はきっと混んでるだろうから、としばらく待って、待って、気づいたら2ヶ月経っちゃった。(おい)
ちょうど大好きなKさんが日本からいらしたので、デートで訪問させてもらったの。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-09-21 14:21 | Trackback | Comments(0)

欲しがる心が満たされて

「国のためというのは悪党の最後の言い逃れである」
   ----- サミュエル・ジョンソン
       (イギリス人、詩人・批評家、1709年9月18生まれ)


「国籍」とは何か?――蓮舫議員をめぐる議論をきっかけに改めて考える

蓮舫さんの二重国籍問題、なんでこんなに、と思うほど、あれやこれやと意見が沸いて出ましたね。
海外に暮らす身として、私自身は取る予定はないにしても、日本も多重国籍を認めればいいのに、とずっと思っておりましたから、
正直なところ、これで日本の皆さんにも、この問題が周知されることを願ったりしていたのでございます。
実際、私が知らなかっただけで、ずっと前からこの件に関して運動している団体もあるんですね。

私個人としては、二重国籍を認めないで、何がすーぱーぐろーばるだよ、と思ってしまうんですけどね……
日本国外に在住している優れた方々が、どれほどいらっしゃることか。
その方々にしたって、その国に住む以上、国籍を取って、その地に住む者として義務を果たしながら権利を受ける方が望ましい場合も、多々おありでしょうに。
また、他国の国籍を持つ方で、日本に居住しながら活動したいと思う優秀な方々を締め出すことにも繋がりかねず。

生まれた時から日本に住み、日本国民としての義務を果たしている蓮舫さんが、これだけの非難を浴びせられ、
米国籍を選んだ南部教授がノーベル賞をとった時は、日本人の快挙として称える。
一部の日本人を自称される方々は、至極都合の良い認定基準をお持ちのようでございます。

ずっと前に聞いた話では、日本の国会議員に多重国籍認定の件でお願いしたところ、
「パンドラの箱を開けることになる」
と言われた、とのことでした。
確かに、蓮舫さんへの罵詈雑言に近い反応を見ていると、危惧されていた通りのことが起こったんだな、と考えずにはいられませんでした。


お嬢がこちらにいた時、何人もから、え、米国民じゃないの!? なんで!? と驚かれ、
日本では国籍は選択制になっていることを説明するたび、そんな国があるのか、と更に驚かれ。
ちなみに今まで会った中で、一番沢山国籍を持っていた方は、ユダヤ系の方でした。
迫害の歴史を考えれば、当然のことと思います。

国籍取得には、義務と権利が発生します。
ですが、その国籍が生まれつきのものであれ、後で取得したものであれ、
他の人を見下したり差別したり非難するといった行為に対する免罪符の要素は、
欠片も含まれるものではないのです。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_5069

Silkdaystabbisocksのオーナーでいらっしゃる和田さんが、クラスやイベントのレンタルスペースとして提供してくださっているHarmony Club
習字やそろばん、ヨガなどの日本人向けの教室が沢山開催されているので、ご存知の方も多いかと思います。

今月から新しく開催されることになったのが、オーガニックPop-upショップ
食や健康への意識が高い方が集まっているベイエリア、プロとして営業されている方は勿論、これと思う品を販売してみたい方が集まって、一般向けに販売会を行ってくださったのですよ。

手打ち蕎麦の蕎麦花さんや、達人のtamachanとYokoさんも出品されるとのことだったので、これは行かずにいられましょうか。
大好きなわくわくさんをお誘いして、いそいそと行ってみたですよ。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-09-18 13:41 | Trackback | Comments(0)

目に鮮やかに、艶やかに

「僕が心から超一流と思う人はどう生きたのか。
みんな、小利口なことなどせず、鈍くさいことをひたむきにやり、バカだといわれた時期があった」
   ----- 西澤潤一
       (日本人、半導体工学者、1926年9月12生まれ)


【Yahoo!基金】2016年台風10号被害緊急支援募金

平成28年台風10号等災害義援金

8月末に発生した台風10号により、北海道や岩手県を中心に、大きな被害がもたらされました。
何か災害があるたび、どこに寄付できる?と探すようになってしまったのは、果たして学びなのかなんなのか。
こんな寄付の機会は、なければないほど良いのですが、ね……

下リンクの赤十字への寄付は、郵便局や銀行口座への振込ですが、Yahoo!の方はクレジットカードでの寄付が可能です。
マッチングはすでに終了だそうですが、寄付の受付は継続中ですので、
やはり寄付先を探していらっしゃった方は、選択肢に加えていただければ幸いです。

被害に遭われた方々が、一日でも早く元の生活に戻られますよう、心からお祈り申し上げます。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_4595

8月のtamachanレストランの記録でーす。ひゅーひゅー(死語)

常連さんと化しているYokoさんと私、8月は、Yokoさんのお友達のMさんもご一緒に。
tamachanレストランに行きたがっている方、何人もいらっしゃるのだよね。
私も毎月、誰か誘うおうかどうしようか迷って、でも気が利かないままに、気がついたら勝手に行ってしまってる。(最低)
こんなとこでごめん、行きたいお友達は、どうか私に言ってやってくだされ……

8月は、洋食メニューの番。
さっぱり爽やか・彩り豊かな、夏向き献立をいただきましたです。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-09-12 09:37 | Trackback | Comments(0)

温故知新の精神で

「私たちには、子供に何を教えるか、子供の見ているところでどのような生活をするか、
ということをよく注意する必要があるのです」
   ----- ジェーン・アダムズ
       (アメリカ人、社会事業家、1860年9月6生まれ)


     IMG_5049

老眼が急速に進んでしまったせいか、夜には目に大変疲れを感じます。
PCに向かってのお仕事もあるので、夜になると、目がひりひりして涙が出ることも度々。
眼科での検査では、幸い異常はないそうなので、老化した目の疲れかと。

で、何かケアできるもの、と思って、あずきのチカラなるものを購入してみたですよ。
アイピローの中に小豆が入ってて、それを電子レンジで温めた後、
目にのせてリラックスさせるという、温アイピローですな。
小豆は我が家に欠かせない食材なれど、こんな使い方ができるとは露知らず。

600Wの電子レンジで30秒、となっているので、その通りにやってみましたら、
どうやらもっと強かったようで、ピローに、熱しすぎると出てくるという、「キケン!」の文字が浮き出てきちゃいましてね。
その文字がほとんど消えるのを待ってから、目にのせてのんびりしてみたですよ。

で、結論から言って、私の疲れ目にはあまり効果はなかったです。
じんわり、と温かいのは嬉しいのですけど、のせる前と疲れ度はあまり変わりませんでした。
悔しいので、もっとやってみる。

問題なのは、その香り。
なんせ小豆に熱を与えるので、非常に香ばしい香りが漂いまくるんですよ。
そらもう、
「大判焼き……タイ焼き……ぜんざい……」
な香りが! しかも夜に!

なにこれ、なんのゴーモンなの。
くそう、明日小豆を炊かずにおれないじゃないかこれ……(ヨダレ)

* * * * *

【レストラン】

IMG_4193

なぜかは知らないけれど、最近周囲に増えているのが、Poké(ポキ)のお店。
ハワイのソウルフード(勝手に)であるところのポキが、なぜ今頃、この辺りでブームになるのかな。

こんな記事があったけど、へえ、ほお、ふうん。
生魚なんてトンデモナイ的な昔のアメリカ食文化からは、ほんとに考えられないことだよねえ。(しみじみ)
つーても、まだまだLAとシリコンバレーぐらい、なんだろうけれど。

ポキのお店について最初に教えてくれたのは、Hit Meさん。
お店で食べることもできるし、TO GOもできるんだって。
んでは、お仕事の合間のランチでご一緒しませんか。
もちろん、ゆみたち先輩も誘ってね。

続きの戯言
[PR]
# by senrufan | 2016-09-06 11:29 | Trackback | Comments(0)